カテゴリー別アーカイブ: お薦め情報!|Recommended Info!

TATE official editing:BMW TATE MODERN Live EXHIBITION “Ten days Six Nights”

テートモダン記録映像
Record film of TATE MODERN

English announcement follows below.————テートモダン 映像記録BMW TATE ライブエキジビション「テンデイズシックスナイト」2017年3月24日 18:00〜2017年3月25日 18:00〜作品『中谷芙二子「霧の彫刻」』(場所:テートモダン内「サウステラス」)霧:中谷芙二子音:坂本龍一光:高谷史郎ダンス:田中泯<The record film by Tate Modern>Tate Modern[national modern museum of U.K. London]BMW TATE LIVE EXHIBITION: TEN DAYS SIX NIGHTS2017, March 24th 18:002017, March 25th 19:00 The fine arts work “fog”: Fujiko Nakayasound: Ryuichi SakamotoLight: Shiro Takatanidance: Min TanakaLocation: Tate modishness “south terrace”Image copyright©Tate Modern#田中泯 #mintanaka

田中泯MinTanakaさんの投稿 2017年10月2日(月)

BMW
TATE MODERN
Live EXHIBITION
“Ten days Six Nights”

2017,March 24th 18:00
2017,March 25th 19:00 

fog :Fujiko Nakaya
sound: Ryuichi Nakamoto
Light: Shiro Takatani
dance: Min Tanaka

Location: Tate modishness “south terrace”

ビーエムダブリュー
テートモダン
ライブエキジビション
「Ten days Six Nights」

2017年3月24日 18:00
2017年3月25日 19:00

霧:中谷芙二子
音:坂本龍一
光:高谷史郎
ダンス:田中泯

10/7「アーティストラン・スペース空」オープニングイベント

Please wait for a while for English version of this post.

☆アーティストラン・スペース空☆ 
★☆★オープニングイベント★☆★

2018年10月7日(日) 開演16:00頃
(雨天決行/開場は1時間前)

田中泯(オドリ)+高山登(造形)

会場「アーティストラン・スペース空」
岩手県一関市滝沢字小林60-113

ダンスも人生も私には、わかっているわけではないのだが、私は踊ることで言葉を奪い返した。踊ることで、世の中が、制度が、見えてきた。踊ることで、人にあこがれた。踊ることで、もっと生きたいと思った。私自身を「例題」としてあらゆる瞬間、場所にダンスを見届けようとする試みが私、田中泯というヒトの職業なのかもしれません。田中泯





出演:田中泯
造形:高山登
音:村上史郎
撮影:石原淋

<料金>
前売り2500円(9/25までのお申し込み)
当日3000円

————–

<チケット入手方法>
①電話連絡:0191-34-6363
②メール連絡:you-oo-ph@leaf.ocn.ne.jp
(メールでのお申し込みの際は必ず以下をご記入ください。)
※チケット枚数/郵便番号、住所、お名前(ふりがな)お電話番号

お振込:一関信用金庫 川崎支店 普)0180454
口座名義 一般社団法人アーティストランスペース空
振込時のカタカナ表記 イッパンシヤダンホウジンアーテイストランスペースソラ

入金確認

お客様へのチケットのご郵送
————–
Google map
<電車でのアクセス>
JR 真滝駅 〜 一関市立滝沢小学校 〜 アーティストランスペース空
※一関市立滝沢小学からは、経路案内が表示されております。

<車でのアクセス>
一関IC 〜 一関市立滝沢小学校のグラウンドに駐車 〜 アーティストランスペース空
※一関市立滝沢小学からは、経路案内が表示されております。

主催 一般社団法人ARTIST RUN SPACE 空
後援:一関市、一関信用金庫、(株)ユー・エス、(株)ユー・エスいわて、(株)ユー・エスみやぎ、(株)サン・コーポレーション
協力 Madada Inc.




☆ ARTIST RUN SPACE SORA☆
★☆★Opening Event★☆★

Sunday, October 7, 2018, starting around 16:00
(Rain or Shine/ Doors open 1 hour before)
Min Tanaka (dance) + Noboru Takayama (artwork)
Venue: ARTIST RUN SPACE SORA
60-113 Takizawa Kobayashi, Ichinoseki-city, Iwate

Not that I know what dance is nor the life is, but I took back my language by dancing. By dancing, I came to see society and institution more clearly. By dancing, I came to admire others. By dancing, I came to want to live more. It may be a profession of a human being called Min Tanaka myself to attempt to witness dance in every moment and place, citing myself as an example. —Min Tanaka

Dance: Min Tanaka
Artwork: Noboru Takayama
Sound: Shiro Murakami
Documentation: Rin Ishihara

Advance Ticket: 2,500 yen (available by Sep. 25)
Ticket on the day: 3,000 yen

————–

Send email to rskd(@)min-tanaka.com. We will reply with further information on ticket purchase. *please erase the prentices before and after “@” for the correct address.
Please note:
The performance will take place at the huge outdoor plaza, where an artwork by Noboru Takayama is installed. The event is rain or shine. Please bring your own rain ware if needed.

————–
※Sign board for the direction to the venue available at Ichinoseki Takizawa Elementary School


By Train:
JR Mataki Sta. –> Ichinoseki Takizwa Elementary School –>ARTIST RUN SPACE SORA
https://www.google.com/maps/dir/Mataki+Station/Ichinoseki+Shiritsu+Takizawa+Elementary+School,+Terashita-46+Takizawa,+Ichinoseki,+Iwate+Prefecture+029-0132/Kobayashi-60-113+Takizawa,+Ichinoseki-shi,+Iwate-ken+029-0132/@38.9072897,141.1779167,16z/data=!3m1!4b1!4m20!4m19!1m5!1m1!1s0x5f88db1bf24f0fcb:0x2c2c79e1458edd3!2m2!1d141.177918!2d38.9083!1m5!1m1!1s0x5f88db1743d14bd7:0xde9b849371b7c01a!2m2!1d141.1850922!2d38.906233!1m5!1m1!1s0x5f88db187432f0c7:0x7bfd619a43226e79!2m2!1d141.186893!2d38.9092397!3e2

By Car:
Ichinoseki IC –> Ichinoseki Takizwa Elementary School (Parking Available) –> ARTIST RUN SPACE SORA
https://www.google.com/maps/dir/Chisun+Inn+Iwate+Ichinoseki+IC,+Tsukimachi-188-2+Akoogi,+Ichinoseki,+Iwate+Prefecture+021-0041/Ichinoseki+Shiritsu+Takizawa+Elementary+School,+Terashita-46+Takizawa,+Ichinoseki,+Iwate+Prefecture+029-0132/Kobayashi-60-113+Takizawa,+Ichinoseki-shi,+Iwate-ken+029-0132/@38.9226038,141.1117852,13z/data=!3m1!4b1!4m20!4m19!1m5!1m1!1s0x5f88d06050814783:0xeb284789136860b5!2m2!1d141.1057866!2d38.9393959!1m5!1m1!1s0x5f88db1743d14bd7:0xde9b849371b7c01a!2m2!1d141.1850922!2d38.906233!1m5!1m1!1s0x5f88db187432f0c7:0x7bfd619a43226e79!2m2!1d141.186893!2d38.9092397!3e0

————–
Presented by ARTIST RUN SPACE SORA
Supported by Ichinoseki City, Ichinoseki Shin-yo Kinko, U-S Inc., U-S Iwate Inc., U-S Miyagi Inc., San Cooperation Inc.
Special Thanks to Madada Inc.

2018年11月3日 樂土舎 田中泯ソロ 公演!

樂土の森ダンスウィーク2018  
2018年11月3日(土)文化の日    

田中泯 場踊り「自然する」
MIN TANAKA solo dance ”I Nature”

音:石原淋 
衣装:山口源兵衛  
 
開場16:00 開演17:00  





TICKET(前売券のみ) 
一般 3,500円   
大学生以下 2,500円 
*雨天決行
*本公演は会場の都合により限定100名様となります。(申し込み先着順)
*会場の都合により、公演開始後の途中入場は固くお断りします。
*「地下の舞台」での公演のため、芝生の上に座る格好になります。
  席にはシート、座布団など各自ご用意ください。
  雨天時には他者の視界を遮らない配慮として雨合羽をご持参下さい。
*受付にて学生証の提示をお願いする場合がございます。

<チケットの入手方法>
あらかじめ残席チケットの有無をメール(info@rakudosha.com)にてご確認ください。

その後、御名前、ご住所、携帯電話、mail address、チケットの種類、枚数を明記してご送金ください。

入金確認後、チケットを送付いたします。

郵便振替 00810-3-80219 樂土舎
 
電話・メール予約:過去に樂土舎の公演に来場されたことがあり、連絡先登録のある方は、電話・メール予約ができます。この場合も残席を確認のうえ、できる限り郵便振替にて代金をお支払い下さい。(予約後、ご来場いただけなかった場合はチケット代金がキャンセル料として発生します) 

『交流会』19:00~20:30 500円(事前申し込み制・40名様限定)
参加を希望される方は、チケット購入とは別にEメール、電話にてご連絡下さい。
参加費は当日会場受付にてお支払いいただきます。

主催:樂土の森ダンスウィーク2018実行委員会
協力:Madada Inc. 袋井清掃株式会社(駐車場)鳥井事務所 PLANplus
助成:チヨタ遠越準一文化振興基金

<問い合わせ>   
樂土舎・樂土の森アートプロジェクト  
〒437-0032 静岡県袋井市豊沢227-2-2
Web site www.rakudosha.com
info@rakudosha.com
090-7959-1617 (マツダ)




Rakudo no Mori Dance Week 2018
Cultural Day, Saturday, November 3, 2018
Min Tanaka Solo Dance “I Nature”

Sound: Rin Ishihara
Costume: Gembay Yamaguchi

Doors Open at 16:00, Performance Starts at 17:00
Tickets (Advanced Purchase Only): 3,500 yen (2,500 yen for students up to university)


The performance is Rain or Shine event. Due to the setting of the venue, we allow 100 audience only. (In the order of the ticket applications received) Due to the setting of the venue, we will not allow late seating under any circumstance, once the curtain goes up. Please prepare your own cushions, a picnic blanket, etc. to sit on, as the performance will take place at the Chika no Butai (the Underground Stage) and the audience area is grass-covered ground. In case of rain we highly recommend you to bring your rain coat so that you would not destruct the other audience’s views. We may ask you to present your student ID at the reception.


Please ask us first via email (info@rakudosha.com) for the availability.

When tickets are available, please send us the total amount of your tickets using postal transfer, including your name, address, cellphone number, email address, and the number and type of ticket you would like to purchase.
Yubin Furikae (Postal Transfer) 00810-3-80219 Rakudosha

We will send you the tickets after confirming your payment.

Making Reservation by phone or email: You can make your reservation by phone or email if you have visited us before and registered your contact information. Please confirm the availability with us first, and send us your payment via postal transfer. (The ticket price will be charged as a cancellation fee if no-show occurs after making reservation.)

<>
19:00 – 20:30
500 yen (Advanced Reservation Required. Limited 40 People)
If you wish to join the gathering, please contact us via email or by phone, separately from your ticket purchase. The attendance fee will be collected at the reception on the day of event.

Presented by Rakudo no Mori Dance Week 2018 Committee
Thanks to Madada Inc., FUKUROI CKEAN SERVICE (for Parking Space), Torii Jimusho (Office Torii), and PLANplus
Supported by CHIYOTA Tokoe Junichi Foundation


Rakudosha Rakudo no Mori Art Project
Toyosawa 227-2-2 Fukuroi City, Shizuoka 437-0032
Website: www.rakudosha.com
Email: info@rakudosha.com
Phone: 090-7959-1617 (Attn: Matsuda)
 

11/10、11/11水戸芸術館「霧の抵抗 中谷芙二子」ー田中泯 オドリ

English announcement follows below.

水戸芸術館
2018年10月27日[土]~ 2019年1月20日[日]
霧の抵抗 中谷芙二子

※中谷芙二子さんの「霧の抵抗」展覧会で田中泯踊らせていただきます!

<↓水戸芸術館オフィシャルインフォメーション↓>

霧の彫刻 × 場踊り 大気と身体のオドリ
2018年11月10日[土]~ 2018年11月11日[日]

中谷芙二子の霧の彫刻と田中泯の場踊りは、これまでも2004年の山梨県白州、2008年の横浜トリエンナーレ、2017年にはロンドンとオスロで共演してきました。大気を鋳型に変化する霧と肉体の機微を遺憾なく発揮する田中泯、二つの舞が水戸芸術館の広場で交差します。

★会場 水戸芸術館広場
★日時 11月10日(土)、11日(日) 各日14:30開演
★出演 田中泯(ダンサー)、石原淋(音)
★料金 無料
※開演時間までに広場にお集まりください。
※公演中、田中泯ドキュメンタリー映画「名付けようのない踊り(仮)」(監督:犬童一心)により本イベントの撮影が行われるため、ご来場の皆様は映像に映る可能性がございます。撮影された映像が今後、弊館広報活動や同映画等で公開される可能性がある旨、予めご了承の上ご参加ください。

水戸芸術館オフィシャルウェブサイトー展覧会中の田中泯の踊りに関してのご案内
水戸芸術館オフィシャルウェブサイトー展覧会の全体のご案内

==========================

Immediate Release! Art Tower Mito!
Resistance of Fog Fujiko Nakaya
Saturday, October 27, 2018 – Sunday, January 20, 2019
*Min Tanaka will dance at the exhibition!


Fog Sculpture × Locus Focus: The Dance of the Atmosphere and Body
Saturday, November10, 2018 and Sunday, November 11, 2018

Fujiko Nakaya’s fog sculpture and Min Tanaka’s Locus Focus have collaborated a number of times: In 2004 in Hakushu, Yamanashi, in 2008 in Yokohama Triennale, and in 2017 in London and Oslo.
The two ever-changing dances, by the fog that forms in the air as a mold and by Min Tanaka who expresses the subtleness of the body to the full extent, will cross their paths in the plaza of the Art Tower Mori.

★Venue: Art Tower Mori.
★Date & Time: At 14:30 on Saturday, November10, 2018 and Sunday, November 11, 2018
★Performer: Min Tanaka (Dancer)
★Tickets: Free of Charge
*Please arrive at the plaza by the starting time.
*Notice of Filming and Photography: There will be a filming of the documentary film about Min Tanaka, “The Dance That Cannot Be Named (Provisional),” directed by Isshin Inudo, during the event. Please note that by entering the premises, you may be included in the photography, audio recording, video recording or other recording media which may be used for the publicity of the museum and/or the film, as well as in the film.

Information for the dance performance by Min Tanaka(In Japanese)
Information for the exhibition

11月8日(木)ライコー・フェリックス×田中泯 

2018年11月8日(木)

『禁断のヴァイオリニスト × 地を這う前衛』
ライコー・フェリックス(ヴァイオリン)
田中泯(ダンス)





時間:18:30開場 / 19:00開演
チケット申し込みはこちらから
場所:豊洲シビックセンターホール

後援:ハンガリー大使館

共催:江東区文化コミュニティ財団 江東区豊洲文化センター
主催:THE MUSIC PLANT

本公演の日本語オフィシャルサイト






A Forbidden Violinist × An Avant-garde Crawling on the Ground

Thursday, November 8, 2018

“A Forbidden Violinist × An Avant-garde Crawling on the Ground”
Félix Lajkó (violin)
Min Tanaka (dance)

Door Opens at 18:30 / Starts at 19:00
At Toyosu Cultural Center
Address: 2-2-18 Toyosu, Koto-ku, Tokyo, 135-0061

Tickets sold here
(In Japanese Only)
Inquiry: mplant@mplant.com

This concert takes place under the auspices of the Embassy of Hungary in Japan.

Co-produced by Toyosu Cultural Center, the Koto Cultural Community Foundation
Produced by THE MUSIC PLANT

Official website for the performance:
http://www.mplant.com/lajkofelix/

8月24日「ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-」

田中泯がアニメーションの声で出演いたします。
どうぞご期待ください。Madada Inc.





<オフィシャルインフォメーション>
ポノック短編劇場「ちいさな英雄-カニとタマゴと透明人間-」
大冒険ファンタジー、愛と感動の人間ドラマ、スペクタクルアクション!この夏、スタジオポノックが描く“3つの奇跡の物語”――抱きしめたのは、いのち。

2018年8月24日(金)全国ロードショー

「カニーニとカニーノ」 
脚本・監督:米林宏昌 
出演:木村文乃 鈴木梨央
音楽:村松崇継

「サムライエッグ」 
脚本・監督:百瀬義行 
出演:尾野真千子 篠原湊大 坂口健太郎
音楽:島田昌典

「透明人間」
脚本・監督:山下明彦 
出演:オダギリジョー 田中 泯
音楽:中田ヤスタカ

『透明人間』
宮崎駿監督作品の中心を担った天才アニメーター・山下明彦が、見えない男の孤独な闘いをスペクタクルアクションで魅せる『透明人間』。音楽は独自の世界観で奏でる中田ヤスタカ、透明人間はオダギリジョーが演じ、舞踊家として活躍する田中泯も出演。

▼オダギリジョー(透明人間役)
改めて芝居というのは色々な要素で形成されるんだなということを考えさせられました。声優の仕事を通して、俳優の根源を見つめ直すことができ、良い経験になりました。アニメーションで透明人間を描く、ということがまず面白い挑戦だなと思っています。今までにない、未知の経験をこの作品から感じて頂くことが出来たならとても嬉しく思います。

▼田中泯(盲目の男役)
見えてない、あるいは見られていなくでも人は存在できた。が、現代ではこれでは無視されることになる。見える、見られる為に他者が必要なのだろうか?。わからない人では駄目なのだろうか?。誰のカラダの中にも、自分ですら知らない透明人間性というのが本来的にあるのではないのでしょうか。誰だって自分のカラダの中で生きているのだから。

▼中田ヤスタカ(音楽)
西村義明プロデューサー、キャスト決定に寄せて
「カニーニとカニーノ」のカニの演技、「サムライエッグ」の現実の家族、「透明人間」の言葉にならない芝居。今回の3つの物語で要求される演技は、どれを一つ取っても簡単ではありません。短い映画だからこそ、台詞ひとつが作品を大きく決定付けることも起こります。出演者の方々にとって、3人の監督たちにとって、本作は紛れもない挑戦となるでしょう。実力ある映画界、音楽界の方々と、アニメーションの才能が一同に介して、この夏、まったく新しいアニメーション体験を皆さまにお届けできたら嬉しいです。





公式サイト
Facebook公式サイト
Twitter公式サイト

プロデューサー/ 西村 義明 
企画制作/ スタジオポノック
スタジオポノック・日本テレビ・電通 提携作品

9/15、9/16 福島県 二箇所での田中泯ダンス公演のご案内

田中泯(踊り)
ジョン・ラッセル(ギター)
ストーレ・リアヴィーク・ソルベルグ(ドラム)





2018年9月15日[土] 15:30開場 16:00開演
福島県二本松城箕輪門(県立霞ヶ城公園)
前売り¥3,500 当日¥4,000

<場所詳細>
福島県二本松城箕輪門(県立霞ヶ城公園)
〒964-0904 福島県二本松市郭内3丁目232
※JR二本松駅から徒歩20分。車は二本松ICから5分。駐車場あり(300台可)
※注 雨天の場合 男女共生センター研修ホール(箕輪門より徒歩3分。案内あり)

<チケットの購入/発売開始 8/4(土)>
●チケットぴあ http://pia.jp/(Pコード:488-347)
●ローソンチケット http://l-tike.com/(Lコード:21595)
●e+ イープラス http://eplus.jp/ 

<お問合せ>
にほんまつ観光協会
Tel・Fax: 0243-24-5085
E-mail: n_kankokyokai@yahoo.co.jp
主催: 二本松市戊辰150年事業実行委員会/協力: HOTSTUFF PROMOTION/特別協力: 福島民友新聞社

—————————-

2018年9月16日[日] 15:00開演 
いわき市立美術館ロビー
料金無料(予約不要)
※土門拳、木村伊兵衛など日本写真史に大きな足跡を残した19人の写真家「昭和のこども」写真展覧会、開催中。

<場所詳細>
〒970-8026 福島県いわき市平字堂根町4-4
○JR常磐線・磐越東線いわき駅より徒歩12分

<お問合せ>
いわき市立美術館
Tel: 0246-25-1111
後援: ブリティッシュ・カウンシル/制作協力: jazz & NOW

<本公演/企画・制作>
株式会社ビグトリィ 大木雄高
〒155-0032 東京都世田谷区代沢2-20-12
Tel: 03-3419-6261
E-mail: bigtory@mba.ocn.ne.jp
http://bigtory.jp/

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

出演者プロフィール

田中泯 Min Tanaka 踊り
ダンサー。1945年生まれ。1966年クラッシックバレエ、モダンダンスを学んだ後、1974年から独自のダンス、身体表現を追求するようになる。本格的海外デビュー、パリ秋芸術祭『間─日本の時空間』展(ルーブル装飾美術館)1978年』をきっかけにし、ゆるやかで微細な動きで身体の潜在性を掘り起こすパフォーマンスは、ダンスをはるかに越えて、新しい芸術表現として衝撃をもたらした。一方、1985年から今日に至るまで、山村へ移り住み農業を礎とした日常生活をおくることでより深い身体性を追求している。2002年映画『たそがれ清兵衛』(山田洋次監督)初出演により、映像への出演も多く独自の演技力によって異彩を放っている。著書『僕はずっと裸だった』(工作舎)、『意身伝心』(春秋社)、写真集『光合成』MIN by KEIICHI TAHARA(スーパーラボ)。 http://www.min-tanaka.com 
写真© Hayato Araki

ジョン・ラッセル John Russell Guitar
1954年、ロンドン生まれのギタリスト。10代より、リトル・シアター・クラブ、ロニー・スコッツ、ICAなど初期のフリー・インプロヴィザーションの現場に足を踏み入れ、1975年にはデレク・ベイリー、エヴァン・パーカーらのインカス・レコードから1stをリリース。現在までに50作品以上のアルバムを発表している。当時よりロンドンの地下音楽の現場を支えてきた一人であり、1991年より、英国で最もロングランを続けている即興演奏の月例コンサート「Mopomoso」を主宰している。2001年にドイツのサックス奏者シュテファン・コイネを伴い初来日。その後、豊住芳三郎らの招聘により日本ツアーを行い、日本の即興音楽シーンにおいても広くその名が知られている。2016年よりアイルランドのポール・G・スミスと共に新レーベルWeekertoftを始動。 写真© Peter Gannushkin / DOWNTOWNMUSIC.NET

ストーレ・リアヴィーク・ソルベルグ Ståle Liavik Solberg Drums
1979年生まれ。ノルウェーのオスロを拠点に即興演奏に軸足を置く新進気鋭のパーカッショニスト/ドラマー。『Will it f loat?』(J・ラッセル、S・ベレスフォード、J・エドワーズとのカルテット)、ジョン・ブッチャーとのデュオ、アラン・シルヴァ/メテ・ラスムセンとのトリオなどのCDをリリースし、評価を得ている。最新作は、ジョー・マクフィ/パスカル・ニゲンケンペルとの『Imaginary Numbers』。また、オスロにおけるコンサート・シリーズ『Blow Out!』の運営の中心的役割を果たすとともに、同じ名称のフェスティヴァルを同じく北欧のドラマー、ポール・ニルセン-ラヴと共同で企画するなど、オーガナイザーとしても積極的に活動している。昨年秋には、ジョン・ラッセルとの台湾ツアーも行った。 写真© Peter Gannushkin / DOWNTOWNMUSIC.NET





Min Tanaka (dance)
John Russell (guitar)
Ståle Liavik Solberg (drums)

—————————-

Saturday, September 15th, 2018, door opens at 15:30, starts at 16:00
At the Minowa gate in Nihonmatsu Castle in Fukushima
Advance: ¥3,500 and On the day: ¥4,000


Minowa gate in Nihonmatsu Castle in Fukushima Prefecture (Kasumigajō Park)
Kakunai 3-232, Nihonmatsu city, Fukushima 964-0904
*20-minute walk from Nihonmatsu station JR line, or 5-minute drive from Nihonmatsu IC by car. Parking available (300 cars)
*In case of rain, the venue will change to the Training Hall in Fukushima Gender Equality Center (3-minute walk from Minowa gate. We will guide you there.)


●Ticket Pia http://pia.jp/ (P code: 488-347)
●Lawson Tickets http://l-tike.com/ (L code: 21595)
●e+ http://eplus.jp/


Nihonmatsu Tourism Association
Tel/Fax: 0243-24-5085
Email: n_kankokyokai@yahoo.co.jp

The Event is produced by Nihonmatsu City 150th Anniversary of the Boshin War Commemoration Project Committee
Thanks to HOTSTUFF PROMOTION
Special Thanks to The Minyu Shimbun

—————————-

Sunday, September 16th, 2018, starting at 15:00
At Iwaki City Art Museum
Free of Charge (No Reservation Required)

*A photo exhibition “Showa no Kodomo (Kids in Showa era captured in photography)” which features 19 photographers including Ken Domon and Iibei Kimura who made significant contributions to history of Japanese photography will be available.


Taira 4-4, Done machi, Iwaki city, Fukushima, 970-8026
12-minute walk from Iwaki station, JR Joban line or Ban-etsu Higashi line


Iwaki City Art Museum
Tel: 0246-25-1111
Production Assistance Provided by jazz & NOW
The event is under the auspices of The British Council


Yutaka Oki, BIGTORY Inc.
2-20-12 Daizawa Setagaya-ku, Tokyo 155-0032
Tel: 03-3419-6261
Email: bigotry@mba.ocn.ne.jp
http://bigtory.jp/

————-

Short Biographies of Artists

Min Tanaka (Dancer)
Born in Tokyo in 1945. He was trained in classical ballet and American modern dance around 1960s, and in 1974 he started searching for his own dance and physical expression.
In 1978, he made his international debut at the Louvre Museum. His performance —extremely gentle and infinitesimal movement to withdraw the potentiality of a body— impacted on Art world, far beyond the dance scene as a brad-new artistic expression. Starting in 1985, he has been living in a village in mountain side, basing his daily life in farming in order to search for deeper physicality. Since his first appearance in the film “Twilight Samurai” directed by Yoji Yamada in 2002, he has appeared in a numerous number of films with his unique approach to acting and distinct presence. His books include My Bare Body and Conscious Body, Contagious Mind. A Photo Book “Photosynthesis MIN by Keiichi TAHARA” was published from SUPER LABO.
http://www.min-tanaka.com PHOTO© Hayato Araki

John Russell (guitar)
Born in London in 1954. In his teens, he began playing in early days of free improvisation in such places as Little Theater Club, Ronnie Scott’s and ICA. In 1975, he released his first album form Incus Records, known for Derek Bailey and Evan Parker, and he has released more than 50 albums to date. He is one of the most prominent figures who has supported the UK’s underground music, hosting Mopomoso, the longest-running monthly concert in the country for improvisation music. He came to Japan for the first time in 2001 with German saxophonist Stefan Keune, and it was his Japan tour organized by Yoshisaburo Toyozumi that made a name for himself in Japan’s improvisation music scene. In 2016, together with Lreland-based Paul G Smith he established a new record label Weekertoft. PHOTO© Peter Gannushkin / DOWNTOWNMUSIC.NET

Ståle Liavik Solberg (drums)
Born in 1979, he is an up-and-coming percussionist and drummer who plays improvisational performance. Based in Oslo, he has released such notable CDs as Will It Float? with John Russell, Steve Beresford and John Edwards, and a duo with John Butcher, as well as a trio with Alan Silva and Mette Rasmussen. His latest work, Imaginary Numbers, was recorded with Joe McPhee and Pascal Niggenkemper. In addition, he has been a major figure in organizing and managing a music concert series called Blow Out!, which later became a music festival of the same name. The latter event was co-organized by Scandinavia-based drummer Paal Nilssen-Love. In the Fall last year, he has toured in Taiwan with John Russell. Photo© Peter Gannushkin / DOWNTOWNMUSIC.NET

田中泯 ダンスロード in インドネシア / 油谷勝海監督作品 映画「ウミヒコ ヤマヒコ マイヒコ」

田中泯が自身のオドリの呼び名を「場踊り」と称したのはここから始まった。この映画はフランスのポンポデューセンターやチェコのナショナルギャラリーでも上映を行った。事あるごとに上映をさせていただいてきた。この度、能登で上映されることが決定しました!油谷監督と田中泯と舞台挨拶を行わせていただきます!。たくさんのご来場をお待ちしております。Madada Inc.

======================


第4回すず里山里海映画祭 
2018年9月1日(土)
映画「ウミヒコヤマヒコマイヒコ」上映
★油谷勝海監督と主演の田中泯トーク

第1回上映 10:00~ ※上映後トークショー(15分)
第2回上映 13:30~ ※上映前トークショー(15分)
(各30分前開場)









会場:ラポルト珠洲
〒927-1214 
石川県珠洲市飯田町1丁目1-8
TEL:0768-82-8200

チケット(ウェブ)

前売り1,000円 
当日1,500円
※お問合せフォームからのお申し込みで前売り券のご予約という形となります。
※当日、現地でご精算、チケットをお渡しさせて頂きます。

チケット(電話)
水上 090-4327-5936

ー映画紹介文よりー
「たそがれ清兵衛」における存在感で、映画界に衝撃を与えた舞踊家・田中泯。 職業は農民、ダンスは命そのものという彼が、踊りの始原を求めて旅に出た。『立ち尽くすだけ、座っているだけ、道をふらふらするだけ、踊りになるかどうかわからない』そう言いながら道で踊る、水牛と 踊る、大樹と踊る、渓流で踊る、海上で踊る、死者を踊る、離別を踊る・・・。 いつの間にか老若男女が集まってくる。 トラックが止まる。犬やニワトリがくる、そして風も雨も潮騒もくる。 これは、『田中泯の身体』をシナリオとした初めてのダンス・ロード・ムービーである。





シノプシスにかえて
監督:油谷勝海

希望への遡行  
田中泯/MTダンスロードムービーの始まり。

私はMTのいくつかの踊りの中に、身体の極限に近い野生を見た。 身体が放つ彼岸を見た。MTが迷って踊らなかった場所、時を見た。 カタチのみを、身体をキリヌキ写真できれいな風景に置いてもしょうがないと言って、 踊らない理由も知った。

そして踊る理由も見た。

弱いもの、小さいもの、いとおしく、つつましく暮らしているもの、 昆虫、肋骨、草木、小鳥、鳩、ニワトリ、仔ブタ… 弱く、小さなものの持つ喪失感を、確かめ確かめ、時間をかけて身体が愛惜表明する、応援のエールを送る踊り。

強いもの、力を発散しているものにも、その力を測り、試す、畏敬する。 「大樹と力くらべしている」とスンバ島のドライバーが言ったように。 また、激流を遡行する身体のように、その力を限界まで深く深く身に知ろうとする。 力強いものへの尊敬が、彼の身体の千の筋肉と直通電話のように交信するのを見た。

農民として日々の労働を尊敬し、祭りを愛し、芸能の魔力と野生を訪ね歩き、試す。 そして、MTの身体は、日々、内発的な踊りを知性の統御によりあふれ出す。

「踊る」とは身体の希望そのものではないか。

私は、戦争、天災、生死と同列に、身体の希望を置きたい。 それが出発だ。

======================

STAFF
製作:井関惺
撮影:松前次三/リザ・アドリアン/中井正義/油谷勝海
撮影協力:阪本善尚
編集:藤井五木/油谷勝海 
音編集:油谷勝海
音:高橋琢哉 
ナレーション:田中泯
スチール:原田大三郎/油谷勝 
衣装協力:誉田屋源兵衛
インドネシアプロデュース:高城芳秋
制作:青木千波/デザイニングジム
DVDデザイン:池田博範
DVD制作進行:佐藤敦嗣
流通:ホリプロ
監督:油谷勝海

2018年3月9日 世界同時配信 映画「アウトサイダー」

English announcement follows below.

田中泯 映画出演情報!

2018年3月9日、世界同時配信 
Netflix 映画『The Outsider』
(ネットフリックス配信のみ、映画館での上映はありません)

オフィシャルサイトトレーラー(日本語版)
The Japanese version of the trailer for “The Outsider”

監督:マーチン・
出演:ジャレッド・レト
浅野忠信
椎名桔平
忽那汐里
大森南朋
田中泯




Information for Min Tanaka’s film appearance!

On March 9, 2018, The world-wide release of Netflix film.
Netflix film “The Outsider” trailer
(The film is only available on Netflix, not in theaters.)

オフィシャルサイトトレーラー(英語版)
The English version of the trailer for “The Outsider”

director:
Martin Zandvliet

Cast:
Jared Leto
Tadanobu Asano
Kippei Shiina
Shiori Kutsuna
Nao Omori
Min Tanaka

石原淋 ソロ公演@plan-B

June 23, 2018
Rin Ishihara Solo Dance “Dance, Inside” -directed by Min Tanaka

<plan-B主催> 
2018年6月23日土曜日
石原淋 ソロダンス 「オドリといるために」

演出:田中泯
出演:石原淋
音:村上史郎
照明:アミ
開演19:00(開場15分前)
料金:2500円





予約:ウェブ予約のみ
※ 満員になり次第、予約受付を終了いたします。
会場:plan-B地図 
住所:〒164-0013東京都中野区弥生町4−26−20モナーク中野B1
   plan-B入り口は中野通り沿いになります。ご注意ください。
電話:0333842051(当日のみ使用可能)

plan-B presents
Rin Ishihara Solo Dance
“Dance, Inside”
Saturday, June 23, 2018
At 19:00 start / 18:45 open

Directed by Min Tanaka
Dance; Rin Ishihara
Sound: Shiro Murakami
Lighting: AMI

Tickets: 2500
Reservations ; For Reservations Only
Place; plan-B map




2018年5月3日、4日「いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭2018」

田中泯がモーツァルトで5/3と5/4踊ります。
金沢の皆様お待ちしております!
もちろん、他県の方々も!!
Madada Inc.





—————————

2018年5月3日(木・祝)
16:50~17:40

石川県立音楽堂
邦楽ホール

<出演>

ダンス:田中泯

「いしかわミュージック・アカデミー弦楽四重奏団」
ヴァイオリン:吉江美桜、島方瞭
ヴィオラ:鈴村大樹
チェロ:水野優也
ピアノ:鶴見 彩

<プログラム>

モーツァルト 弦楽四重奏曲 第13番 ニ短調

モーツァルト ピアノ四重奏曲 第1番

=====================

2018年5月4日(金・祝)
14:20~15:10

金沢市アートホール

<出演>

ダンス:田中 泯

ヴァイオリン:西澤和江
歌:稲垣絢子
ピアノ:米谷昌美

<プログラム>

モーツァルト ヴァイオリン・ソナタ 第25番/28番

モーツァルト アダージョ K.540

モーツァルト 歌曲「すみれ」

=====================

チケットに関するお問い合わせ
いしかわ・金沢 風と緑の楽都音楽祭 チケットボックス
(石川県立音楽堂内)
専用電話:076-232-8118
受付時間:10:00~18:00(窓口10:00~19:00)

We are going to Kanazawa, Ishikawa! Min Tanaka will dance Mozart in Ishikawa Kanazawa Spring Green Music Festival 2018. We hope you come join us. —Madada Inc.
The event’s official site: https://www.gargan.jp/en/
=======
Thursday, May 3, 2018, at 16:50 – 17:40
Ishikawa Ongakudo Hogaku Hall

Dance: Min Tanaka
With Ishikawa Music Academy String Ensemble
Violin: Mio Yoshie and Ryo Shimakata
Viola: Taiki Suzuki
Cello: Yuya Mizuno
Piano: Aya Tsurumi

Mozart: String Quartet No. 13 in D Minor
Mozart: Piano Quartet No. 1
=======
Friday, May 4, 2018, at 14:20 – 15:10
Kanazawa Art Hall

Dance: Min Tanaka
Violin: Kazue Nishizawa
Vocal: Ayako Inagaki
Piano Masami Kometani

Mozart: Violin Sonata No. 25 / 28
Mozart: Adagio in B minor, K. 540
Mozart: Das Veilchen (The Violet)
=======
For tickets:
Ishikawa Kanazawa Spring Green Music Festival Ticket Counter (located within Ishikawa Ongakudo)
Phone: 076-232-8118
Office Hours: 10:00 – 18:00 (Ticketing Counter is open till 19:00)

2018年5月2日 TAKAOKA春の音楽祭 

TAKAOKA春の音楽祭 
世界的ダンサー・田中泯「モーツァルトを踊る
(『いしかわ・金沢 風と緑の音楽祭2018』一環プログラム)





2018年5月2日 19:00〜20:00

<出演>
田中泯(ダンサー)
稲垣絢子(ソプラノ)
西澤和江(ヴァイオリン)
米谷昌美(ピアノ)

<プログラム>
ヴァイオリン・ソナタ ト短調k.301
アダージョ ロ短調k.540
歌曲「すみれ」ほか

会場:高岡市生涯学習センターホール
料金:全席指定/一般3,000円、学生1,000円
※いずれも当日500円高

主催:(公財)高岡市民文化振興事業団、いしかわ・金沢風と緑の楽都音楽祭実行委員会

お問い合わせ:(公財)高岡市民文化振興事業団事業課
TEL:0766-20-1560

オフィシャルサイト

=====================
Thursday, May 3, 2018, at 16:50 – 17:40
Ishikawa Ongakudo Hogaku Hall

Dance: Min Tanaka
With Ishikawa Music Academy String Ensemble
Violin: Mio Yoshie and Ryo Shimakata
Viola: Taiki Suzuki
Cello: Yuya Mizuno
Piano: Aya Tsurumi

Mozart: String Quartet No. 13 in D Minor
Mozart: Piano Quartet No. 1
=====================
Friday, May 4, 2018, at 14:20 – 15:10
Kanazawa Art Hall

Dance: Min Tanaka
Violin: Kazue Nishizawa
Vocal: Ayako Inagaki
Piano Masami Kometani

Mozart: Violin Sonata No. 25 / 28
Mozart: Adagio in B minor, K. 540
Mozart: Das Veilchen (The Violet)
=====================
For tickets:
Ishikawa Kanazawa Spring Green Music Festival Ticket Counter (located within Ishikawa Ongakudo)
Phone: 076-232-8118
Office Hours: 10:00 – 18:00 (Ticketing Counter is open till 19:00)

official site

2018年4月27日、29日 道後オンセナート2018 田中泯「場踊り」

2018年4月27日 16:30〜17:50
田中泯 オドリ 「一遍上人と歴史的古層」

田中泯による道後での「場踊り」の初日は、” 踊り念仏 ” で衆生を救った一遍上人ゆかりの宝厳寺を舞台に、道後の地 に積層する歴史的な古層を探ります。凛とはりつめた空気の中で田中の肢体が踊り出し、道後の地層と交錯します。

場所:宝厳寺
料金:無料
主催: 道後オンセナート実行委員会

================

2018年4月29日 16:00〜17:00(予定)
田中泯 オドリ 「コエからモジへ」

田中泯による道後での二晩限りの「場踊り」、ラストを飾るのは正岡子規へのオマージュです。最初は声として、つぎ に文字を介して自己を表現するコトバが身体の中へ流れていく様子を、繊細で真摯な踊りに託します。堀端の樹々の 下で、水面に差し込む陽の光のなか、ことばと身体が紡ぎ出す時間をお楽しみ下さい。

場 所: 道後公園(子規記念博物館南側遊歩道)
料金:無料
主催: 道後オンセナート実行委員会

オフィシャルサイト(全体トップ画面)
※ここから入る場合は、イベントの箇所をクリックしてください。
http://dogoonsenart.com

道後オンセナート2018
松山市道後温泉事務所
〒790-0842 松山市道後湯之町5-6
電話 089-921-6464
FAX 089-934-3415

写真:昨年5月、道後内のどこで踊るかの下見をしている時の様子




ラジオ出演情報!

2018年1月のマンスリーゲストとして田中泯が出演いたします!

毎週木曜日21時30分〜放送
ニッポン放送「政井マヤ世界ぐるっとカフェトーク」
出演日:1月4日(木)・11日(木)・18日(木)

AM1242,FM93.0
ニッポン放送、信越放送
※ラジコでお聴きになれます!

丸山珈琲プレゼンツ
http://www.maruyamacoffee.com/cafe-talk/

池袋コミュニティカレッジ トークイベント!

大規模なアルベルト・ジャコメッティ回顧展が開催され大きな話題となった今年、その掉尾を飾る、映画『ジャコメッティ 最後の肖像』の公開を記念したスペシャルトークイベントを行います。

2017年12月14日木曜日 19:00~20:30

講師
舞踊家 田中泯
編集工学者 松岡正剛

お申し込み詳細は以下をご覧ください。
池袋コミュニティカレッジ 
http://cul.7cn.co.jp/programs/program_814872.html











映画『ジャコメッティ 最後の肖像』公式HP
http://finalportrait.jp/

オスロー新国立美術館 2017年9月9日 

Fujiko Nakaya & Ryuichi Sakamoto & Shiro Takatani with Min Tanaka
Installation and Live performance on 9th of September at The New National Museum & Ultima Oslo Contemporary





2017年9月9日 オスローにて パフォーマンス
坂本龍一(音)、中谷芙二子(霧)、田中泯(オドリ)、高谷史郎(光)

今年の3月にてオートモダンで行ったパフォーマンスに引き続き、 美術家:中谷芙二子氏の霧の空間で踊ります。今回はオスロー新国立美術館と「Ultima」というオスローコンテンポラリーミュージックフェスティバルの共催で行うため、坂本龍一氏はライブ演奏を披露する。田中泯と坂本龍一氏は初めての共演となります。

http://ultima.no/en/events/ryuichi-sakamoto-fujiko-nakaya-min-tanaka-shiro-takatani-a-form
大変申し訳ございません、満員御礼。チケットはソールドアウトです。

プラハ国立美術館(National Gallery in Prague)

田中泯のパフォーマンス開催期間は終了いたしましたが、展覧会は引き続き8月の27日まで開催しております。たくさんのご来場をお待ちしております。Madada Inc.

<お断り>
ナショナルギャラリー オフィシャルサイト
プラハ国立美術館オフィシャルサイトは全てチェコ語、一部 分量は少ないですが英語での紹介もございます。注:各イベントを拝見いただくにあたり、ナショナルギャラリーは何れにしても入館料が必要となります。通常の美術館と同様、入館料をお支払いの上ご入館ください。ナショナルギャラリーのホームページでの表示は大規模な展覧会により細部に至るまでの詳細掲載が不可能なようです。田中泯のイベントに関しては当ウェブが一番正しい詳細となります。

★情報は、以前のものから更新されております(3/19現在)。

———————–

田原桂一の写真集「光合成」から世界初の展覧会が催されます。これまでに一度も解禁したことのない写真群でもある写真集「光合成」は田中泯のハイパーダンス時代(1978年〜1980年)の3年間を撮り続けた田原桂一と田中泯の共作としての貴重な記録でもあります。この度、チェコ・プラハの巨大な美術館で展覧会を開催することになりました。この展覧会はプラハの国立美術館での2017年の3月17日〜8月27日のグランドオープニングに組み込まれ世界初公開となる催しです。どうぞ皆様のご来場をお待ち申し上げております。Madada Inc.

グランドオープニング展覧会開催期間 2017年3月17日〜8月27日

<グランドオープニング参加作家ならびプロジェクト>

アイ・ウェイウェイ

オラファ・エリアッソン

マグダレーナ・ヤテロバ

ブライアン・イーノ
ジャン・ナレヴカ
(ムービング・イメージ・デパートメント)

ヘンリ・ショパン
ラディスラヴ・ノヴカ
(ポエトリー・パッセージ)

レトロ・リフレクション

パヴラ・デュンダルコヴァの紹介

エドムンド・ワアル
アイ・ウェイウェイ
(共同キュレーションによるグループ展示)

田原桂一 『光合成』(田中泯 1878-1980)

———————————–

田中泯 イベント関連に関する詳細情報は以下

田中泯パフォーマンス期間 
*3/16〜3/22(月曜日のみ休館) 朝11:00〜夕方17:00の間
「時間の確約はできませんが、可能な限りダンスを続けます。田中泯」

 場所:ナショナルギャラリー内の5階フロア。
 「田原桂一」写真展示フロアになります。
 その1カ所に田中泯スペースを設けます。

*なお、会期中は田中泯の映画ならび踊りの映像を上映いたします。
 
 ★映像作品「フィールド」
 (2010年/日本、スペイン/8ミリ モノクローム/27分)
  監督:シャビエル・イリオンド
 ★劇場記録「20世紀版ー『春の祭典』」
 (1998年/モスクワ芸術座、ロシア/73分/NTSC/VHS)
  監督:チャーリー・スタイナー
 ★田中泯「場踊り」2005年、2008年
 (撮影:石原淋、編集:佐々木友輔、監修:田中泯)

——————————–

 ★映画「ウミヒコ ヤマヒコ マイヒコ」ダンスロード イン インドネシア
  (2007年/日本/カラー/120分)
  監督:油谷勝海
 ★映画「ほかいびと〜伊那の井月〜」
 (2011年/日本/カラー/199分)
  監督:北村皆雄

上記に作品は、上映予定でしたが、長編映画になるので、上映上のコンディションを検討し、本ナショナルギャラリー展覧会期間内に、アルカシアターにて映画上映を行います。予定が決まり次第掲載いたします。情報変更につき、ご迷惑をおかけいたします。

——————————–
 
*3/20月曜日は休館のため、別の場所での場踊りとトークを開催
 
 キャラリー1Fの正面玄関左側にあるガラス張りのカフェ前の広場にて。 
  15:00 田中泯「場踊り」
  16:00 トーク 田中泯&オンドレフラブ(アルカシアターディレクター)

======================

Min Tanaka’s performance period has been completed already, however, the exhibition is open until August 27th. We are looking forward to your visit to the National Gallery in Prague. Madada Inc.


National Gallery in Prague Official Website
The official website of the National Gallery in Prague is written mainly in Czech, with limited information in English. Please note that there will be an entrance fee to see all the events including Min Tanaka’s performances, the same as most of other museums. The grand opening consists of number of the large-scale exhibitions, and it seems difficult for the Gallery’s website to announce the detailed information. As the supplement, our website here covers all the details and updates of Min Tanaka’s performance information in National Gallery in Prague.


Part of the information on Min Tanaka’s performance schedule and the film screening has been updated.

——————————-

There will be a world premiere of the exhibition of the works from Keiichi Tahara’s photo book “Photosynthesis”. Never released over 30 years till now, the photo book “Photosynthesis” is the precious record of Min Tanaka and Keiichi Tahara’s collaboration–Tahara kept shooting for the three years (1978-1980) of Min Tanaka’s early time, “hyper-dance”. We are proud to announce that we are presenting the photographs in the exhibition in an immense art museum in Prague, Czech. The exhibition will be part of the National Gallery in Prague’s grand opening (Mar. 17th, 20017- Aug. 27th, 2017) and it will be the world premiere. We are looking forward to your visit to the prestigious event.
Madada Inc.

Ground opening Exhibition Period: March 17th, 2017 to August 27th, 2017

Grand opening participating Artists and Projects:

“Ai Weiwei. Law of the Journey”

“Olafur Eliasson. Green Light”

“Magdalena Jetelova”

“Moving Image Department: Brian Eno, Jan Nalevka”

“Poetry Passage: Henry Chopin and Ladislav Novak”

(Epos257)
“Epos257: Retro-reflection”

“Introducing Pavla Dundalkova”

(group exhibition)
“Kneaded Knowledge. The Language of Ceramics”: Edmund de Waal and Ai Weiwei

Keiichi Tahara: Photosynthesis 1978–1980 featuring Min Tanaka

——————————–

Min Tanaka’s Performance Period: March 16 to March 22
Time: 11:00 to 17:00, daily, expected to be a non-stop performance
“I cannot define the exact time, but I try to continue dancing as much as possible during the scheduled time.” –Min Tanaka
(Except on Monday, when Gallery is closed)
Location: 5th floor of the Gallery building, at the exhibition site of Keiichi Tahara’s Photosynthesis. There will be designated space for Min Tanaka within the site.

On Monday, while the Gallery is closed:
There will be a performance and After Talk at a square in front of the Gallery’s café with glass wall, located on the 1st floor of the Gallery, at the left side of the main entrance.
Min Tanaka “Locus Focus”
Performance: 15:00
After Talk: 16:00 with Min Tanaka & Ondrej Hurb (Director, Archa Theatre)

——————————–

There will be screenings of the films Min Tanaka had appeared and documentations of his dance during the period of the exhibition. The films are as follows:


★Movie “Umihiko Yamahiko Maihiko: Min Tanaka’s Dance Road in Indonesia”
  (2007/Japan/Color/120 min)
   Director: Katsumi Yutani
★Movie“Hokaibito: Ina no Seigetsu”
  (2011/Japan/Color/199min)
   Director: MiNAO KITAMURA

★“Field” 
  (2010/Japan and Spain/8mm Monochrome/27min)
   Director: Xabier Iriond
★Theater Piece “The Rite of Spring —end-of-the-century version”
  (1998/Chekhov Art Theater, Moscow, Russia/73 min/NTSC/VHS)
   Director: CHARLIE STEINER
★Min Tanaka “Locus Focus” 2005 to 2008
  (Videographer: Rin Ishihara/ Editing: Yusuke Sasaki/ Supervisor: Min Tanaka)
★Min Tanaka solo dance “Dance Hakushu 2005”
   Record: Ondrej Hrab

——————————–

★Movie “Umihiko Yamahiko Maihiko: Min Tanaka’s Dance Road in Indonesia”
  (2007/Japan/Color/120 min)
  Director: Katsumi Yutani
★Movie“Hokaibito: Ina no Seigetsu”
  (2011/Japan/Color/199min)
  Director: MiNAO KITAMURA

Above, the film works marked with read and cross-lined were planned to be show, however, due to the screening conditions for their contents being featured-length, they will be shown in Archa Theater during the National Gallery’s exhibition period.
We will announce the additional screening schedule as soon as possible.
We apologize for any inconvenience for the last-minute change.

番組出演情報「サワコの朝」 

サワコの朝 
(毎週土曜 朝7時半~8時 TBS系 全国放送)

2017年8月26日 放送決定!
以下のウェブサイトでご確認ください。

【司会】阿川佐和子(作家)
【ゲスト】田中泯(ダンサー)

オフィシャルウェブサイト
http://www.mbs.jp/sawako/




Archa theater presents Min Tanaka stage work “A Body”

田中泯 ダンス舞台作品
公演「A Body」

初演 チェコ(プラハ)アルハシアター
2017年
6月19日 20:00
6月22日 20:00
6月23日 20:00

コンセプト、演出、ステージデザイン:田中泯
ドラマツルギー:オンドレ・フラブ(芸術監督、総合ディレクター)
音、サウンド・インスタレーション:西原尚、ジャン・ブリアン
照明:パヴェル・コトリック

世界は大きな変化のときにある。ダンス自体は世界の政治や社会的状況に反応できないけれど、身体は確実に反応している。身体は魂にとって一番近い環境だ。我々の身体は言語の頽落に抵抗することができる。真のコミュニケーションが可能だ。だから、この公演のタイトルは『A Body』とした。オンドレ・フラブ





ダンサー
アナ・レオノア・ラダス(ポルトガル)
グレタ・スミタイテ(リトアニア)
カタリーナ・カディジェヴィク(チェコ)
ネラ・トゥッキ(フィンランド)
石原淋(日本)
テレザ・クレジュコヴァ(チェコ)
ヴェラ・オンドラシコヴァ(チェコ)
ズザナ・ピッテロヴァ(チェコ)
田中泯(日本)

チケット販売:https://www.divadloarcha.cz/en/
問い合わせ:https://www.divadloarcha.cz/en/contacts.html

会場:アルカ・シアター Archa Theatre(プラハ)
住所:Divadlo Archa
   Na Porici 26, 110 00, Prague 1
電話 +420 221 716 111
e-mail archa@archatheatre.cz

=====================

A Body
New project of the Archa Theatre directed by Min Tanaka

Premiere performances 19, 22 and 23 June 2017 at Archa Theatre, Prague

Concept, direction, and stage design: Min Tanaka
Dramaturgy: Ondřej Hrab
Music and Sound Installation: Nao Nishihara and Jan Burian
Lighting: Pavel Kotlík

“The world is undergoing a major change. Dance as such cannot react on the political and social situation in the world, but our bodies react. The body is the closest environment to the soul. Our body can resist the degradation of language; it is capable of real communication. That is why this performance is called A body.” — Ondřej Hrab

CAST:
Ana Leonor Ladas (Portugal)
Grete Smitaite (Lithoania)
Katarina Kadijevic (Czech)
Nella Turkki (Finland)
Rin Ishihara (Japan)
Tereza Krejčová (Czech)
Věra Ondrašíková (Czech)
Zuzana Pitterová (Czech)
Min Tanaka (Japan)
and others

Tickets: https://www.divadloarcha.cz/en/
Inquiry:https://www.divadloarcha.cz/en/contacts.html
Place: Archa Theatre
Address: Divadlo Archa
Na Poříčí 26, 110 00, Prague 1
Phone: +420 221 716 111
E-mail: archa@archatheatre.cz

石原淋 ソロダンス

<plan-B主催> 
2017年2月3日金曜日 開演20:00(開場15分前)


田中泯 演出
石原淋 ソロダンス
「オドリといるために」

——–
演出・振付:田中泯
出演:石原淋
音:村上史郎
照明:アミ
舞台:森純平
料金:2500円
予約:予約のみ http://i10x.com/planb/contactus
会場:plan-B map http://i10x.com/planb/access
住所:〒164-0013東京都中野区弥生町4−26−20モナーク中野B1
電話:0333842051(当日のみ使用可能)





plan-B presents
2017, 3 Feb (Fri) 20:00start /19:45open

Rin Ishihara solo dance
“Dance, Inside”
Choreographed and directed by Min Tanaka
Dance:Rin Ishihara
Sound:Shiro Murakami
Light:AMI 
stage design:Junpei Mori
Fee ¥2500
Reservatons: Only Reservaton
Place: plan-B Map

 

Archa Theatre / Auditions for a new project of Min Tanaka

Arche Theater official information for Japanese.
English announcement follows below.

アルカシアター(チェコ・プラハ)主催
田中泯 新プロジェクトのためのオーディション
日本人ダンサーで振付家の田中泯が、アルカシアターでの新作制作準備を行う!
この新作のために、アルカシアターでは出演者を募集!!
・ジャンル・年齢は問いません。
・オーディションは田中泯氏との約20 分の個人面談形式となります。
発表内容:1分から5分の長さでの作品の発表
※ ダンス、パフォーマンス、詩作、インスタレーションなどなど。即興は不可。
課題内容
今日の世界が抱える社会、環境、政治的諸問題への積極的な姿勢を表現したものとします。
募集テーマ:「私の現在」
日時:2016年12月13日火曜日 ― 16日金曜日
場所:アルカシアター Na Porici 26, Prague 1
新作のリハーサルは2017年4月、5月にアルカシアターで行う予定です。
お申し込み:オーディションのご予約。並びご自身の略歴と、可能であれば作品サンプルを同封してください。
申し込み方法 (日本語には対応しておりません)
emailにて: Jindrich Krippner
ご持参: the Archa Theatre 電話+420-221-716-111
ご郵送: Na Porici 26, Praha 1, Czech Republic, Archa Theatre /Min Tanaka audition
締め切り:2016年12月9日
ご応募にあたりましての旅費、滞在費はご自身でご負担ください。


15123334_10206494406353816_8551088008945470051_o


======================

Auditions for a new project of Min Tanaka.
Japanese dancer and choreographer Min Tanaka is preparing a new project at the Archa Theatre, Prague.
For this project the Archa Theatre is looking for artists regardless of age and their artistic focus. Auditions will take the form of individual meetings with Min Tanaka of approximately 20 minutes. Participants will prepare a short sample of their work in 1-5 minutes in length. It can be dance, performance art, poetry, art installations etc. Improvisation is not accepted.
Thematic entry: ” My Present Moment.”
The condition of the presentation is expression of active attitude towards social, political and environmental problems of today’s world.
When: from Tuesday, December 13 to Friday, December 16
2016 Where: Archa Theatre [Na Porici 26, Prague 1]
The project will be rehearsed during April and May 2017 in the Archa Theatre.
————————————
Applicants can sign up:
a) by e-mail to Jindrich Krippner – jindrich.krippner@archatheatre.cz
b) submit an application in person at the Archa Theatre[Na Porici 26, Praha 1, Czech Republic], phone:+420-221-716-111
Please attach a brief biography and possibly samples of your work.
Application deadline: December 9, 2016
————————————
Archa Theatre will not cover travel expenses or accommodation of the applicants.

鬼平犯科帳THE FINAL

鬼平犯科帳 THE FINAL

前編「五年目の客」:12月2日(金)21時~22時52分
後編「雲竜剣」:12月3日(土)21時~23時10分

12/3に田中泯出演いたします。
是非とも前編後編 共に ご鑑賞いただけると嬉しく思います。

フジテレビ オフィシャルサイト
http://www.fujitv.co.jp/onihei/index.html



fecab143-4218-4296-927d-f98cf204ac8b

<出演>
中村吉右衛門
多岐川裕美
梶 芽衣子
勝野 洋
中村又五郎
尾上菊之助
中村嘉葎雄
橋爪 功
田中 泯

原作:池波正太郎
脚本:田村 惠

監督:山下智彦
音楽:津島利章
美術館週:西岡善信

企画
能村庸一
武田 功

プロデューサー
羽鳥健一
成河広明
佐生哲雄
足立弘平

★スペシャルイベント★予約受付9月1日開始しました!★

英語の翻訳は日本語の後にあります。
English announcement follows below.
————————————-

2016年9月29日【木】〜10月1日【土】
主催 素夢子古茶屋・誉田屋源兵衛
京都 三日間 特別イベント
「陰影衝動」

詳細は以下


posterB2.perfect.500

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

9/29(木)
『素夢子古茶家』 リニューアル記念

田中泯「オドリ」
出演:田中泯、音:石原淋
開演 19:30(開場19:00)
場所 素夢子古茶家(限定60名のみ)
料金 3000円

素夢子古茶家:衣食住にこだわり、伝統的韓国の渋柿染めを施された布でおられた巾着や暖簾、土にこだわり鍛錬に焼き上げた食を包む美しい器の数々、韓国伝統伝来の薬膳料理や10種類の漢方をブレンドした十夢母茶、生姜茶、などの健康茶、店内の装い全てに訪れた人を懐かしさへと抱擁する京都三条にあるカフェ。

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

9/30(金)
田中泯「オドリ」

出演:田中泯、音:石原淋
開演 16:00 (開場15:30)
場所 誉田屋源兵衛「竹院の間」(限定80名のみ)
料金 3000円
—————–
映画『ほかいびと-伊那の井月-』
上映 19:00(開場18:30)
アフタートーク 21:00
北村皆雄(映画監督、映像民俗人類学)+田中泯(ダンサー)+山口源兵衛(誉田屋源兵衛 十代目)
場所 誉田屋源兵衛「竹院の間」(限定80名のみ)
料金 1500円

映画『ほかいびと 伊那の井月(せいげつ)』
―信州の北の一茶、南の井月― 芥川龍之介や山頭火・金子兜太ら日本を代表する文人から高く評価された放浪俳人・井上井月。ドキュメンタリー&フィクションの手法で、謎の多い井月の境涯を解き明かす。井月は、幕末から明治にかけて30年間、信州伊那谷で放浪し、一宿一飯のお礼に俳句を置いていく。やがて野垂れ死に同然に死ぬ。1800の俳句と聞き書から浮かび上がる人生。

映画『ほかいびと 伊那の井月(せいげつ)』予告編

【主演】田中泯 【語り】樹木希林
【音楽】 一柳慧 【衣装】山口源兵衛  【題字】石川九楊
【撮影】高橋愼二+金沢裕司+明石太郎+北村皆雄 【編集】田中藍子
【プロデューサー】三浦庸子 北村皆雄 【制作】堀内功 平澤春樹
【製作】 一般社団法人井上井月顕彰会 ヴィジュアルフォークロア 
【助成】文化芸術振興費補助金 【後援】上伊那広域連合 他
【監督・脚本】北村皆雄 【制作年】2011

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

10/1(土)
田原桂一写真集『光合成』出版記念パフォーマンス

1978年から1980年 −田中泯のハイパーダンスの光と影の記録
田中泯「オドリ」
出演:田中泯、映写:田原桂一、音:石原淋
開演 16:00(開場15:30) 
アフタートーク 田中泯(ダンサー)+田原桂一(写真家)
※トーク終了後、写真集「光合成」の販売+両氏によるサイン会を開催いたします。
場所 誉田屋源兵衛「竹院の間」(限定80名のみ)
料金 3000円
——————–
映画『ほかいびと-伊那の井月-』
上映 19:00(開場18:30)
場所 誉田屋源兵衛「竹院の間」(限定80名のみ)
料金 1500円

田原桂一写真集『光合成』
PHOTOSYNTHESIS
1978-1980
MIN by KEIICHI TAHARA

定価:8,100円(税込)
発売日:2016年6月3日
W21×H28cm 136 ページ
初版1000部
ISBN:978-4-905052-97-5
出版「スーパーラボ」

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

【衣裳展 併催】
イベント期間中は、映画『ほかいびと』の中で井月に扮する田中泯が羽織る、山口源兵衛 作の衣裳を展示いたします。

—————-

協力
ヴィジュアルフォークロア
株式会社Madada
株式会社ビィルト

主催
素夢子古茶家
誉田屋源兵衛株式会社

—————-

<各会場のご案内>
素夢子古茶家(〒604-8166京都市中京区烏丸三条西入ル御倉町73)
誉田屋源兵衛(〒604-8165京都市中京区室町通三条下る烏帽子屋町489)
・お車でお越しの方は、専用駐車場はございません。
・お近くのパーキングをご利用ください。

ご予約・お問合せ
<誉田屋源兵衛株式会社>
mail wa@kyoto-kondayagenbei.co.jp
TEL 075-254-8989

★★★★★★★★★★★★★★★
Thursday, September 29th – Saturday, October 1st, 2016
Somushi / Kondaya Gembey Presents:
In Impulse of Shadow – Three-Day Special Event in Kyoto

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

Thu, Sep. 29th
At 19:30 (Door opens at 19:00)
Somushi Tea House’s Grand Reopening Commemoration Performance
Min Tanaka “Dance” – Performance by Min Tanaka / Sound by Rin Ishihara
Location: Somushi Tea House – 60 people only
Ticket: 3000 yen

About Somushi Tea House (Somushikochaya): A heart-warming old Korean style cafe located in Sanjo, Kyoto. It serves Korean traditional medicinal cuisine and carefully selected variety of herbal tea with health benefits – namely Ginger or Jumonmo which has 10 kinds of medicinal herbs blended, among many, using finely hand-crafted beautiful pottery. The fabric used in the artful decor is dyed with astringent persimmon juice, also Korean traditional method. The space is filled with care and devotion for all the elements of food, clothing, and shelter, and the cafe will embrace your body and mind with the feeling of nostalgia.

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

Fri, Sep. 30th
At 16:00 (Door opens at 15:30)
Min Tanaka “Dance” – Performed by Min Tanaka / Sound by Rin Ishihara
Location: Chikuin no Ma at Kondaya Gembey (80 people only)
Ticket: 3000 yen

At 19:00 (Door opens at 18:30)
”Hokaibito: Ina no Seigetsu” Film Screening & Talk Event
Location: Chikuin no Ma at Kondaya Gembey (80 people only)
Ticket: 1500 yen

Speakers of the talk event:
Minao Kitamura (film director, anthropology and folklore on moving-image) , Min Tanaka (dancer), and Gembey Yamaguchi (the 10th Kondaya Gembey)
(Talk Event starts at 21:00)

About the film ”Hokaibito: Ina no Seigetsu”:
With documentary and fiction interwoven, the film depicts mysterious life of a vagabond haiku poet Seigetsu Inoue, who spent his last 30 years in Inadani, Shishu. In the end of Edo period to the beginning of Meiji era, he drifted from home to home and occasion to occasion in the area writing a haiku poem in return for a night’s lodging and a meal. While the western culture slowly but steadily reaching to the remote villages, he died a dog’s death. Through his 1800 haiku poems, his life reappears in the film crossing over modern times and the past.

Seigetsu Inoue: Min Tanaka
Narrator: Kiki Kirin
Music: Toshi Ichiyanagi
Costume: Yamaguchi Gembey
Title Calligraphy: Kyuyo Ishikawa
Cinematographers: Shinji Takahashi, Yuji Kanazawa, Taro Akashi, and Minao Kitamura Editor: Aiko Tanaka
Executive Producer: Yoko Miura and Minao Kitamura
Production Staff: Isao Horiuchi and Haruki Hirasawa
Produced by Inoue Seigetsu Memorial Foundation / VISUAL FOLKLORE INC.
Additional Funding: Agency for Cultural Affairs
Special Thanks to: Kamiina Wide Area Union and others
Director and Script: Minao Kitamura
The film was created in 2011.

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

Sat Oct, 1st
At 16:00 (Door opens at 15:30)
Keiichi Tahara’s Photobook “PHOTOSYNTHESIS” Publishing Commemoration Performance

Min Tanaka “Dance” – Performed by Min Tanaka / Sound by Rin Ishihara
Artists Talk following the performance by Min Tanaka (dancer) + Keiichi Tahara (photographer)
*Book Signing for those who purchase the photobook at the site.
Location: Kondaya Gembey (80 people only)
Ticket: 3000 yen

About the photobook:
“PHOTOSYNTHESIS 1978-1980
MIN by KEIICHI TAHARA”
Publication Date: June 3rd, 2016
Price: 8100yen
Size: W21×H28cm, 136 pages
First Edition: 1000
Publisher: Superlabo
ISBN:978-4-905052-97-5


At 19:00 (Door opens at 18:30)
”Hokaibito: Ina no Seigetsu” Film Screening & Talk Event
Location: Chikuin no Ma at Kondaya Gembey (80 people only)
Ticket: 1500 yen

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

Accompanying Event: Costume Exhibition
During the three-day event, there will be an exhibition of the costumes created by Gembey Yamaguchi and worn by Min Tanaka who played Seigetsu Inoue in the film “Hokaibito: Ina no Seigetsu” at Kondaya Gembey.

⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎

Venues:
Somushi Tea House: Okura-chou 73 Nishi-iru, Karasuma-Sanjou, Nakagyou-ku, Kyoto City 604-8166
Kondaya Gembey: 489 Eboshiya Cho, Muromachi-sanjyosagaru, Nakagyo-ku, Kyoto City 604-8165
There is no parking available in each venue. Please use available parking services near by.

For Reservations and Inquiry
mail wa@kyoto-kondayagenbei.co.jp
TEL 075-254-8989

Presenters:
Somushi Tea House 
Kondaya Gembey Inc. 

Special Thanks to:
VISUAL FALKLORE
Madada Inc.  
BUILT Ltd.  

TSUTAYA代官山 トークイベント!

写真集『Photosynthesis・光合成』刊行記念
田中泯 × 田原桂一 トーク&サイン会

2016年09月04日(日)
蔦屋書店1号館 2階 イベントスペース


tawara_2


田原桂一
tawara_1


写真集表紙


tawara_3


田中泯


主催者掲載文書

1978年から1980年にかけて、写真家の田原桂一氏がダンサーの田中泯氏とともに試みた「光と身体」の関係性についてのフォトセッションが、35年の時を経て日本の写真集出版社 SUPER LABO から刊行されました。美しいモノクロ印刷にクロス装の、初版1000部限定の写真集です。代官山 蔦屋書店では本作『Photosynthesis・光合成』の刊行を記念して、世界的に活躍し続けている田中氏、田原氏の二人をお招きしてトーク&サイン会を開催致します。この貴重な機会をお見逃しなく。

お申し込みはTSUTAYAオフィシャルサイトから!

田中泯(ダンサー)×田原桂一(写真家)パフォーマンス

8月4日(木)より相模原市にあります、女子美術大学美術館にて写真家:田原桂一と女子美術大学の現役学生による「競作展覧会」を開催する。通常、作家の展示と美大生の制作展とは分けられている事が多い中、実験的ではあるが、田原桂一の強い希望により、現役美大生とアーティストによる競作展覧会として発表する。田原の新作の他に、代表作『窓』『ポラロイド』『Torse』も展示される。


image


関連イベントの中で田中泯とのコラボレーションを開催いたします。
田中泯×田原桂一 パフォーマンス
2016年8月6日(土)18:00〜19:00
会場:女子美アートミュージアム内
アクセス:http://www.joshibi.net/museum/jam/
人数:約100名
※パフォーマンス終了後、写真集「光合成」を販売もございます。
※当日会場での購入者を対象とし、両者によりのサイン会も行います。

———————-
展覧会のご案内

展覧会名:田原桂一 in JOSHIBI〈光合成〉プロジェクト『奥の細道』
会  場:女子美アートミュージアム 
    (神奈川県相模原市南区麻溝台1900 女子美術大学 相模原キャンパス)
     http://www.joshibi.net/museum/
会  期:前期:2016年8月4日(木)~8月7日(日)
     後期:2016年8月21日(日)~9月11日(日)
     前後期ともに同内容で開催致します
     (※休館日:火曜日、8月8日~8月20日)

開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
入 館 料 :無料

田原桂一と女子美術大学は、田原桂一の主な制作テーマである「光」を主題に、それぞれに新作を制作し、展覧会「田原桂一 in JOSHIBI 〈光合成〉プロジェクト「奥の細道」」として一堂にご覧いただきます。本展のために、田原桂一と女子美の学生たちは各々の感じる『現代版 奥の細道』を競作で表現しました。ひとつの言葉から生まれた多様な作品をお楽しみ頂ければ幸いです。(株式会社ビィルト)

お問い合わせ・予約女子美アートミュージアム

映画「ほかいびと~伊那の井月~」上映&トーク

映画「ほかいびと~伊那の井月~」上映&トークのお知らせ


hokaibito400


キャスト
出演:田中泯
語り:樹木希林
音楽:一柳 慧
衣装:譽田屋源兵衛
監督:北村皆雄
撮影:高橋愼二│金沢裕司│明石太郎│北村皆雄│櫻庭美保│石曽根志季子
プロデューサー:三浦庸子│北村皆雄
製作年:2011年
上映時間:119分
———————-
YouTube
———————-

7月23日(土) 午後1時30分~4時30分 山寺芭蕉記念館
第26回山寺芭蕉記念館 文化セミナー
「日本人と江戸文化 ―芭蕉が生きた江戸から見る日本―」
当イベントの一環で上映会&トークショー「井月と芭蕉の風狂」が開催。

問合せ 山寺芭蕉記念館 0236 95 2221
http://yamadera-basho.jp/?p=log&l=412731

7月24日(日) 朝9時半 フォーラム山形
幕末から明治にかけて、長岡藩士の身分を捨て信州伊那谷を三十年間放浪した俳諧師・井上井月。松尾芭蕉に焦がれ、『奥の細道』の「旅を栖とす」生き方を貫き、千八百あまりの句を残しました。俳句や逸話、残された日記の断片から明らかになった漂泊の俳人の生き様を、北村皆雄監督がダンサー田中泯を主演に迎えて映画化。両氏による舞台挨拶も行います。

フォーラム山形 023 632 3220
http://www.forum-movie.net/yamagata/

plan-B 田中泯 ソロ公演のお知らせ

plan-B主催 二日間連続 田中泯ソロダンス公演
田中泯「オドリ」solo dance
————-
来る15日、16日の私の公演は、田中泯×田原桂一 写真集「光合成」発売特別記念公演とさせていただきます。終演後には2人によるサイン会を行います!どうぞお出かけください。田中泯
————-

2016年5月26日【木曜日】5月27日【金曜日】 終了
———————————-
2016年6月15日【水曜日】 満員御礼 ご予約受付終了いたしました!
2016年6月16日【木曜日】 お座席は残り少なくなりました


Photosynthesis
田中泯 x 田原桂一
w21 x h28 cm136
ページ66 イメージ(白黒)
上製本布装白黒オフセット印刷(本文)
初版 Published in 2016
ISBN 978-4-905052-97-5
8,100円(税600円)

「amazon」でも購入可能!

開始20:00(15分前開場)、参加費2500円
予約:ここをクリックhttp://i10x.com/planb/contactus
場所:ここをクリックhttp://i10x.com/planb/access
住所:〒164-0013東京都中野区弥生町4−26−20モナーク中野地下1F
電話:0333842051(当日のみ使用可能)
※ご予約はお手数ではございますが、plan-B予約サイトからお願い申し上げます。


minsolo-kuro.620


—————

plan-B presents:Min Tanaka solo dance for two days, two times
Min Tanaka “Dance”
Thursday, May 26th and Friday, May 27th
————————————–
Wednesday, June 15th We are sorry, this is sold out!
Thursday, June 16th some more seat
20:00start /19:45open Fee ¥2500

Reservatons:Clicking here(http://i10x.com/planb/contactus)
Place:plan-B map(http://i10x.com/planb/access)
4-26-20 B1F, Yayoicho, Nakanoku, Tokyo, Japan #164-0013
(the entrance is on Nakano-Dori street)
Tel: 03-3384-2051 (available only on the day of the event)
Door opens 15 minutes prior to the event.

完成試写会+舞台挨拶のお知らせ

2016年6月9日、6月10日
場所:千代田区の日比谷図書文化館
ドキュメンタリー映画
「抗いの記 記録作家 林えいだい」(110分)
9日19時/西嶋真司監督のトーク
10日14時/西嶋真司監督のトーク+田中泯ゲスト出演



13151923_828166433981867_7759630672257710762_n

<2016年5月31日「東京新聞」掲載記事>
林さんは、北九州市の職員から公害告発運動に参加し、37歳の時にフリーの記録作家に。筑豊地方の負の歴史、国のエネルギー政策に翻弄(ほんろう)された人々を取材してきた。82歳の現在は重いがんと闘いながら、太平洋戦争中の特攻隊員の歴史を記録し続けている。

——————
★申し込み=「グループ現代」ファクス★
6月3日までにお申し込み下さい。
以下の情報を必ずご記入ください。
-「抗いの記試写会希望」と件名を必ず表記
– 住所
– 氏名
– 電話番号
★申し込み=「グループ現代」電話★
03-3341-2874
——————

大変申し訳ございませんが、メールでの申し込みはできないようです。
お手数をおかけいたしますが、Faxかお電話でお申し込み下さい。
Madada Inc.

写真集 ★ 田中泯 × 田原桂一「光合成」

English announcement follows below.
写真集2016年6月3日発売開始!

『光合成』
PHOTOSYNTHESIS 1978-1980
MIN by KEIICHI TAHARA

定価:本体7,500円(税別)
発売日:2016年6月3日
ご注文はこちらから
W21×H28cm 136 ページ
限定1000部
ISBN:978-4-905052-97-5
Published by SUPER LABO




————

田中泯
クラッシックバレエとモダンダンスを学び、1960年代にはモダンダンサーとして活躍。その後 階級的思想と第二次大戦後の世相をそのままに反映した文化、ダンス「業界」に懐疑を抱き始める。1974年、独自の活動を開始、精神―物理の統合体として存在する身体に重点をおいた「ハイパーダンス」を展開させていく。これにより田中は当時の日本のダンス業界から距離をおき、さらに独自の踊りへの追求を深めていく。しかし同時に、この表現活動は日本、そして世界の知識人や美術作家たちとのコラボレーションへと繋がり、当時の現代美術、文化界に衝撃を与えた。その初期の田中泯の踊りが、写真家 田原桂一の写真集により、30年の以上の時を経て初公開される。

田原桂一
1978年から1980年の3年間にかけてダンサー・田中泯氏とともに試みた「光と身体」の関係性についてのフォトセッションである。
1978年10月、パリ・フェスティバル・ドートンヌ(パリ秋季芸術祭) 「日本の『間』展覧会」(会場:ルーブル装飾美術館/プロデュ-ス:磯崎新・武満徹)からこのプロジェクトは始まった。まだパリで「窓」の作品を撮り続けている最中、私が27歳、泯さんが33歳の時だった。光によって、見るという行為やそれに伴う感情が如何に翻弄されるか、そんな事ばかりを考えていた時期であった。「身体気象」という言葉が私たちを結びつけた。まさに光と身体が出会う瞬間である。私の写真行為のなかでこのプロジェクトは「対象」と「主題」が渾然と入り混じった実に不思議な3年間であった。
パリ、ローマ、ニューヨーク、アイスランド、ボルドー、東京、九十九里浜、秋川渓谷等、様々な都市のもと、そして大自然の中、異なった光や大気や季節の中で、ダンサーの身体がどのように反応して行くのか、あるいはただ単に人間の皮膚が神経がその触手を光の中にどのようにのばして行くのか。
フランス・ボルドーに残っている旧ドイツ軍が建造したUボートの潜水艦基地。空爆に耐えられるコンクリートの塊で覆われた巨大な器。複雑な光と記憶が交錯する空間のなかで誰一人観る人もなく光と身体が絡み合っていく。アイスランド、6月、白夜の季節、地熱地帯を昼と夜の境目も定かではなく車で次々と撮影場所を求めて走り回り続けた。沈むことのない太陽、地面は熱を帯びて黒々と光り輝き、静寂だけが我々の周りにあった。シャッターを切る音とフイルムを巻き上げる音だけが、歩を進めて行った。
35年間、何故か放置されていたが、我々二人にとって今まさに原点回帰となる作品である。

————
この貴重な写真集を是非ともご購入ください。
Madada Inc.

Photosynthesis
MIN by Keiichi TAHARA

The release date of the photo book has been confirmed!
On sale starting June 3rd, 2016
The Photo book “Photosynthesis MIN by Keiichi Tahara”
You can make the international purchase from Super Labo website
Please do not miss the chance to acquire your own copy of this precious photo book.


tahara700omote


—————————

Min Tanaka
Trained in classical ballet and modern dance, Tanaka was active as a modern dancer around 1960s. He then came to be skeptical of the culture and the dance “industry” that were class-bound identity, vis-à-vis post-World War II society. In 1974, he started his own activities, and evolved “hyper-dance,” emphasizing psycho-physical unity of the body. In pursuit for his own dance further more, he distanced himself from the dance market in Japan. However at the same time, his expression activities lead to numerous collaborations with intellectuals and visual artists around the world and forged a major cultural impact on the contemporary art and cultural community at that time. His dance in the very early days will be shown in a photobook by the photographer Keiichi Tahara, for the first time long after over 30 years.

Keiichi Tahara
These photos come from multiple photo sessions I conducted between 1978-1980 with the dancer Min Tanaka, exploring the relationship between physical light and the human body.
This project started at the “MA-Space/Time in Japan” Exhibition which took place at the Paris Autumn Festival in October, 1978. Back then, I had been taking pictures for the “Fenêtre” collection. I was 27 and Min was 33.
How does light affect perception? What about emotions? I was obsessed with these questions at that time. The idea of “Body Weather” brought Min and I together. This depicts the pivotal moment where meditations on physical light met the art form of the human body. The project turned out to be a fascinating three years blurring the lines between the object and subject matter of art.
We experimented with various types of light, ambiences and seasons. The locale was broad, ranging from the metropolitan to the natural; Paris, Rome, New York, Iceland, Bordeaux, Tokyo, Kujuu-Kurihama and Akikawa-Keikoku. The motive was to observe how a dancer’s body adapts to outer stimuli, or to rephrase it: a human body reaching into the light with its raw skin and nerve endings.
In Bordeaux, France lie the remains of a U-boat pen built by the Germans in the Second World War. It resembles an enormous vessel covered with chunks of concrete to assure protection against air attacks. Slivers of light and recollection interweave in this vast unmanned space, where a solitary human body entwines with the light.
In June, the season of the midnight sun, we had been endlessly driving through the geothermal areas of Iceland in search of a good place for a photo shoot. Days bled into nights. The sun never went down. The glistening black ground and intense tranquility enclosed on us. The camera clicking and rewinding film were the only sounds accompanying our steps.
Although this work has been nearly abandoned for the past 35 years, today it holds special meaning to the both of us in revisiting our creative starting points.

The Photo book 「Photosynthesis」MIN by KEIICHI TAHARA

Photosynthesis
MIN by Keiichi TAHARA

The release date of the photo book has been confirmed!
On sale starting June 3rd, 2016
The Photo book “Photosynthesis MIN by Keiichi Tahara”
You can make the international purchase from Super Labo website
Please do not miss the chance to acquire your own copy of this precious photo book.


tahara700omote


—————————

Min Tanaka
Trained in classical ballet and modern dance, Tanaka was active as a modern dancer around 1960s. He then came to be skeptical of the culture and the dance “industry” that were class-bound identity, vis-à-vis post-World War II society. In 1974, he started his own activities, and evolved “hyper-dance,” emphasizing psycho-physical unity of the body. In pursuit for his own dance further more, he distanced himself from the dance market in Japan. However at the same time, his expression activities lead to numerous collaborations with intellectuals and visual artists around the world and forged a major cultural impact on the contemporary art and cultural community at that time. His dance in the very early days will be shown in a photobook by the photographer Keiichi Tahara, for the first time long after over 30 years.

Keiichi Tahara
These photos come from multiple photo sessions I conducted between 1978-1980 with the dancer Min Tanaka, exploring the relationship between physical light and the human body.
This project started at the “MA-Space/Time in Japan” Exhibition which took place at the Paris Autumn Festival in October, 1978. Back then, I had been taking pictures for the “Fenêtre” collection. I was 27 and Min was 33.
How does light affect perception? What about emotions? I was obsessed with these questions at that time. The idea of “Body Weather” brought Min and I together. This depicts the pivotal moment where meditations on physical light met the art form of the human body. The project turned out to be a fascinating three years blurring the lines between the object and subject matter of art.
We experimented with various types of light, ambiences and seasons. The locale was broad, ranging from the metropolitan to the natural; Paris, Rome, New York, Iceland, Bordeaux, Tokyo, Kujuu-Kurihama and Akikawa-Keikoku. The motive was to observe how a dancer’s body adapts to outer stimuli, or to rephrase it: a human body reaching into the light with its raw skin and nerve endings.
In Bordeaux, France lie the remains of a U-boat pen built by the Germans in the Second World War. It resembles an enormous vessel covered with chunks of concrete to assure protection against air attacks. Slivers of light and recollection interweave in this vast unmanned space, where a solitary human body entwines with the light.
In June, the season of the midnight sun, we had been endlessly driving through the geothermal areas of Iceland in search of a good place for a photo shoot. Days bled into nights. The sun never went down. The glistening black ground and intense tranquility enclosed on us. The camera clicking and rewinding film were the only sounds accompanying our steps.
Although this work has been nearly abandoned for the past 35 years, today it holds special meaning to the both of us in revisiting our creative starting points.