月別アーカイブ: 2019年11月

★田中泯の肩書きについて★

★田中泯は「舞踏家」ではありません。人類発生から現代に至るまでの全ての『ダンス』に敬意の念を抱く当人の想いから『ダンサー』もしくは『舞踊家』と表示くださるようお願い申し上げます。Madada Inc.

田中泯は1966年からその幅広いキャリアの中で、暗黒舞踏の創設者である故・土方巽に敬意を表し「舞踏公演」と銘打ったパフォーマンスを主に1980年代〜90年代に多数行いました。しかしながら、土方巽の死後 国内外問わず急速な発展を遂げ、一つのジャンルとしてカテゴライズされた「BUTOH 舞踏」に一切の関心をもってはおりません。残念ながら本人の意思により発言し続けてきたにもかかわらず、誤った解釈として田中泯もまた「BUTOH dancer 舞踏家(ぶとうか)」と表示されることがございます。また、近年では英語の dance の和訳として生まれた「舞踊」という日本語と「舞踏」という日本語もその違いが理解されないまま使用されるようになっておりますが、あらゆるダンスの総称としての「舞踊(ぶよう)」はジャンルを表す言葉ではないと考えます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

★About Min Tanaka’s Profession★

Min Tanaka is not a Butoh dancer. We humbly request his profession be described as dancer, with respect to his reverence for all dance which has existed from the emergence of humankind to present time. Madada Inc.

In Tanaka’s extensive carrier which began in 1966, he presented a number of performances titled as Butoh dance mainly between the 1980’s and 1990’s, paying respect to Tatsumi Hijikata, the founder of Ankoku Butoh, the Dance of Darkness. However, Tanaka has no interest whatsoever in the Butoh which rapidly developed, permeated, and became a mere genre of dance both in Japan and abroad after Hijikata’s death. Regrettably, Tanaka has been mistakenly described as Butoh dancer to date, despite his continuous claim that he is not. In addition, there are cases in recent years that the word Butoh and Buyo, another Japanese word used as a translation of the English word dance, are mixed up ignoring their historic context. We consider Buyo as a general term to indicate dace, not a name of certain category of dance.

モバイルサイトについて★About mobile site

【携帯サイトでの表示について】iPhone、iPad、他 モバイル端末(機器)では、パソコン画面で表記される画面右側の「サイドバー」を見ることができません。公開されている項目のタイトルは下記になります。- If you open this page with iPhone and iPad and other portable equipment…. We are sorry that, you cannot read an contents on the screen right side. ☆Title of contents is follows!
★肩書きについて-about BUTOH
★英語項目-english contents
★分類別-per classified
★社章-Emblem
★新会社名について-about new office
★新ダンサー名-new dancer name
★公演常宿-periodic performance place
★書籍紹介-publication
★アーカイブ-archive
★工事中ページ-ABOUT MAINTENANCE PAGE
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

English announcement follows below.————テートモダン 映像記録BMW TATE ライブエキジビション「テンデイズシックスナイト」2017年3月24日 18:00〜2017年3月25日 18:00〜作品『中谷芙二子「霧の彫刻」』(場所:テートモダン内「サウステラス」)霧:中谷芙二子音:坂本龍一光:高谷史郎ダンス:田中泯<The record film by Tate Modern>Tate Modern[national modern museum of U.K. London]BMW TATE LIVE EXHIBITION: TEN DAYS SIX NIGHTS2017, March 24th 18:002017, March 25th 19:00 The fine arts work “fog”: Fujiko Nakayasound: Ryuichi SakamotoLight: Shiro Takatanidance: Min TanakaLocation: Tate modishness “south terrace”Image copyright©Tate Modern#田中泯 #mintanaka

田中泯MinTanakaさんの投稿 2017年10月2日月曜日

記録映像:BMW テートモダン「ライブエキジビション”Ten days Six Nights”」2017年3月24日 18:00/2017年3月25日 19:00(霧:中谷芙二子、音:坂本龍一、光:高谷史郎、ダンス:田中泯)
Record film of TATE MODERN:BMW TATE MODERN Live EXHIBITION “Ten days Six Nights” 2017,March 24th 18:00/2017,March 25th 19:00 [fog :Fujiko Nakaya/sound: Ryuichi Nakamoto/Light: Shiro Takatani/dance: Min Tanaka] Location: Tate modishness “south terrace”
©️TATE

樋口裕康 絵の展覧会「村まであと何歩?」

English announcement follows below.

主催plan-B

2019年12月9日【月】~12月15日【日】
樋口裕康 絵の展覧会「村まであと何歩?」
時間14:00~19:00 
入場料:500円
 

★期間中、絵の中で繰り広げられるスペシャルイベントを開催たします。

完売御礼!
座席満員のため受付は終了いたしました。キャンセル待ち、当日券の発行もございません。ご了承いただけると感慨です。

↓↓↓↓↓↓↓↓
12月10日【火】19:00  (受付開始18:45)
田中泯 ダンス
※アフタートーク 田中泯+樋口裕康

12月11日【水】19:00  (受付開始18:45)
松岡正剛+樋口裕康 トーク 

12月13日【金】19:00  (受付開始18:45)
石原淋 ダンス

12月15日【日】17:00  (受付開始16:45)
中村達也 ドラム 





料金(各日):予約3000円、当日4000円
※展覧会入場料500円込み

○展覧会の鑑賞時間は、イベント開演時間の1時間前まで。
○会場準備のため所定の時間以前のご入場はできません。
○イベントの受付開始時間は開演時間の15分前。

<ご予約>ウェブ予約のみhttp://i10x.com/planb/contactus
※満員になり次第、予約受付を終了いたします。

<問い合わせ> メール: alternative.space.planb.1981@gmail.com

会場:plan-B地図 http://i10x.com/planb/access
住所:〒164-0013東京都中野区弥生町4−26−20モナーク中野B1   
※plan-B入り口は中野通り沿いになります。
電話:03-6382-7380(展覧会期間中のみ対応)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

作家プロフィール樋口裕康(ひぐちひろやす/建築士、パタパタ絵巻士)
39年静岡市に生まれる。64年U研究室入室。吉阪隆正、大竹十一に学ぶ。71年象設計集団設立に参加。場所の発見、潜在資源の発掘等、場所にこだわった地域、建築の有様を発表。沖縄県恩納村基本構想、名護市庁舎、埼玉県宮代町—進修館等を発表。91年北海道音更町、小学校廃校(元チンネル小学校)に事務所を移転。夏冬のワークショップ。夏は小さな森の中で、冬は厳冬期の然別湖、湖上、雪氷の空間。春にはとけて水にもどる。徒労。2004年象の本「空間に恋して」2015年「好きなことはやらずにはいられない。吉阪隆正との対話」2019年「パタパタ絵巻—村」展、帯広市。

ーヒグチヒロヤス個人のことー
「建築家」大きらい、「建築」大好き/ 超高層、巨大建築、はめころし窓、A.C、ユニフォーム大きらい/ バラック大好き 完全なる自己矛盾/ 「男はつらいよ」全48巻、大好き/ 砂漠、宇宙、深海、海、人体、恐竜、微生物大好き/ 田中泯と石原淋のダンス大好き/ 現場大好き。基礎、柱の立ち上がる時(象設計集団の建物には柱がやたら沢山ある)/ 日本、アジアの旅及調査(少数の人々、過疎の村)大好き/ 場所から空間が生まれる。発見的方法、潜在資源の発掘。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

スペシャルイベント出演者プロフィール





田中泯 (たなかみん/ダンサー)74年独自の活動を開始。「ハイパーダンス」と称した新たなスタイルを発展。78年ルーブル美術館において海外デビュー。80年代、旧共産圏で前衛パフォーマンスを多数決行。国際的に高い評価を獲得。85年山村へ移り住み、農業を礎とした舞踊活動を現在も継続中。02年に映画初出演。以後映像界でも国内外で活動中。著書『僕はずっと裸だった』、共著『意身伝心』、『写真集「光合成」MIN by KEIICHI TAHARA』。
http://www.min-tanaka.com






松岡正剛(まつおかせいごう/編集工学研究所所長)日本文化、芸術、生命科学、システム工学など多分野におよぶ研究を情報文化技術に応用する編集工学を確立。また日本文化研究の第一人者として「日本という方法」を提唱。おもな著書に『ルナティックス』『フラジャイル』『遊学』『日本という方法』『日本流』『擬』ほか多数。2000年よりインターネット上で「千夜千冊」を開始。その文庫シリーズ『千夜千冊エディション』を2018年より刊行。 
https://1000ya.isis.ne.jp/top/






石原淋(いしはらりん/ダンサー)鹿児島県出身。94年、NHK音楽映像ドラマ「ハムレット幻蒼」で映像デビュ-。番組にダンサーとして出演していた田中泯に出会いその後、師事。96年から多数の舞踊団公演に出演し、06年より本格的にソロ活動を開始。「昭和の体重」「踊り場作業「『否連続』non-continuity」「野をさがす」「象が聴こえる」「オドリといるために」「風の隙間で」などそれぞれ複数回のシリーズとして、現在も継続。
http://www.min-tanaka.com






中村達也(なかむらたつや/ドラマー)富山県生まれ。1990年BlankeyJetCityに参加。2000年同バンド解散までドラマーとして在籍した。2014年甲府桜座で自身初単独ドラムSOLOライブを行う。以降、ドラムと音楽の解体を模索しながら、原初の音楽の始まりの始発点になりたいと思っている。
http://nakamuratatsuya.jp/

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

plan-B presets
Hiroyasu Higuchi Exhibition of Pictures: How Many More Steps to the Village?
Monday, December 9 – Sunday, December 15, 2019

Time: 14:00 – 19:00
Admission: 500 yen
*During the exhibition, special events will unfold in the middle of his pictures.

It is SOLDOUT!
The reception is closed because the seats are full. We do not have waiting for the cancellation and any day ticket. We would appreciate it if you could agree.

↓↓↓↓↓↓↓↓
Tue, Dec. 10, 2019 at 19:00 (Reception opens at 18:45)
Min Tanaka(Dance)
*After Talk by Min Tanaka with Hiroyasu Higuchi

Wed, Dec. 11, 2019 at 19:00 (Reception opens at 18:45)
Seigow Matsuoka with Hiroyasu Higuchi(Public Talk)

Sat, Dec. 14, 2019 at 18:00 (Reception opens at 17:45)
Rin Ishihara(Dance)

Sun, Dec. 15, 2019 at 17:00 (Reception opens at 16:45)
Tatsuya Nakamura(Drums)





Tickets (per event): 3000 yen w/ reservations, 4000 yen at door
※Prices include the admission fee to the exhibition 

○On the days of the accompanying events, the exhibition closes one hour before the events begin.
○The reception for each event opens 15 minutes before the events begin.
○For our preparation for the events, we are unable to accommodate any visitors except designated open hours.

Reservations
Via The Website Only
※Seats are on a first-come, first-served basis.
※Please note that we only accept reservations via the website above.
Contact and Inquiry
Email: alternative.space.planb.1981@gmail.com
Venue
plan-B map
Address: 4-26-20 B1F, Yayoi-cho, Nakano-ku, Tokyo  164-0013
※Please note the entrance is located on Nakano-dori street
Phone: 03-6382-7380 (Available Only During the Exhibition’s Open Hours)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Hiroyasu Higuchi profile

1939: Born in Shizuoka City

1963: Graduated Waseda University

1965: Joined U Laboratory
and had a fateful encounter with his two masters, Takamasa Yoshisaka and Juichi Otake

1971: Founded Atelier Zo
(with Koichi Otake, Reiko Tomita, Tsutomu Shigemura, and Keiko Arimura)

1989 – 2001: Participated in Hakushu Art Camp2017: Joined in founding Basho jikken-shitsu

2007 – 2019: Created “Patapata Emaki: Mura” (Flip-style picture scroll: Village)

2019: Exhibition Patapata Emaki: Mura (Flip-style picture scroll: Village) in Obihiro, Hokkaido

2019.12.6: Became a snotty-nosed kid (at age 80)
“You’re merely a snotty-nosed kid when in your eighties and nineties.”
―Hokusai

Selected Works1974 Domo Arabeska and Domo Serakanto
1980 Shinsyukan Community Center in Miyashiro-cho, Saitama
1981 Nago City Municipal Hall, Okinawa
1982 Kasahara Elementary School, Miyashiro-cho, Saitama
1986 Yoga Promenade, Setagaya, Tokyo
1988 Tokyo Tama Gakuen, a facility for disabled people, Tama, Tokyo
1990 The Albert Kahn Garden, Paris, France
1993 Jomon Mawaki Hot Spring Spa, Noto, Ishikawa
1995 Hokkaido Hotel, Obihiro
1997 Yilan County Municipal Hall, Taiwan
1998 Takahashi Construction Company Building, Obihiro, Hokkaido
2004 Published a book of Atelier Zo, LOVE WITH LOCUS

Awards
The Architecture Committee of Japan Award First Prize
The City Planning Institute of Japan Award
The Minister of Education Award for Fine Arts, Rookie of the Year


Hates architects, loves architecture/ Hates high-rises, monumental architectures, fixed windows, air conditioners, uniforms/ Loves shacks.  A complete self-contradiction/ Loves  the 48-film series of Otoko wa tsuraiyo (It’s Tough Being a Man)/ Loves deserts, the universe, deep seas, oceans, human bodies, dinosaurs, and microorganisms/ Loves , with respect, dance by Min Tanaka and Rin Ishihara/ Loves the spot of creation, especially the moment the foundation and pillars rise up (Zo’s architectures have excessive number of pillars)/ Loves researches on and trips in Japan and Asia (small gropes of people and underpopulated villages)/ A space emerges from the place.  Heuristic method and discovery of potential resources
http://zoz.co.jp/

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

Participating Speaker and Artists:

Min Tanaka (Dancer)
Began his original solo expression activities in 1974 and developed a new style called “hyper-dance” which emphasized psycho-physical unity of the body.  Having made his international debut at the Louvre in 1978, he performed his avant-garde dance in many of the former-communist countries through out the 1980’s and gained international recognition. In 1985, He moved to and still lives in a village in the mountainside, in search for deeper physicality in his daily life based on farming.  Since his first film appearance in 2002, he has actively performed in the field of cinema nationally and internationally.  He authored Bokuwa zotto hadaka datta (My Bare Body)  and co-authored Ishin Denshin (Conscious Body, Contagious Mind).  Photo books include Photosynthesis MIN by Keiichi TAHARA.
http://www.min-tanaka.com

Seigow Matsuoka (Director, the Editorial Engineering Laboratory)
Applying research findings from diverse fields such as Japanese culture, art, life science, and system engineering to information culture technology, he established the concept of editorial engineering.  Also as one of the most prominent researchers of Japanese culture, he advocates the concept, “Japan as a methodology.”  His selected works include Runateikkusu (Lunatics), Furagyairu (Fragile), Yugaku (Play-ology), Nihon toiu houhou (Japan as a Methodology) , Nihon-ryu (Japan-style),  Modoki (A State of Mimicry), among many.  In 2000, Matsuoka began a series of book review on his website, A thousand nights, a thousand books, and its paperback edition has been published since 2018.
https://1000ya.isis.ne.jp/top/

Rin Ishihara (dancer)Born in Kagoshima, Japan.  Debut with Hamlet –The Pale Cast of Thought, a music image drama produced by Japan’s national TV broadcasting NHK in 1994. After co-appearing with dancer Min Tanaka in the production, she began her dance training under him.  Since 1996, she has performed in a number of dance performances directed by Tanaka as a member of his dance troupe. She endeavored to perform her solo works in 2006.  Ever since, her solo series has continued to date, including The Showa Era—What’s the Weight of Its Body?, Dance Milieux [non-continuity], Seeking in the Wilderness, In Silence, Dance, Inside, The Blank Winds, performing multiple times in every title.http://www.min-tanaka.com

Tatsuya Nakamura (drums)Born in Toyama.  Joined the Blanket Jet City in 1990 and played as the drummer till it dissolved in 2000.  Began his first solo drum performance in 2014 in Sakuraba, located in Kofu, Yamanashi.  Exploring ways to dismantle drums and music, he has longed to become a starting point of the origin of music going back to ancient times. http://nakamuratatsuya.jp/

東京芸術劇場 シアターイースト 田中泯 ソロ公演のご案内

English announcement follows below.

東京芸術劇場 シアターイースト
芸劇dance 

ダンス 田中泯
― オドリに惚れちゃって ― 『形の冒険 II ― ムカムカ版』

舞台に我が身を晒し、自分の来し方向こう方に矢を放ち、先達の習い、形をゆがませる。愚挙もまた生命(いのち)。
 
田中泯プロフィール
舞台芸術、ダンス、音楽、美術などの枠から田中泯を捉えることは難しい。「私は場所で踊るのではなく、場所を踊る。」警句の様なこの言葉は、前衛的、実験的ダンサーのプロセスの全てを言い表している。’78年、パリデビューにより世界中の知識人や芸術家との数々のコラボレーションへとつながり、幅広いダンス歴は現在までに3000回を超える。’02年、映画『たそがれ清兵衛』で初映像出演。その後も国内のみならず、ハリウッドからアジア圏にわたって映画、ドラマ、映像作品に多数出演中。

公演日時
1/10(金)19:00
1/11(土)15:00
1/12(日)15:00  
1/13(月)休演
1/14(火)19:00
1/15(水)19:00
1/16(木)19:00
◎開場は開演の30分前
◎上演時間は60〜75分を予定。
◎いずれかの日程で公演後、田中泯と観客との「トークセッション」を行う予定です。
【トークセッションについてのお断り】日時、内容に関しては、何も決めていません。一日限りのオドリ故、その日その日のことになります。どうぞご理解ください。田中泯

会場:東京芸術劇場 シアターイースト
東京都豊島区西池袋1-8-1
電話03-5391-2111(代) (休館日を除く 9:00〜22:00)
■JR・東京メトロ・東武東上線・西武池袋線 池袋駅西口より徒歩2分。
池袋駅西口地下通路2b出口直結。

チケット料金
全席自由(前売・当日共に):一般4,000円 、25歳以下3,000円
*25歳以下チケットは東京芸術劇場ボックスオフィスのみ取り扱い。(枚数限定、要証明書)

チケット取扱
東京芸術劇場ボックスオフィス 
電話0570-010-296(10:00~19:00休館日を除く)
https://www.geigeki.jp/t/

一般発売 12月5日(木)10:00~

お問合せ
株式会社Madada
teammukamuka2020@gmail.com(担当:池田、白井)※e-mailのみ
オフィシャルウェブサイト:http://www.min-tanaka.com

演出・出演:田中泯 
演出助手 石原淋

舞台監督:NIKE STAGE WORKS/北條孝、岩崎健一郎

照明:アミ/ 音:村上史郎/ 美術:田中らん、美術補:鈴木啓志

スタッフ 兼 出演:石原淋、植野翔、奥野瑛太、小渕祐子、草間諒太、佐成哲夫、杉浦ゆら、髙久瑛理子、高橋眞大、田中らん、野中浩一、福岡悠莉、藤田龍平、森純平、山本圭祐、山本亮介、吉川貴司(降順)

制作:石原淋、池田りさ、白井あずさ、小野田大介

チラシ・ポスター 原画:樋口裕康

主催:株式会社Madada
提携:公益財団法人東京都歴史文化財団 東京芸術劇場
協力:株式会社大直、plan-B、他





Theatre East at Tokyo Metropolitan Theatre
GEIGEKI dance

Dance Min Tanaka
Adventure of Form: Fallin’ for Dance! Ⅱ—Pissed-Off Version—

On stage I manifest my body; above my path my arrows of thoughts travel; before great predecessors, I contour a form. A life resides in the folly act.

Profile
Min Tanaka’s activities does not simply fit in conventional artistic frameworks such as theatrical arts, dance, music, and visual arts. “I dance not in the place, but I dance ‘the place.’” This epigram-like saying by Tanaka sums up the process of the experimental and avant-garde dancer. His debt in Paris in 1978 has led to numerous collaborations with intellectuals and artists around the world. To date, he has danced more than 3000 times in an extensive variety of settings and occasions. Since his first appearance in a feature film, Twilight Samurai, in 2002, he has performed in a number of films and TV dramas in the Asian countries as well as Hollywood.

Performance Schedule
Fri Jan 10 | 19:00
Sat Jan 11 | 15:00
Sun Jan 12 | 15:00  
Mon Jan 13 | Closed
Tue Jan 14 | 19:00
Wed Jan 15 | 19:00
Thu Jan 16 | 19:00
◎Doors open 30 minutes prior to performance.
◎Scheduled duration appx. 60–70 minutes.
◎Public Talk Event(s) will take place after any of the performance(s), without prior announcement.
【Note on the Public Talk Event(s)】I will not decide the events’ schedule and contents beforehand. Dance is ephemeral, day to day, and so will be the talk event(s). I appreciate your understanding. –Min Tanaka

Venue: Theatre East at Tokyo Metropolitan Theatre
1-8-1 Nishi-Ikebukuro Toshima-ku, Tokyo
TEL: 03-5391-2111 (available 9:00–22:00 daily, except closing day)
●2-min. walk from the West Exit in Ilebukuro Sta. on JR/Tokyo Metro/Tobu Tojo/Seibu Ikebukuro line, or use the entrance at #2b Exit on the underground pass from Ikebukuro Sta.
Tickets:
General: 4,000 yen / Age 25 or Under: 3,000 yen
Open Seating with serial number (Price for both advance and at-door tickets)
*U25 tickets are sold at Tokyo Metropolitan Theatre Box Office Only. (Limited availability, ID required)
Box Office:
Tokyo Metropolitan Theatre Box Office
Phone: 0570-010-296 (10:00–19:00, except closed day)
https://www.geigeki.jp/t/

Tickets on sale on Thursday, December 5, 2019, at 10:00

Inquiry (emails only): teammukamuka2020@gmail.com (attn.: Ikeda or Shirai)
Madada Inc. Official Website: http://www.min-tanaka.com

Directed and Performed by Min Tanaka
Assistant Director: Rin Ishihara

Stage Management by NIKE STAGE WORKS: Takashi Hojo, Ken’ichiro Iwasaki
Lighting by Ami, Sound by Shiro Murakami, Stage Art by Ran Tanaka, Stage Art Assistant: Keishi Suzuki

Staff and Cast (Concurrently): Rin Ishihara, Kakeru Ueno, Eita Okuno, Yuko Obuchi, Ryota Kusama, Tetsuo Sanari, Yura Sugiura, Eriko Takaku, Mahiro Takahashi, Ran Tanaka, Koichi Nonaka, Yuri Fukuoka, Ryuhei Fujita, Jumpei Mori, Keisuke Yamamoto, Ryosuke Yamamoto, and Takashi Yoshikawa (In the order of Japanese alphabet)

Production: Rin Ishihara, Risa Ikeda, Azusa Shirai, Daisuke Onoda
Artwork: Hiroyasu Higuchi
Produced by Madada Inc.
In Association with Tokyo Metropolitan Foundation for History and Culture Tokyo Metropolitan Theatre
Thanks to ONAO Co., Ltd, plan-B, and et al.

★シアター E9 KYOTO★田中泯 ソロダンス★2020.1.23〜1.25


田中泯 ソロ公演 「題名のないオドリ」

演出 出演 田中泯
日時
1月23日(木) 19:30
1月24日(金) 19:30
1月25日(土) 14:00
1月26日(日) 14:00

チケット
[自由席/日時指定/税込]
一般:前売 3500円 当日 3800円
学生:前売 2500円 当日 2800円
*学生の方は当日受付にて証明書のご提示をお願いいたします

チケット販売はここをクリック

———

京都でオドるぞ!

さほど遠くない未来に、僕は京都駅近くに新しくできたシアターE9 KYOTOという劇場でオドることにした。 公演名に『題名のないオドリ』という名前を付けた、本当に無いのだ。

長いことオドリの時間と場所に飛び込んで生きてきた。そして、気づいたこと、理解したことが、数え切れないほどある。それでも殆どのことはやはり言葉や思考だ。僕にはやはり不自然だし、おまけに僕は「未熟」が好きだ。

「オドって居る」この状態は、僕の大切な心とカラダの状態。ドキドキしながら皆さんの前に居る。これは幸福だ。

「オドって居る」状態になるのは、とても難しい。純粋自然にオドリは始まらない。煩悩菌が蠢き、僕の夢の邪魔をする。

目の前のいくつものカーテンを一つ一つ開くように、そして、その間に居るいろいろな人にシフトするようなことを夢中にイメージして、時を過ごしているが、どんな踊りが現れるのか、何も約束はできない。

そんな「オドって居る」時の田中泯に是非会いに来てやってください。言葉以前の感覚に満ちたオドリ場をそこに作りたい。と念じています。

田中泯

———

チケット取り扱い
▽THEATRE E9 KYOTO
チケットフォームほか、お電話でも受け付けております。
TEL:075-661-2515(10:00~18:00)

スタッフ
演出・出演:田中泯
音:石原淋
照明:小川伊久馬、
スタッフ:野中浩一、田中らん(予定)

[主催・企画製作] Madada.Inc
[共催]THEATRE E9 KYOTO(一般社団法人アーツシード京都)

★THEATRE E9 KYOTO からの ご予約に関するご注意
・開演5分前までに受付をお済ませください。それ以降はキャンセル扱いになる場合がございます。お早めにご来場ください。
・公演中止などの不測の場合をのぞき、チケット購入後の返金、日時の変更はできません。
・E9には駐車場はございません、公共交通機関でご来場ください。周辺道路への駐車は、ご近所のご迷惑となりますので硬くお断りします。

オダギリ ジョー監督作品 映画「ある船頭の話」

※Madada所属のダンサー石原淋が撮影期間にスタッフとして参加。弊社の関連活動として情報を掲載させていただいております。なお、映画館にて発売されている「ある船頭の話」オフィシャルパンフレットには石原淋による感想文「極彩色の俳優オダギリジョーは、監督として限りなく透明だった!」も掲載しております。是非、劇場でご覧いただきたい素晴らしい作品です。

「ある船頭の話」オフィシャルウェブサイト
http://aru-sendou.jp




終了しました/田中泯 舞台作品 出演者募集のお知らせ!!

English announcement follows below.

芸劇dance
東京芸術劇場提携公演
シアターイースト
2020年1月10日(金)〜16日(日) [13日(月)は休演日/全6日間公演]

田中泯 ダンス ー踊りに惚れちゃって!ー
『形の冒険 II ー ムカムカ版』

長い間、劇場での公演を休止していた田中泯が、作秋より公演を再開。ダンスへの想い・試みに、より踏み込む仲間と共同で創作運動を展開したいと思っています。2020年1月東京芸術劇場での田中泯ソロ公演の創作始動にあたり、新しい仲間を募集します。舞台に立ち、カラダを動かし、劇場空間を創り、田中のソロダンスと同時に存在する人を求めます。舞台の裏方と出演者の両方を立場として持つ役目です。

応募資格
●身体表現の経験は不問、年齢・国籍・性別も不問
●自分で自分のカラダと時間を管理できる人
●以下の日程を確保し、全日程参加できる人

2020年
1/5(日) と 1/6(月) 仕込み
1/7(火) と 1/8(水) リハーサル
1/9(木) GP(ご招待プレヴュー)
1/10(金) – 1/12(日) 本番(3日間連続)
1/13(月) 休演 
1/14(火) – 1/16(木) 本番(3日間連続)

応募申し込みはメールのみ:madada.inc「at」gmail.com
★「at」を「@」に変えてご使用ください。

※自己PRは受け付けますが、応募前のご質問等は一切受け付けません。
※当日は運動着も必要ありません。

ご返信に必要な情報
・お名前(フルネーム):
・ふりがな:
・郵便番号:
・ご住所:
・当日連絡のつく電話番号(推奨:携帯番号):
・メールアドレス:

応募締め切り日 2019年11月15日(金)20時
※募集定員が満員になり次第受付を終了いたします。
※終了のご案内は弊社ウェブサイトにて掲載いたします。

選考日:2019年11月22日(金)17:00または11月23日(土)17:00
※返信の際にいずれの日になるかをこちらからご連絡いたします。
※オーディション当日は説明会の後、田中泯、ほか数名で審査を行います。

会場:plan-B (プランビー)
〒164-0013東京都中野区弥生町4−26−20モナーク中野地下1F
ご注意:plan-B入口は「中野通り沿い」です。

楽しみにしてください。楽しみに待っています。
田中泯

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆






Geigeki Dance
In Association with Tokyo Metropolitan Theatre
Theater East
Friday, January 10—Sunday, January 16, 2019
(Closed on Monday, January 13. Six-night performance in total)

Min Tanaka Dance
Adventure of Form Ⅱ: Fallin’ for Dance! —Pissed-Off Version—

After a log recess from preforming in theaters, Min Tanaka returned to Tokyo Metropolitan Theatre last fall. Since his comeback, he has hoped to develop his creation together with comrades who could share and deepen further a longing and endeavor for dance. Upon him beginning the creation of his solo performance scheduled in January 2020 at Tokyo Metropolitan Theatre, we would like to welcome new fellows. We look for the mates who will stand on the stage, move their bodies, create the theatrical space, and exist simultaneously with his solo dance. Their roles will be both on-stage as casts and off-stage as backstage people, not one of the either.

Criteria:
●No experience of physical expression needed. Regardless of age, nationality, or gender identity.
●Be able to manage your body and time on your own.
●Be able to commit and participate in all of the following days.
*Please note that all the production process will be carried out in Japanese language.

Schedule:
In 2020
Sun, Jan 5 & Mon, Jan 6 –Loading in and prep
Tue, Jan 7 & Wed, Jan 8 –Rehearsal
Thu, Jan 9 –Preview (Invitation Only)
Fri, Jan 10 to Sun, Jan 12 –Performance (Three consecutive days)
Mon, Jan 13 –Closed
Tue, Jan 14 to Thu, Jan 16 – Performance (Three consecutive days)

Applications accepted via email only: madada.inc@gmail.com
*We accept self-introductions along with your applications, however, we do not accept any questions in advance of applying.
*No need to prepare your sportswear at the audition.

Please fill in the following information:
-Full Name
-Kana reading of your name
-Zip code
-Address
-Phone number we can reach on the day of the audition (Cellphones preferred)
-Email address

Closing date for application: Friday, November 15, 2019, at 20:00
*We will stop accepting applications when the number of applicants reaches the limit.
*We will make announcement for the closing.

Audition Date: Fri, November 22, 2019 at 17:00 or, Sat, November 23, 2019, at 17:00
*Our reply will inform you which day you are assigned.
*On the day of the audition, we begin with a briefing session followed by an examination by Min Tanaka and a few staff members.

Location of the Audition: plan-B
Yayoi-cho 4-26-20 B1F, Nakano-ku, Tokyo, 164-0013
*The entrance is located on Nakano-dori street.

Please look forward to it. I look forward and wait for it.
Min Tanaka