カテゴリー別アーカイブ: お薦め情報!|Recommended Info!

写真集 ★ 田中泯 × 田原桂一「光合成」

English announcement follows below.
写真集2016年6月3日発売開始!

『光合成』
PHOTOSYNTHESIS 1978-1980
MIN by KEIICHI TAHARA

定価:本体7,500円(税別)
発売日:2016年6月3日
ご注文はこちらから
W21×H28cm 136 ページ
限定1000部
ISBN:978-4-905052-97-5
Published by SUPER LABO




————

田中泯
クラッシックバレエとモダンダンスを学び、1960年代にはモダンダンサーとして活躍。その後 階級的思想と第二次大戦後の世相をそのままに反映した文化、ダンス「業界」に懐疑を抱き始める。1974年、独自の活動を開始、精神―物理の統合体として存在する身体に重点をおいた「ハイパーダンス」を展開させていく。これにより田中は当時の日本のダンス業界から距離をおき、さらに独自の踊りへの追求を深めていく。しかし同時に、この表現活動は日本、そして世界の知識人や美術作家たちとのコラボレーションへと繋がり、当時の現代美術、文化界に衝撃を与えた。その初期の田中泯の踊りが、写真家 田原桂一の写真集により、30年の以上の時を経て初公開される。

田原桂一
1978年から1980年の3年間にかけてダンサー・田中泯氏とともに試みた「光と身体」の関係性についてのフォトセッションである。
1978年10月、パリ・フェスティバル・ドートンヌ(パリ秋季芸術祭) 「日本の『間』展覧会」(会場:ルーブル装飾美術館/プロデュ-ス:磯崎新・武満徹)からこのプロジェクトは始まった。まだパリで「窓」の作品を撮り続けている最中、私が27歳、泯さんが33歳の時だった。光によって、見るという行為やそれに伴う感情が如何に翻弄されるか、そんな事ばかりを考えていた時期であった。「身体気象」という言葉が私たちを結びつけた。まさに光と身体が出会う瞬間である。私の写真行為のなかでこのプロジェクトは「対象」と「主題」が渾然と入り混じった実に不思議な3年間であった。
パリ、ローマ、ニューヨーク、アイスランド、ボルドー、東京、九十九里浜、秋川渓谷等、様々な都市のもと、そして大自然の中、異なった光や大気や季節の中で、ダンサーの身体がどのように反応して行くのか、あるいはただ単に人間の皮膚が神経がその触手を光の中にどのようにのばして行くのか。
フランス・ボルドーに残っている旧ドイツ軍が建造したUボートの潜水艦基地。空爆に耐えられるコンクリートの塊で覆われた巨大な器。複雑な光と記憶が交錯する空間のなかで誰一人観る人もなく光と身体が絡み合っていく。アイスランド、6月、白夜の季節、地熱地帯を昼と夜の境目も定かではなく車で次々と撮影場所を求めて走り回り続けた。沈むことのない太陽、地面は熱を帯びて黒々と光り輝き、静寂だけが我々の周りにあった。シャッターを切る音とフイルムを巻き上げる音だけが、歩を進めて行った。
35年間、何故か放置されていたが、我々二人にとって今まさに原点回帰となる作品である。

————
この貴重な写真集を是非ともご購入ください。
Madada Inc.

Photosynthesis
MIN by Keiichi TAHARA

The release date of the photo book has been confirmed!
On sale starting June 3rd, 2016
The Photo book “Photosynthesis MIN by Keiichi Tahara”
You can make the international purchase from Super Labo website
Please do not miss the chance to acquire your own copy of this precious photo book.


tahara700omote


—————————

Min Tanaka
Trained in classical ballet and modern dance, Tanaka was active as a modern dancer around 1960s. He then came to be skeptical of the culture and the dance “industry” that were class-bound identity, vis-à-vis post-World War II society. In 1974, he started his own activities, and evolved “hyper-dance,” emphasizing psycho-physical unity of the body. In pursuit for his own dance further more, he distanced himself from the dance market in Japan. However at the same time, his expression activities lead to numerous collaborations with intellectuals and visual artists around the world and forged a major cultural impact on the contemporary art and cultural community at that time. His dance in the very early days will be shown in a photobook by the photographer Keiichi Tahara, for the first time long after over 30 years.

Keiichi Tahara
These photos come from multiple photo sessions I conducted between 1978-1980 with the dancer Min Tanaka, exploring the relationship between physical light and the human body.
This project started at the “MA-Space/Time in Japan” Exhibition which took place at the Paris Autumn Festival in October, 1978. Back then, I had been taking pictures for the “Fenêtre” collection. I was 27 and Min was 33.
How does light affect perception? What about emotions? I was obsessed with these questions at that time. The idea of “Body Weather” brought Min and I together. This depicts the pivotal moment where meditations on physical light met the art form of the human body. The project turned out to be a fascinating three years blurring the lines between the object and subject matter of art.
We experimented with various types of light, ambiences and seasons. The locale was broad, ranging from the metropolitan to the natural; Paris, Rome, New York, Iceland, Bordeaux, Tokyo, Kujuu-Kurihama and Akikawa-Keikoku. The motive was to observe how a dancer’s body adapts to outer stimuli, or to rephrase it: a human body reaching into the light with its raw skin and nerve endings.
In Bordeaux, France lie the remains of a U-boat pen built by the Germans in the Second World War. It resembles an enormous vessel covered with chunks of concrete to assure protection against air attacks. Slivers of light and recollection interweave in this vast unmanned space, where a solitary human body entwines with the light.
In June, the season of the midnight sun, we had been endlessly driving through the geothermal areas of Iceland in search of a good place for a photo shoot. Days bled into nights. The sun never went down. The glistening black ground and intense tranquility enclosed on us. The camera clicking and rewinding film were the only sounds accompanying our steps.
Although this work has been nearly abandoned for the past 35 years, today it holds special meaning to the both of us in revisiting our creative starting points.

The Photo book 「Photosynthesis」MIN by KEIICHI TAHARA

Photosynthesis
MIN by Keiichi TAHARA

The release date of the photo book has been confirmed!
On sale starting June 3rd, 2016
The Photo book “Photosynthesis MIN by Keiichi Tahara”
You can make the international purchase from Super Labo website
Please do not miss the chance to acquire your own copy of this precious photo book.


tahara700omote


—————————

Min Tanaka
Trained in classical ballet and modern dance, Tanaka was active as a modern dancer around 1960s. He then came to be skeptical of the culture and the dance “industry” that were class-bound identity, vis-à-vis post-World War II society. In 1974, he started his own activities, and evolved “hyper-dance,” emphasizing psycho-physical unity of the body. In pursuit for his own dance further more, he distanced himself from the dance market in Japan. However at the same time, his expression activities lead to numerous collaborations with intellectuals and visual artists around the world and forged a major cultural impact on the contemporary art and cultural community at that time. His dance in the very early days will be shown in a photobook by the photographer Keiichi Tahara, for the first time long after over 30 years.

Keiichi Tahara
These photos come from multiple photo sessions I conducted between 1978-1980 with the dancer Min Tanaka, exploring the relationship between physical light and the human body.
This project started at the “MA-Space/Time in Japan” Exhibition which took place at the Paris Autumn Festival in October, 1978. Back then, I had been taking pictures for the “Fenêtre” collection. I was 27 and Min was 33.
How does light affect perception? What about emotions? I was obsessed with these questions at that time. The idea of “Body Weather” brought Min and I together. This depicts the pivotal moment where meditations on physical light met the art form of the human body. The project turned out to be a fascinating three years blurring the lines between the object and subject matter of art.
We experimented with various types of light, ambiences and seasons. The locale was broad, ranging from the metropolitan to the natural; Paris, Rome, New York, Iceland, Bordeaux, Tokyo, Kujuu-Kurihama and Akikawa-Keikoku. The motive was to observe how a dancer’s body adapts to outer stimuli, or to rephrase it: a human body reaching into the light with its raw skin and nerve endings.
In Bordeaux, France lie the remains of a U-boat pen built by the Germans in the Second World War. It resembles an enormous vessel covered with chunks of concrete to assure protection against air attacks. Slivers of light and recollection interweave in this vast unmanned space, where a solitary human body entwines with the light.
In June, the season of the midnight sun, we had been endlessly driving through the geothermal areas of Iceland in search of a good place for a photo shoot. Days bled into nights. The sun never went down. The glistening black ground and intense tranquility enclosed on us. The camera clicking and rewinding film were the only sounds accompanying our steps.
Although this work has been nearly abandoned for the past 35 years, today it holds special meaning to the both of us in revisiting our creative starting points.

ポレポレ東中野/4月9日(土)〜29日(金)

映画「無音の叫び声」(2015年/日本/日本語/122分)
2016年4月9日(土)〜4月29日(金)
連日午前10時30分と午後3時10分の2回上映
映画館:ポレポレ坐(ポレポレ東中野) http://www.mmjp.or.jp/pole2/

<スタッフ>
語り:室井 滋  
朗読:田中 泯

監督・構成・編集:原村政樹
撮影:佐藤広一、渡辺智史、原村政樹  
音楽:佐々木良純  
題字・絵画:草苅一夫

企画・製作・配給:映画「無音の叫び声」製作委員会

<コメント>
本当の言葉を僕は大地の生き物から教わった。
無音を解し許しあう世界こそ、人間の言葉だ
― 田中泯(ダンサー)

闘うことで、混乱と苦難をサバイバルしてきた
農民詩人・木村迪夫の言葉は、針路を照らす灯り
として、現在、さらに輝きを増している
― 村上龍(作家)



T0020863q


映画宣伝チラシ ©『無音の叫び声』製作委員会

————–

農民詩人の波乱の半生 映画「無音の叫び声」上映
ひばりタイムス:北嶋孝

山形国際ドキュメンタリー映画祭2015で公式上映された映画「無音の叫び声」が4月9日から東京・東中野の映画館を皮切りに全国各地で上映される。登場するのは木村迪夫さん、79歳。山形県の農家に生まれ、農村の生活革新を進めるかたわら、南方の遺骨収集に参加したり三里塚闘争を記録した小川プロダクションを自宅隣に招いたりした。土と生きた体験を16冊の詩集に表現した農民詩人。その波乱の半生を、映像と語りで記録する2時間余りのドキュメンタリーだ。
 木村さんの生き方には、3度目の召集で戦死した父の不在が大きな影を落としている。小作人の父は農家の跡継ぎ。次男の叔父が戦死したときは、涙をこぼさない「皇国の母」だった祖母が、長男の父が戦死してから「怨念の塊」になって戦を呪った。10年以上、ご詠歌のように嘆きを口にしたという。その祖母の言葉を、木村さんはこう書き留めた。

にほんのひのまる
 なだてあかい
 かえらぬ
 おらがむすこの ちであかい
(「祖母のうた」)

木村さんは農家の長男。中学卒業後、男手のない家族を支えて働いた。そのかたわら県立上山農業高校定時制に通った。仲間と詩誌「雑木林」を創刊。「虫けらのように、言葉も持たず、表現活動をしないで一生を終えるような生活はしたくない。ものを見、発言できる百姓にならなければならないと思った」。この決意が、木村さんを支えた。
 青年団に入って、封建的な農村の生活改革を続け、結婚してからも平和運動や映画、演劇活動にも打ち込んだ。
 やがて高度成長の波が木村さんの住む山形にも及ぶ。プロパンガスが入って炭焼きが廃れ、小型耕耘機の導入で田植えや刈り取りの重労働が軽減され、代わりに牛馬の姿が消える。近隣の次三男は集団就職で郷里を後にする。働き手の父親世代は農閑期、都会へ出稼ぎに出るようになった。
 およそ10年経って転機がやって来た。建設工事現場に小学6年の娘から手紙が届いた。なかに、こう書かれていた。「早く帰ってきてください。お父さんと一緒に勉強がしたいのです」。
 減反も始まっていた。出稼ぎを止めても、農業だけでは食べていけない。始めたのは廃品回収業だった。土地の言葉でいう「ゴミ屋」。家族に相談した。二人の娘は「お父さんは職業に貴賎はないと言ってきたではないか」と言う。ゴーサインだった。買ってほとんど着ることもなく捨てられる衣服。無造作に捨てられる残飯の山…。「このまま行くと、日本は滅びると思ったね」。

このころ村に波紋が広がった。木村さんが千葉県・三里塚でドキュメンタリー映画を作り続けていた小川プロダクションを自宅の隣に招いたのだ。「村の閉塞的な状況を変えたい」という決断だった。家族は大反対だった。しかし間もなく、祖母が大の小川伸介監督のファンになり、妻のシゲ子さんも頻繁に行き来するようになった。小川プロはここに腰を据えて約20年。「ニッポン国古屋敷村」「1000年刻みの日時計」など海外の映画祭でも高い評価を得る作品が生まれた。



c6abbea9eb7bf6b4f09f694dab8d90ad


小川伸介さん(左)、真壁仁さん(右)とともに ©『無音の叫び声』製作委員会

定時制高校時代に創刊した詩誌「雑木林」の仲間、青年団活動から付き合いのある友人たち、山形の農民詩人としていち早く活動していた真壁仁さんらとの交友関係など、幾重ものネットワークが木村さんの活動を後押しした。
 叔父が亡くなった南太平洋のウェーキ島を訪れて、多くの遺骨を収集。父が戦死した中国にも渡った。それらの思いが言葉になり、多くの著作に記録された。現代詩人賞、日本農民文学賞、斎藤茂吉文化賞などを受賞。農村に暮らし、土に根ざした言葉と表現が実った証でもある。



1f2f0fe66af856e961ff6ad75ada7f2e


木村さんの著作 ©『無音の叫び声』製作委員会

監督は原村政樹さん。環境や農業をテーマにした作品を撮り続け、「海女のリャンさん」(2004年)「里山っ子たち」(2008年)「天に栄える村」(2012年)などを発表。東京で3月14日に開かれた最後の試写会で挨拶し、「この映画は昨年10月、山形国際ドキュメンタリー映画祭公式上映作品として世界初上映されました。メーン会場の山形市民会館大ホールが満席となり、1000人を超える観客の拍手で迎えられました。映画の思い、木村さんの思いが伝わったのではないかと思います」と語っていた。

————-

<イベント>
4月10日午前と29日午前にトークイベント開催
原村政樹(本作監督)、佐高信(評論家)をはじめ
中村敦夫(俳優)、松元ヒロ(コメディアン)、高橋悠治(ピアニスト・作曲家)
渡辺えり(女優・劇作家)、などなど数多くの方々がご登壇くださいます。
★いずれも上映後に予定。
オフィシャルサイト「pole pole news」で詳細をご確認ください。
http://www.mmjp.or.jp/pole2/

当日料金 
大人 1700円
シニア・学生 1300円
中高生 1000円

映画「無音の叫び声」公式サイト

<お問い合わせ>
ポレポレ東中野(電話03-3371-0088)

田中泯ナレーション番組のお知らせ

★熊本、他の土地で相次ぐ地震の影響により放送延期★
4/23(土)17:30〜

ドキュメンタリー番組
NEXT 未来のために
「さらば砂防会館 ある官僚が見た戦後政治と公共事業」
NHK G 初回放送:2016年4月16日(土)午後5時30分
NHK G 再放送:2016年4月19日(火)午前1時30分

戦後政治の舞台となってきた砂防会館が閉鎖される。かつて田中角栄氏らが事務所を構え、“権力の館”と呼ばれていく過程で何があったのか?元建設官僚らの証言でたどる。1957年、土砂災害などを防ぐ「砂防」事業推進のために建設された砂防会館。しかしその名は、“角福戦争”と呼ばれる派閥抗争や、政界を揺るがしたロッキード事件などの舞台として知られる。会館の閉鎖を機に、今回、新たな資料が見つかった。そこからは、官僚らが公共事業を拡大するために政治権力に近づく中で、砂防会館が“権力の館”と化していく過程が浮かび上がる。資料と証言で、戦後政治と公共事業の関係に迫る。

http://www4.nhk.or.jp/next-mirai/

ホイットニー美術館

4/14〜4/24
「セシル・テイラー展覧展」

Min Tanaka’s performance at Whitney museum “Cecil Taylor – exhibition”
日本語の掲載は末尾になります

Thursday, April 14
-8 pm Concert: Cecil Taylor, Tony Oxley, and Min Tanaka
*This event is sold out.

Saturday, April 16
-2 pm Conversation: Cecil Taylor and Dance:Cheryl Banks-Smith, Dianne McIntyre, Heather Watts, and Min Tanaka

-5 pm Performance “Locus Focus” Min Tanaka(solo dance)
Floor Five, Neil Bluhm Family Galleries

Sunday, April 17
12 and 4 pm Screening: The Silent Eye (2016)

Wednesday, April 20
-3 pm Poetry and Music: A.B. Spellman; Anne Waldman with Devin Brahja Waldman; Min Tanaka and Tony Oxley

Thursday, April 21
-1 pm Performance “Locus Focus” Min Tanaka(solo dance)
Floor Five, Outdoor Gallery

Friday, April 22
-1 pm Performance “Locus Focus” Min Tanaka(solo dance)
Floor Five, Outdoor Gallery

===============

A Cecil Taylor Retrospective at Whitney Museum
period:14th Apr till 24th Apr



1994


photo:テイラー氏の自宅に壁に貼られた古いポスター/1994年 ニューヨーク グッゲンハイム美術館主催により行った田中泯とのデュオ パフォーマンス

2016年3月30日発刊 NYタイムズ
“The New York Times” By ANDREW R. CHOWMARCH 29, 2016

===============

<日本語表示>

2016年4月14日木曜日
オープニング コンサートイベント
・セシル・テイラー
・トニー オックスレー
・田中泯
チケット要予約
座席:700席(sold out)
料金:50$

2016年4月16日土曜日
トークイベント「セシル・テイラーとダンス」
・チェリル・バンク・スミス
・ダイアン・マッキンタイア
・ヒース・ワッツ
・田中泯
時間:14時

2016年4月16日土曜日
田中泯「場踊り」
場所:展覧会場内のいずれかの場所
時間:17時
料金無料:ホイットニー美術館への入館料に含まれます

2016年4月17日日曜日
上映時間:12時/16時(2回)
初公開 ドキュメンタリーアートフィルム上映
「The Silent Eye」70分
アミエル・クルティン・ウィルソン監督
12時/16時 2回上映 上映後:田中泯と監督によるトーク有り
※2016年1月数日間にわたりセシル・テイラーの自宅で連続プライベートパフォーマンスを行ったセシル・テイラーと田中泯。30年以上の関係にわたり、熟練された前衛的自由な形式を持つ二人の巨大な無言の時間をアミエル・クルティン・ウィルソン監督が記録撮影したもの。

2016年4月20日水曜日
朗読とコンサート イベント
AB・スペルマン
アン・ワルドマンとデヴィン・ブラヒア・ワルドマン
トニー・オックスレー、田中泯
尚、セシル・テイラー氏による朗読は不確定です。

2016年4月21日木曜日
田中泯「場踊り」
場所:展覧会場内のいずれかの場所
時間:13:00
料金無料:ホイットニー美術館への入館料に含まれます

2016年4月22日金曜日
田中泯「場踊り」
場所:展覧会場内のいずれかの場所
時間:13:00
料金無料:ホイットニー美術館への入館料に含まれます

坂本龍一+田中泯 commmons10 イベントにてトーク

2016年4月9日 14:45〜
J-WAVE「RADIO SAKAMOTO」トーク
田中泯 × 坂本龍一

★恵比寿ガーデンプレイスにてトークを行います!

入場券:8,800円 (税込) ※入場時ドリンク代500円
http://commmons10.com/ticket/

イベントタイムテーブルはこちら!
http://commmons10.com/timetable/



original400


58V4592.400

詳しくはオフィシャルサイトをご覧ください。

お問い合わせ
DISK GARAGE 050-5533-0888 (平日12:00~19:00)

映画「蜃気楼の舟」 上映決定!

映画「蜃気楼の舟」2公開決定!!
竹馬靖具長編新作『蜃気楼の舟』
http://www.uplink.co.jp/SHINKIRO_NO_FUNE/
2016年1月30日土曜日 渋谷UPLINK、ほか全国順次公開

カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭 正式出品作品
シンガポール国際映画祭 正式出品作品
予告編映像


12234858_983880131668496_4788159404531550227_n


監督・脚本/竹馬靖具
撮影/佐々木靖之

出演
小水たいが、田中泯、足立智充、小野絢子、竹厚綾、中島朋人、玉井英棋、高野春樹、川瀬陽太、大久保鷹、中西俊博、北見敏之、三谷昇

プロデューサー/汐田海平
製作/chiyuw
=========================================

<関連イベント>
2015.11.28 (土)
緊急開催!横浜 ALC CINEMA
『今、僕は』上映+安川有果監督(『Dressing Up』)トーク

2015.11.23 (月)
『蜃気楼の舟』竹馬靖具監督 ×『さようなら』深田晃司監督 コラボイベント

2015.11.22 (日)
赤坂蚤の市に『蜃気楼の舟』ブース出展

2015.11.18 (水)
「アレ★アレ★シネマトーク」 映画監督:竹馬靖具 ゲスト出演

神戸 講演☆田中泯「場踊り」11月14日 15時

田中泯 神戸公演
「踊り? たかが一個のカラダなのよ!」

「踊りの力―見ること、求めること、語ること」
対談:田中泯+市田良彦(映像記録上映後)

撮影+編集
石原淋
岩井主税

日時:11月14日 15時 終演18時頃 
場所:御影公会堂 和室
御影公会堂オフィシャルサイト
交通:阪神本線石屋川駅から徒歩3分
   JR神戸線「六甲道」駅より市バス16・36系統、「御影公会堂前」下車すぐ
   JR神戸線「六甲道」駅から徒歩15分
   JR神戸線「住吉」駅から徒歩10分
   阪急神戸線「六甲」駅より市バス16・36系統、「御影公会堂前」下車すぐ
料金:3000円(要予約/限定100名)
ご予約はこちらから
・振込の確認をもって、予約成立とさせていただきます。

<実行委員会挨拶文>
田中泯さんが久々に神戸にやってきます! 踊る場所は、西宮市北部の六甲山渓に位置する越木岩神社。周囲40メートル、高さ10メートルの花崗岩の大石——酒米を蒸すときに使う道具「甑」(こしき)に似ていることから「甑岩」と名付けられました——をご神体とする神社です。この「甑岩」以外にも、神社の周囲には「磐座」(いわくら)と呼ばれる日本の古神道において信仰対象となった岩が点在しています。日本各地に取り壊されていく場所は数多くありますが、この神社隣地の「磐座」もその一つです。
 
今回の「場踊り」では、ご神体としての「甑岩」のみならず、人々の生きる時間が重層的に流れる一帯&一体の場所を——「場所で」ではなくこの「場所を」——田中泯さんに踊っていただきたいと私たちは夢見ました。8月末日、この場所に田中泯さんに実際にお越しいただき、この度のイベントが実現することになりました。
 
「たった『一個のカラダ』が場所に向き合うことからはじまる踊り」を、公演(ショー)という形ではなく、より純粋にこの場所を感じていただくため非公開で行います。先鋭な撮影スタッフによりこの場踊りを記録のうえ、映像を編集し、ご本人に監修していただきます。そして、みなさまをお招きし、映像上映に加え、田中泯さんご本人とゲストに市田良彦さん(神戸大学教授、社会思想史/哲学)をお迎えし、トークを交えていつもとは少し違う「場踊り」を開催させていただきたいと思います。
 
風の気配が聞こえなくても、温度や湿度または苔の匂い、木々の影のぬくもりが、実際のものでなくても、私たちは何かを発見できると期待しております。
 
私たちは、なにを「求めて」踊りを「見る」のでしょう。カラダはなにを「求めて」踊るのでしょう。それについて「語る」とはどういうことでしょう。田中泯さんは、「すべてカラダからでしょ」とおしゃっていました。確かに、私たちは生まれた瞬間、自分のいちばん最初の環境であるカラダと向き合います。そこから、なにもかもはじまっていると思えます。分かりやすい「答え」があるとは思っていません。しかし、この機会はきっと、それぞれの人のカラダになにかを残してくれる貴重な時間になると確信しております。


koube.omote.700

【お問い合わせ先】
MAIL:kobekouen2015@gmail.com
FAX:078-392-2880
TEL:090-7881-3651(山本)

PARCO劇場公演のご案内

2015年10月26日 (月) 19:00〜
2015年10月27日 (火) 19:00〜


phrasey dance
影向
yowgow

田中泯+松岡正剛/PARCO

演出:田中泯 脚本:松岡正剛 衣装:山本耀司/Yohj i Yamamoto
出演:田中泯・松岡正剛・宮沢りえ・石原淋 

舞台監督:北條孝(NIKE STAGE WORKS)
装置:鈴木啓志
音響:村上史郎
照明:アミ


chirashi7ol.350


広報デザイン:内藤久幹・細川華世

企画制作:株式会社パルコ・松岡正剛事務所・Madada Inc.
協力:株式会社ヨウジヤマモト・エバレットブラウン・株式会社大直、ほか

会場:パルコ劇場(渋谷PARCO part1 9F) 
PARCOオフィシャルサイト
チケット:入場料金¥10,000(全席指定・税込)

——————————
松岡最新情報は「セイゴオちゃんねる」

コトバカラダ・カラダコトバ・コトバノカラダ・カラダガコトバ……。
精神も存在も、男も女も、恋も戦争も、日本も世界も、連歌し乱舞する。
田中泯と松岡正剛による一触即発・同時多発な、
二夜連続ダンス&トークパフォーマンス。


4Cast.NO4-3.350

山形国際ドキュメンタリー映画祭/舞台挨拶

長編記録映画「無音の叫び声」農民詩人 木村迪夫の新・牧野物語

2015年10月12日 
『無音の叫び声』監督:原村政樹/2015/122分
映画初上映終
トークショー(上映了後) 
ゲスト:木村迪夫(主演)、田中泯(ダンサー:映像内朗読出演)、原村政樹(監督)
山形国際ドキュメンタリー映画祭2015


66518780-436a-4fef-83da-aee63b27571a


★本イベントは終了いたしました。たくさんのご来場をありがとうございました。Madada Inc.★


12079589_1028648710499486_2245304886678346339_n


2014年10月14日山形新聞掲載

早稲田大学演劇博物館 連続パフォーマンス講座 第1回

★満員御礼★

連続パフォーマンス講座 第1回
お問い合わせは早稲田演劇博物館へ


waseda.700


田中泯 「場踊り」
日時:2015年10月10日(土)17:00~18:00
場所:演劇博物館
定員:40名 ★事前申込制/先着順 ★参加費無料
申込方法:9月10日(木)10:00よりこのページにて受付開始!

アフタートーク
出演:田中泯×中沢新一(思想家・人類学者・明治大学特任教授)
日時:2015年10月10日(土)19:00~20:00(開場18:30)
場所:早稲田大学小野記念講堂
定員:200名 ★事前申込制/先着順 参加無料
申込方法:9月10日(木)10:00よりこのページにて受付開始!

映画「蜃気楼の舟」

<カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭のご報告>

第50回カルロヴィ・ヴァリ国際映画祭において、映画「蜃気楼の舟」はフォーラム・オブ・インディペンデント・コンペティション部門に選出され2015年7月9日と7月10日に、2度上映を行いました。残念ながら賞は逃しましたが、たくさんの映画関係者に評価され、愛された作品です。日本公開は今年の冬を予定しております。


499-the-ark-in-the-mirage

390376_284756838247499_221923042_n

306852_400047586718423_1806607129_n


[The Ark in the Mirage]
Japan/2015,99min

9/7(Thursday) 15:30 at Small Hall
10/7(Friday) 10:00 at Cas Cinema

A gang of young hoodlums preys on vulnerable elderly people, isolating them in undignified circumstances and stealing the bulk of their retirement money. But after the arrival of a new mark, played by renowned Japanese dancer Min Tanaka, one of the thugs begins to question his conscience and sets out to explore his past and discover who he really is.

Synopsis

After director Yasutomo Chikuma moved from a small town to Tokyo, dreams and ambitions abandoned him, and he was hit by a longing for home. With this feeling of rootlessness he launched into a career as a filmmaker, and with an inner desire for authentic emotions he created a film about old people at the mercy of a gang of extortionists. They force homeless old men to live in demeaning shacks and then rob them of the bulk of their retirement checks. But however flush the thugs become, they appear just as desperate and sad as the old-timers whose lives they inhibit. The arrival of a new “tenant” (played by renowned dancer Min Tanaka) changes things, however, and this change is reflected in the style of the film. The poignant social drama takes on a meditative aspect that offers insight into the souls of people who only recently seemed lost in the void. The mood of the film changes in a similar fashion: from initial skepticism and brutality to the revelation that within each of us lies a sensitivity that brings hope for a better future.
Viktor Palák

About the director:Yasutomo Chikuma
Yasutomo Chikuma (b. 1983) is a Japanese director who started out as an actor (in 2004). He debuted in features in 2009 with Now I (Ima boku wa), which was picked up for Japanese distribution and presented at festivals both domestic and foreign. In 2001 he wrote the script for a medium-length film that screened at Locarno entitled Ninifuni (dir. Tetsuya Mariko). The Ark in the Mirage is his second feature film.

About the film

COLOR, DCP
World premiere

Section:Forum of Independents – Competition

Director:Yasutomo Chikuma
Screenplay:Yasutomo Chikuma
Dir. of Photography:Yasuyuki Sasaki
Music:Toshihiro Nakanishi
Editor: Azusa Yamazaki, Yasutomo Chikuma
Art Director:Masumi Miura, Noriaki Ushimaru
Producer:Yasutomo Chikuma, Kaihei Shiota
Production:chiyuwfilm
Cast:Taiga Komizu, Min Tanaka, Tomomitsu Adachi, Ayako Ono, Noboru Mitani, Aya Takekou
Sales:Uplink Co.

田中泯 独踊 ひかりかげ 場踊り



kgoshima.min.solo


主催者よりコメント
多方面でご活躍中のダンサー田中泯さんの公演が下記の通り開催されます。
たくさんのご来場を是非お待ちしております。
☆参加ご希望の方は事前の申し込みを必ずお願い申し上げます。

【十勝公演】★☆★完売御礼!★☆★
日時 2015年6月22日 19:00開演 (18:15開場)

場所 旧鎮錬小学校体育館 (Map)
料金 3000円(前売り、当日共)
   ★☆★定員200名、満席になりました。★☆★
<チケット予約・問い合わせ先>
高野ランドスケープ:0155-42-3181
象設計集団:0155-30-4000
勝毎サロン:0155-27-0077
主催:十勝サーカス
協力:株式会社Madada
—————————————-

【札幌公演】
日時 2015年6月25日 19:00開演 (18:15開場)

場所 苗穂会館4階(Map)
料金 3000円(前売り、当日共)
   ☆定員200名、満席になり次第打ち切らせて頂きます。
<チケット予約・問い合わせ先>
森商店:011-231-1624(10:00〜18:00) 
カイバルバー:090-1388-0077(18:00〜22:00)
主催:田中泯苗穂公演実行委員会
協力:株式会社Madada


tokati.min.soko

田中泯独舞 劇場公演 決定!

2014年11月29日(土)

ダンサー田中泯ただ今旅行中
『脱衣浮雲』

インドネシアの島々を訪ね踊って確信を得た「場踊り」も年を重ね10年を数えます。旅をし、場を発見し学び、その場の踊りを見つけて行く、踊り行とも称べるかもしれません。正直=自然=子供のような夢=価値の自問自答を繰り返しています。やや敬遠気味であった、劇場空間に久方ぶりに立ち寄ってみようと思い立ちました。建築物の内側に僕のカラダがどんな空気を携えていけるのか、わかりませんが、正直なカラダのダンスを未知の人々にさらすことは願っても無いことかと思います。                           
田中泯

踊り 田中泯
照明 田中あみ 音響 石原淋
会場:キラリふじみ メインホール

<お問合せ> 
富士見市民文化会館キラリふじみ 
電話:049-268-7788
主催 公益財団法人キラリ財団

映画上映『ほかいびと〜伊那の井月』

富士見市民文化会館「キラリ☆ふじみ」オフィシャルサイト告知情報

————————————–
井上井月の映画を上映いたします!
11月にキラリふじみで公演する
ダンサー田中泯 ただいま旅中『脱衣浮雲』
の関連企画です!。

上映日時 10月19日(日)14:00
会場 富士見市民文化会館キラリふじみ マルチホール
料金1,000円(「脱衣浮雲」公演チケット同時購入の方は500円)
チケット申込&詳細
お問合せ 富士見市民文化会館キラリふじみ 049-268-7788

【あらまし】
幕末から明治中頃にかけて伊那谷を放浪した井上井月。
井月愛好の伊那人が80年かけて集めた1800の句、逸話、日記の断片、聞き書きをもとに、
井月の謎が明らかになる。
主演:田中泯/語り:樹木希林/音楽:一柳慧/監督:北村皆雄

【お問い合わせ】
お問合せ 富士見市民文化会館キラリふじみ 049-268-7788
主催:公益財団法人キラリ財団

主催plan-B 8/29 石原淋 「続・続『野をさがす』」

2014年8月29日【金】
石原淋 ソロダンス
続・続『野をさがす』

開演20:00(開場15分前)

演出・振付:田中泯
出演:石原淋
   (応援:野中浩一)
音:村上史郎
照明:田中あみ
舞台:森純平

料金:2500円
会場:plan-B


RIN700


Aug 29th , 2014 Friday
Rin Ishihara solo dance
“Seeking in the Wilderness”

Choreographed and directed by Min Tanaka
Dance:Rin Ishihara
Support:Koichi Nonaka)
Sound:Shiro Murakami
Light:Ami Tanaka
stage design:Junpei Mori

20:00start/ 19:45open/ Fee ¥2500

<plan-B>★入り口は中野通り沿い
〒164-0013東京都中野区弥生町4−26−20モナーク中野B1
TEL03-3384-2051(当日の道案内のみ)

ご予約/お問い合わせ 
alternative.space.planB.1981@gmail.com
http://i10x.com/planb/contactus ご予約フォーム
plan-Bオフィシャルサイトhttp://i10x.com/planb/

RESERVATIONS & CONTACTS 
alternative.space.planB.1981@gmail.com
http://i10x.com/planb/contactus [Reservation form]
plan-B official Web Site http://i10x.com/planb/

田中泯 ソロ公演 富士見市民文化会館「キラリ☆ふじみ」

富士見市民文化会館「キラリ☆ふじみ」オフィシャルサイト告知内容
————————————

田中泯 ソロ公演
「脱衣浮雲」

【日時】
2014年11月29日(土) 18:00開演 
・受付は開演の60分前 
・開場は開演の30分前


datuiukigumo.500


【会場】
キラリふじみ、メインホール

【チケット料金】
全席自由・整理番号付
一般 3,500円 ペア6,500円
※未就学児のご入場はご遠慮ください。

【チケット取扱】
キラリふじみ 049-268-7788
http://www.kirari-fujimi.com (オンライン予約あり)

【保育サービス】
小さなお子様を開場時間より終演までお預かりします。
対象 1歳以上未就学児 定員 5名(申込順)  料金 500円
申込締切:11月22日(土)

【交通のご案内】
池袋より東武東上線準急で28分。
「鶴瀬」駅東口より、タクシー8分、徒歩20分。富士見市役所隣。
・市内循環バス(有料170円)  鶴瀬駅東口 17:30発
・臨時バス(有料170円)  みずほ台駅東口 17:10発
※乗車時間は各駅より約10〜15分です。
※終演後、鶴瀬駅行き臨時バスがあります。
※無料駐車場がありますが、会館周辺道路の整備工事のため、台数に制限があります。

【お問合せ】
富士見市民文化会館キラリふじみ
〒354-0021 埼玉県富士見市大字鶴馬1803-1
tel 049-268-7788
http://www.kirari-fujimi.com
主催 公益財団法人キラリ財団
平成26年度文化庁 劇場・音楽堂等活性化事業

★ブレスパッセージ 2014 ★

今年もブレスパッセージ行います
2014年は、日本各地、10カ所!!
★Look at the next topic about the English information

『Breath Passage 2014』
田中泯(dance)+姜泰煥(alto sax)+中村達也(drums)
————————————————–
ゲスト
ジム・オルーク(guitar/etc)
大友良英(guitar÷etc)
山本精一(guitar/etc) 


妙なる調べは空と水打つところ、
時に迦陵頻迦となって火の輪をくぐり、
時に竜神となって海原を走る。
今、産土の地に立って。さなぶりを捧げる産子となる。
ガレキの中から<土>を取り分け<土>を盛る。
再生の<土>を盛る。



hiroshima2-14.5.27-450


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

5/16(金)開場18:00/開演19:00
「高麗郡建郡1300年記念事業」

会場:埼玉県日高市・高麗神社
〒350-1243埼玉県日高市新堀833

プログラム
開幕演武:テコンドーファラン朴武館
師範・朴禎賢(ルピ、パクチョンヒョン)

ブレスパッセージ2014
出演:田中泯、姜泰煥、大友良英、中村達也

入場料:無料
注意:雨天決行となりますので、雨天時は雨具をご用意下さい。
協力:高麗若光の会
主催:高麗神社

<お問合せ>
高麗神社社務所 Tel:042-989-1403
★JR川越線・八高線・高麗川駅下車、徒歩20分、タクシー5分。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

5/18(日)開場18:30/開演19:30
会場:筑波・つくばカピオホール

〒茨城県つくば市竹園1-10-1
Tel:029-851-2886

出演:田中泯、姜泰煥、中村達也、大友良英(ゲスト)

入場料(全席自由席)
    前売り¥3500、当日¥4000
    学生・障がい者¥2500

<予約・お問合せ>
芸術文化振興NPO準備委員会(野口)
Tel 090-8580-1288
http://artnpo.exblog.jp/

★TXエクスプレス つくば駅下車、徒歩5分。 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

5/23(金)開場18:30/開演19:00
会場:京都・同志社大学寒梅館ハーディーホール

〒602-0023京都市上京区御所八幡町103

出演:田中泯、姜泰煥、山本精一、中村達也

入場料:前売り¥3500、当日¥4000

<予約・お問合せ>
アクティーブKEI
Tel 075-255-6586
concert.yoyaku@gmail.com

P-hour(協力)
p-hour@leto.eonet.ne.jp

<チケット販売>
ローソンチケット 0750-084-005(Lコード59094)

<主催・お問合せ>
同志社大学今出川校地学生支援課
Tel 075-251-3270
ji-gakse@mail.doshisha.ac.jp

★地下鉄今出川駅下車、2番出口より北へ60m。
駐車場はありませんので公共機関をご利用下さい。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

5/24(土)開場15:30/開演16:00
会場:淡路島・洲本市文化体育館

〒656-0021兵庫県洲本市塩屋1-1-17
Tel 0799-25-3321

出演:田中泯、姜泰煥、山本精一

入場料:前売り¥2000、当日¥2500

主催:淡路島ブレスパッセージ2014実行委員会
〒656-0021兵庫県洲本市本町8-4-11

<予約・お問合せ>
山口久仁子 
Tel 090-7343-2064

★三ノ宮、舞子より高速バスにて、
周辺よりバスにて「洲本バスセンター」下車徒歩5分

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

5/26(月)開場19:00/開演19:30
会場:東京デザインセンター・ガレリアホール

〒141-0022品川区東五反田5-25-19

出演:田中泯、姜泰煥、ジム・オルーク、中村達也、

入場料:前売り¥3800、当日¥4300

<共催問合せ>
東京デザインセンター
Tel 03-3445-1126
http://www.design-center.co.jp

<予約・お問合せ>
ビグトリィ
Tel 03-3419-6261
bigtory@mba.ocn.ne.jp

<チケット予約>
ローソンチケット 0570-084-003(Lコード:75801)
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:229-169)
e+(イープラス)

協力:HOT STUFF PROMOTION
★JR五反田駅東口より徒歩2分、
★東急池上線五反田駅より徒歩3分、
★都営浅草線五反田[ 駅A7出口正面 ]  

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

5/27(火)広島・饒津神社境内
開場18:00 /開演18:45(ライブ19:15)

会場:饒津神社
〒732-0057広島市東区二葉の里2-6-34境内 

出演
田中泯(dance)
姜泰煥(alto sax)
Jim O’Rouke(guitar・etc)
中村達也(drums)

—————————
上田宗篁(上田宗箇流・若宗匠)
コール・ビビッド&安田女子大学合唱研究会Vivid Nova

妙なる調べは、空と水打つところ、
時に迦陵頻伽となって火の輪をくぐり、時に竜神となって海原を走り、
今、産土(うぶすな)の地に立って、さなぶりを捧げる産子となる。
浅野入城400年祭、被爆70年忌に向う序章として、
<ヒロシマの土>を盛る。ヒロシマに続く<再生の土>を盛る。

企画構成:ビグトリィ/大木雄高
舞台監督:小川静夫(バーディーステージ)
音響・照明:篠本照明

料金:前売¥3500、当日¥4000

<チケット販売>
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード229・038)=発券4/5
ローソンチケット 0570-084-006(Lコード62207)=発券4/1

<予約・お問い合せ>
オリエンタルデザインギャラリー
Tel 082-240-9463 (11:00~20:00)
gallery@oriental-hiroshima.com

<企画制作・お問い合せ>
ビグトリィ
Tel 03-3419-6261
bigtory@mba.ocn.ne.jp

協力:饒津神社、(公財)上田流和風堂 
特別協賛:オリエンタルホテル広島
後援:広島市、広島市教育委員会、広島市未来都市創造財団、
   中国新聞社、中国放送、広島エフエム放送、ひろしまケーブルテレビ

主催:川の町でミーティング実行委員会
〒広島市中区田中町6-10

☆雨天決行となりますので、雨天時は雨具をご用意ください。
☆収益金の一部は広島市を通じて被爆者援護の充実のために寄付いたします。
☆お車でお越しの際は近隣の有料駐車場をご利用いただくか、
 公共交通機関をご利用ください。

★JR広島駅新幹線口(北口)より徒歩15分

★JR広島駅新幹線口(北口)広電バス
「27番」のりば5号線(牛田方面)「饒津(にぎつ)」停留所より徒歩1分

★「福屋エールエールA館前」のりば饒津(にぎつ)
 経由・矢口ヶ丘・高陽台・深川台系統
「饒津(にぎつ)」 停留所より徒歩1分

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

5/29(木)開場18:30/開演19:00
会場:福山鞆の浦・太田家住宅<重要文化財指定>

〒720-0201福山市広島県福山市鞆町鞆842
Tel 084-982-3553

出演:田中泯、姜泰煥、中村達也

入場料:¥3000/当日¥3500

協賛:一般財団法人・義倉
主催:太田家住宅を守る会

<予約・お問合せ>
保命酒
Tel 084-970-5374
info@tomonoura.jp

★JR福山駅より鞆鉄バスにて30分、鞆の浦で下車

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

5/30(金)時間:開場18:30/開演19:00
会場:甲府・桜座

〒400-0032山梨県甲府市中央1-1-7

出演:田中泯、姜泰煥、中村達也

入場料:前売り¥3500/当日¥4000

<予約・お問合せ>
桜座
Tel 055-233-2031
kofu@sakuraza.jp
http://sakuraza.jp/

★電車:JR甲府駅下車、徒歩12分。
★車:中央自動車道 [甲府南インター] から平和通り、山梨県庁方面へ。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

5/31(土)時間:開場18:30/開演19:30
会場:静岡袋井・樂土舍

〒473-0032静岡県袋井市豊沢字南方、JA茶ピア北側

出演:田中泯、姜泰煥、大友良英、中村達也

入場料:前売り ¥3800/当日 ¥4300
駐車場:JA茶ピア 
★カーナビ検索:茶ピア(0538-44-1900)

<前売りチケット入手方法>
郵便振替(00810-3-80219 樂土舎)

<予約・お問合せ>
樂土舎
Tel 090-6769-1621
Fax 0583-42-0567
rakudo@ck.tnc.ne.jp
http://www.rakudosha.com

主催:樂土の森アートプロジェクト

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

6/1 (日)時間:開場:15:30/開演:16:00
会場:新潟新発田・千光寺

〒957-0021新潟県新発田市五十公野5021
Tel 0254-23-1759

出演:田中泯・姜泰煥 デュオ

入場料:¥3000
予約のみ50人

<予約・お問合せ>
阿部聡 090-2733-3568
アミックス 025-234-6645

★JR「新発田駅」からタクシー10分
(駐車場35台、要予約、先着準)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
ブレスパッセージ2014 5/27(火)広島・饒津神社境内のチラシ

3月15日(土)/3月16日(日) @plan-B

<提携plan-B>
私の子供=舞踊団 ソロシリーズ『イマダンス』

***************************
私の子供=舞踊団とは…
富士見市民文化会館キラリふじみとダンサー田中泯がともに思案し、2011年に公募・オーディションで集まった参加者とともに活動を開始。一人ひとりの中に存在するであろう「オドリ」について、真剣に考える時間を共有し稽古を重ねる「キラリふじみ」に所属する舞踊団。キラリふじみでは、年に一度の大舞台も決行している。2013年、3年目に入りplan-B提携として、舞踊団の中から選抜、ソロ公演をplan-Bで継続する試み、演出・構成を田中泯が担う。

富士見市民文化会館キラリふじみ
2002年開館。埼玉県富士見市の公立劇場。地域に根付いた劇場として、市民の文化的財産となる「レパートリーの創造・上演」、芸術との出会いに繋がる「広場」の創出を目標として掲げ、活動を展開しています。
***************************

日時
2014年3月15日(土)19:00開演
振付・出演 池島敏行 浦壁詔一 黒田真史
2014年3月16日(日)19:00開演
振付・出演 安奈 岸田圭介 瀬口健作 
☆各回、開場は開演の15分前より。

予約2,000円  当日2,500円

ご予約はこちらから
☆予約完了後のキャンセルはキャンセル料が発生します。
☆キラリふじみでの取扱はございません。


imadance.400.omote


構成・演出 田中泯
振付・出演 安奈 池嶋敏行 浦壁詔一 岸田圭介 黒田真史 瀬口健作
照明 田中あみ
音響 石原淋
制作 都築彩☆ 
プロデューサー 松井憲太郎☆
☆富士見市民文化会館キラリふじみ
企画・製作 富士見市民文化会館キラリふじみ
サポートスタッフ 私の子供=舞踊団

主催 公益財団法人キラリ財団 
平成25年度文化庁 劇場・音楽堂等活性化事業

お問合せ
富士見市民文化会館キラリふじみ 
tel 049-268-7788
〒354-0021 埼玉県富士見市大字鶴馬1803-1

2014年1月 清水寛二(能楽師)+田中泯!


1月30日【木】20時/1月31日【金】20時/2月1日【土】17時

田中泯 演出・構成
清水寛二(能楽師)ソロパフォーマンス


『清水寛二・音盗りオドリ「カラダハコレカラダ」』

身体はこれからだ!一個の細胞も「私」。これに耐えられるかだ!

照明:田中あみ
音響:西原尚

料金 各日2500円(3日間連続料金 5000円)

予約はこちらから(plan-Bオフィシャルサイト)
来年、2014年1月、plan-Bにて!
田中泯がどう能楽師のカラダに立ち向かい、
清水寛二はどう田中泯に答えるか、主催plan-B初めての試みです。
是非ともたくさんのご来場をお待ちしております。
これば、演劇、舞、ダンス、さあ、わかりません…カラダなのです。
<主催plan-B>
 


shimizu.omote.2014.400


観世流シテ方
公益社団法人銕仙会理事
沖縄県立芸術大学非常勤講師
1953年奈良県生まれ。早稲田大学教育学部卒。
早稲田大学在学中に山本順之の指導を受け、銕仙会に入門。
故観世寿夫、故八世観世銕之丞、九世観世銕之丞に師事する。
西村高夫と共宰の「響の会」、銕仙会公演などで古典曲の上演を続ける一方、
故多田富雄氏作の新作能 『一石仙人』『沖縄残月記』『長崎の聖母』などの演出、シテをつとめる。
現代劇、ダンスなど他の表現分野との共同舞台や、
琉球の組踊、中国の昆劇、インドのクーリヤッタムなど、
他の伝統芸能と共同での舞台作りにも取り組んでいる。



photo_profile

 

映画「 永遠の0」大ヒット御礼 舞台挨拶決定!

2014年1月16日(木)
10:00の回上映終了後、14:10の回上映前、
TOHOシネマズ 六本木ヒルズにて大ヒット御礼舞台挨拶を行います。

舞台挨拶観覧ご希望の方は、下記の概要、注意事項などをよくご確認の上、
当該上映回のチケットをご購入くださいませ。

詳しくは公式サイトをご覧ください。
永遠の0公式サイト

☆田中泯 登壇予定

田中泯+松岡正剛 書籍発売中

春秋社のオフィシャルサイトより

『意身伝心』ーコトバとカラダのお作法ー 
Conscious Body, Contagious Mind』

2013年8月14日(水)『意身伝心』刊行記念イベントを行います。
☆詳しくは下記スケジュール8月14日の覧をご確認ください。


ishindenshin_cover250


圧倒的な身体を持つ表現者(ダンサー)と、知の方法を開拓し続ける表現者(エディター)。二人は“才能”をどのように育んできたか。その過程がはじめて明らかになる。あらゆる頁にヒントが凝縮された、クリエイター必携の秘伝書。

★田中泯 
前進とか進化とかいうコトバは怪しい。
前に行くことだけを前進と呼んでいいのか?

★松岡正剛—
一番大事なことは遅らせる。
遅延させることによって、
多義性に達することができる。  

【著 者】田中泯+松岡正剛
【体 裁】四六判並製カバー装/総頁392頁/定価(本体1900円+税)
【刊行日】2013年7月29日(予定)
【ISBN】978-4-393-33321-1

Amazonご注文

<帯掲載文より>
絶対自由のための稽古五箇条
一、一人遊びする
一、多自己を発見する
一、ぜんぶ真似する
一、片思いする
一、礼節をもって習う

発行 春秋社
〒101-0021 東京都千代田区外神田2-18-6
TEL03-3255-9611 FAX03-3253-1384

2013年7月29日発売開始

田中泯「場踊り」/平間至 写真集 発売中

平間至が2008年より撮り続けている舞踊家・田中泯の「場踊り」の作品を軸に、近作の風景写真を織り交ぜて構成されています。東日本大震災の前後数年にわたり撮影されたこれらの写真群は、平間の写真家としての姿勢の変化も写し出しながら、次のステージへと新境地を開く重要な作品となりました。(オフィシャル/プレゼンテーションより抜粋)
平間至オフィシャルサイト

■ 書籍詳細
Last Movement –最終の身振りへ向けて−Ⅰ
Last Movement –最終の身振りへ向けて−Ⅱ

写真:平間至
オドリ:田中泯
文章:清水博

装丁:内藤久幹、細川華世
編集:菊田樹子、桐谷麗了子(写真構成)
協力:株式会社Madada、石原淋、山口源兵衛
翻訳:パメラ・ミキ
発行元:株式会社 博進堂
販売元:株式会社 窓社
貢数:各40貢
収録図数:各約18点
版型:B5変型 上製本
発行部数:各1,000部
定価:2,625円
2013年7月15日発売

======================
July 15, 2013 release!!

Min Tanaka and Hirama Itaru(photographer)
Collaboration / photo book

The photo book details
“It is -I for gesture of the Last Movement– last”
“It is -II for gesture of the Last Movement– last”

photographer: Itaru Hirama
Dance: Min Tanaka
Statement: Hiroshi Shimizu

binding: Hisamoto Naito, Hanayo Hosokawa
editing: kiko Kikuta, Reiko Kiritani (photograph constitution)
Cooperation: Madada Inc., Rin Ishihara, Genbei Yamaguchi
translation: Pamela Miki
An origin of publication: Hakushin-Dou Inc.
40 pages
prices: 2, 625 yen

Rin Ishihara Activity of Dace Choreography

石原淋 活動/振付
「The Weekend」最新シングル『Belong To The World』(2013年7月発売)
ミュージックビデオ(PV)の振付を行いました。

—————————

The Weeknd – Belong To The World
You Tube

Music video by The Weeknd performing Belong To The World. © 2013: The Weeknd XO, Inc., under exclusive license to Republic Records, a division of UMG Recordings, Inc.

ARTIST:The Weeknd
official site

Dance performance for Diva:Ayumu Minakawa
Dance performance for gods of the guards:Dairakudakan
Dace Choreography:Rin Ishihara

——————-

Director:Anthony MANDLER
Director of Photography:Malik SAYEED

Management:XO Management
Record Label:Republic Records
Music Video Commissioner:Kate MILLER
Production Co.:BLACK HAND CINEMA
Executive Producer:Heather HELLER

Japan/Production Service Co.:TWENTY FIRST CITY INC.

今井和雄Kazuo Imai ×田中泯Min Tanaka

2013年10月26日

plan-B 30年記念企画  
デュオ「つまりひとりからだから」

Duo Performance“After All It Begins from One-Person…”
今井和雄Kazuo Imai (sound)×田中泯Min Tanaka(dance)

★久しぶりのデュオ決定!!この機会をお見逃しなく★

☆開演18:00/(受付開始15分前より)  
☆料金3000円/キャンセル不可

18:00 pm on Oct 26th, 2013 
Please advance to make reservations.
Seats are limited. 
Box office opens 15 min.
prior to the show open.

2013年8月14日(水)『意身伝心』刊行記念イベント

春秋社オフィシャルインフォメーションより

『意身伝心』/刊行記念イベント
田中 泯×松岡正剛 トーク+サイン会



DSC1127-3


圧倒的な身体をもつダンサーと知の方法を開拓し続けるエディター。 同時代生まれ、同世代の二人が、これまで何を見て・何を考え・何に触れてきたのか。長期間にわたる濃密な時間を交わし「編集」することで、その核心がついに明らかになった秘伝書、『意身伝心』。

「言葉と身体は一緒くたに発達してきたものだった。
その発達のなかに矛盾と葛藤と予想と構想がひそんできた」(松岡正剛)

と語られるように、言葉にはたくさんのカラダが紛れこみ、カラダはつねにコトバに晒されている。しかし、言葉と身体が引きちぎられるように離ればなれになってしまっている現代、表現者はその両者をどのように獲得することができるのだろうか。

かつての、若きクリエーターと真っ正面から向き合った「遊塾」、海外からも参加希望者が押し寄せた「舞塾」といった数々のワークショップ、そして今なお更新され続けるさまざまな稽古法(エクササイズ)から見えてくる、煮詰まった現状から「脱皮」する方法とは。

70年代に「ハイパーダンス・プロジェクション1824時間」で共に日本全国を踊り歩き、82年にはスーザン・ソンタグへのプレゼンテーション、また伝説の雑誌『遊』誌上での共同戦線など数々のコラボレーションを積み重ねてきた二人が、表現の奥に眠る、全生命・全宇宙的な「存在感」について徹底的に語る。

【出演者紹介】 
田中泯(Min Tanaka)
1945年、東京中野区生まれ。クラシック・バレエとモダンダンスを学び、66年からソロダンス活動開始。「ハイパーダンス」と称して新たな踊りのスタイルを発展させる。78年パリ秋芸術際「日本の間」展で海外デビュー。85年山梨県の農村に移住、農業生活を開始。97年伝統芸能・民俗芸能に焦点をあて「舞踊資源研究所」を設立。 その後も意欲的に踊り続け「場踊り(Locus Focus)」を展開。2008年より、ダンサーとしての経験を生かし、国内外を問わず多数の映像作品に出演。現在も土方巽に私淑。著書『僕はずっと裸だった』。

松岡正剛(Seigow Matsuoka)
1944年、京都市生まれ。71年工作舎設立、総合雑誌『遊』を創刊、87年編集工学研究所を設立。多様なディア企画・制作に携わるとともに、情報文化と日本文化を重ねる研究開発プロジェクトを展開。2000年インターネット上に「イシス編集学校」を開校、ブックナビゲーション「千夜千冊」の連載を開始、現在1500夜を突破しなおも更新中。おもな著書は、『知の編集工学』『17歳のための世界と日本の見方』『日本数寄』『ルナティックス』『フラジャイル』『松岡正剛千夜千冊』(全7巻)『連塾―方法日本』(全3巻)『法然の編集力』『千夜千冊 番外録 3・11を読む』『松丸本舗主義』ほか多数。

【関連イベント情報!】
会期:     2013年8月14日(水)
会場:     代官山蔦屋書店1号館1階総合インフォメーション
会場住所:   東京都渋谷区猿楽町16-15
開催時間:   19:30~21:30 ※(講演は1時間・サイン会1時間予定)
主催:     代官山蔦屋書店
協力:     春秋社、株式会社Madada、松岡正剛事務所
お問い合わせ: 03-3770-2525(代官山蔦屋書店


★定員に達したため予約受付を終了いたしました★
なお、立見となりますが、キャンセル待ちのお席をご用意できる場合もございますので、参加ご希望の方は当日19時25分までに会場入口で並んでお待ち下さい。スタッフが御声掛け致します。また、書籍を会場にてご購入いただければサイン会にも参加可能。

☆キラリ富士見「私の子供=舞踊団」☆

<本年度受付は終了いたしました>

昨年から活動を開始した、
田中泯率いる「私の子供=舞踊団」(キラリ富士見主催)は、
2012年6月に公演を経て9月より第二期の活動を募集いたします。
2013年8月の公演に向けて、
月に一度のワークショップを基本活動とし行っていきます。
第二期活動にむけて、9月1日〜10月25日まで参会者を募集いたします。
たくさんのご応募お待ちしております。

10/28(日)11:00よりオーディション

11月のワークショップ日程については、
参加者の皆様と話し合いながら、
スケジュールを決定していきます。
公演日程2013年8月24日(土)、25(日)を予定
条件:ワークショップ、および、公演日程に参加できること
参加費用:5000円(全日程を通して)

申し込み方法
<富士見市民文化会館 キラリ☆ふじみ>
http://www.kirari-fujimi.com/join/view/29
下記をプリントアウトして書き込みください。
http://www.kirari-fujimi.com/join/files/medias/20120801132226.pdf

2012年2月10日「円空賞」受賞

円空
江戸時代に美濃国に生まれ、全国を行脚しながら、
生涯に約12万体の神仏像を彫ったといわれる修行僧。


円空賞
岐阜県により平成11年から制定された、円空賞。
「円空」を 連想させるような顕著な業績をおさ
めている芸術家等を顕彰。

授  賞  式   
平成24年2月10日(金)

   
円空大賞展  
平成24年2月10日(金)から3月4日(日) 

場所/岐阜県美術館
※授賞式、円空大賞展ともに 

円空大賞展に寄せて、田中泯「場踊り」開催いたします。

2012年 2月 10日金午後1時~ 岐阜市(岐阜県美術館)
2月 12日日午後4時~ 岐阜市(岐阜県美術館)
↓円空物語 三部作↓
2月 18日土午後2時~ 郡上市(星宮神社)
3月 3日土午後2時~ 羽島市(羽島大橋下)
3月 4日日午後2時~ 関市(弥勒寺跡)

❖入場無料❖雨天決行

主催/岐阜県
協力/岐阜県美術館
郡上市、郡上市教育委員会
羽島市、羽島市教育委員会
関市、関市教育委員会
美並円空事業推進委員会、星宮神社
円空ふるさと館、日本まん真ん中センター
羽島市円空顕彰会、中観音堂
関市文化協会、弥勒寺、関市円空館、関観光ホテル
各地ボランティアスタッフのみなさん
制作協力/石原志保
運営協力/髙橋綾子、増田千恵
デザイン/田端昌良(ゲラーデ舎)

お問い合わせ
岐阜県美術館まで
〒500‐8368 岐阜市宇佐4‐1‐22
TEL:058-271-1313
FAX:058-271-1315
e-mail:c27213@pref.gifu.lg.jp

第24回 アンジェ ヨーロッパ映画祭 

2012年アンジェ ヨーロッパ映画祭 にて
山田洋次監督作品 また、田中泯 初映画出演作となった
映画「たそがれ清兵衛」上映決定!!

Angers European First Film Festival 2012
January 20th till 29th 2012

Presented by Emmanuelle Huynh, director of the CNDC
and Aymar Crosnier, assistant editor,
in the presence of Min Tanaka.
[Twilight Samurai]19:30

映画「たそがれ清兵衛」上映の際に、
CNDCの協力により田中泯の舞台挨拶あり
同時通訳(フランス語ー日本語)Basile Doganis(Movie Director)
若い才能のある映画監督、Basile Doganisは、
彼自身の短編作品も、この映画祭での上映が確定している。
この度の、アンジェでの田中泯の活動をすべて応援して頂だいた。
心より感謝申し上げたい。

Basile Doganis 「LE GARDIEN DE SON FRÈRE」
短編映画 2011 – France – 20min
上映情報 mercredi 25 – 14h00 – Centre de congrès
     vendredi 27 – 22h00 – Variétés S3