月別アーカイブ: 2018年11月

10/9 僕らは奇跡でできている

10月9日スタート
ドラマ「僕らは奇跡でできている」


2018年10月9日スタート
毎週火曜21時~21時54分
★初回20分拡大
カンテレ・フジテレビ系全国ネット

出演
高橋一生 榮倉奈々 要潤 児嶋一哉
西畑大吾(関西ジャニーズJr.) 矢作穂香 北香那 広田亮平 / 田中泯
阿南健治 戸田恵子 小林薫





写真:オフィシャルツイッター「僕らは奇跡でできている」より

脚本
橋部敦子

演出
河野圭太(共同テレビ) 星野和成(メディアミックス・ジャパン)

プロデューサー
豊福陽子(カンテレ) 千葉行利(ケイファクトリー) 宮川晶(ケイファクトリー)

制作協力
ケイファクトリー

制作著作
カンテレ(関西テレビ)

2018年11月 映画「人魚の眠る家」

映画『人魚の眠る家』

11月より全国公開
東野圭吾作家デビュー30周年を記念し、『人魚の眠る家』が堤幸彦監督によって実写映画化

監督 堤幸彦

出演
篠原涼子
西島秀俊
坂口健太郎
川栄李奈
田中泯
松坂慶子
オフィシャルサイト




The information of the film has just been released!
“Nigyo no nemuru ie (The House Where the Mermaid Sleeps)”
The director Yukihiko Tsusumi has made the novel of the same title into a film, commemorating the novelist Keigo Higashino’s 30th anniversary of his career.
Director: Yukihiko Tsutsumi
Author: Keigo Higashine
Cast:
Ryoko Shinohara
Hidetoshi Nihijima
Kentaro Sakaguchi
Rina Kawaei
Min Tanaka
Keiko Matsuzaka

11/23〜11/25★田中泯公演★東京芸術劇場シアターイースト 

田中泯 ダンス
―オドリに惚れちゃって!― 「形の冒険」

2018年11月23日(金/祝)・24日(土)・25日(日)各日開演15:00
東京芸術劇場 シアターイースト




<チラシ裏面文字情報>

芸劇dance
田中泯 ダンス
―オドリに惚れちゃって!― 「形の冒険」

他人には見えなくたって、僕はオドッテイル、とず〜っと思ってきた。カラダには生命があるから見えなくたって動いている。ふるえている。泣いている。怒っている。笑っている。そのカラダは、地球と一緒に生きている。そのカラダの中で、僕は、必死にカラダになろうとするオドリだ。

プロフィール
1945年生まれ。1966年クラッシックバレエ、モダンダンスを学んだ後、1974年から独自のダンス、身体表現を追求。海外デビューは、パリ・秋芸の術祭『間―日本の時空間』展(ルーブル装飾美術館、1978年)。これをきっかけにし、ゆるやかで微細な動きで身体の潜在性を掘り起こすパフォーマンスは、ダンスをはるかに越えて、新しい芸術表現として世界に衝撃をもたらした。一方、1985年から今日に至るまで、山村へ移り住み農業を礎とした日常生活をおくることでより深い身体性を追求している。02年、映画『たそがれ清兵衛』(山田洋次監督)初出演により、映像への出演も多く、稀有な演技力によって異彩を放っている。著書『僕はずっと裸だった』、共著『意身伝心』、写真集『「光合成」MIN by KEIICHI TAHARA』。

日時:11/23(祝・金)、24(土)、25(日) 
各日開演15:00(受付開始14:15/ロビー開場14:30)

◎各回の公演後にはスペシャルゲストによるアフタートークを予定。
◎上演時間は60〜75分を予定。
◎25日は、田中泯のドキュメンタリー映画『名付けようのない踊り(仮)』(犬童一心監督)の撮影が入ります。撮影された映像は今後、広報活動や同映画上映等で公開される可能性がある旨ご理解の上、ご鑑賞をお願い申し上げます。

スペシャルゲスト・アフタートーク
23日 犬童一心(映画監督)
24日 ヴィヴィアン佐藤(美術家) 
25日 松岡正剛(編集工学者)
◎アフタートーク時間は60分を予定。

会場:東京芸術劇場 シアターイースト
東京都豊島区西池袋1-8-1
電話03-5391-2111(代) (休館日を除く 9:00〜22:00)
■JR・東京メトロ・東武東上線・西武池袋線 池袋駅西口より徒歩2分。
池袋駅西口地下通路2b出口直結。

チケット料金
全席指定(前売・当日 共):一般3,000円 、25歳以下1,500円
*25歳以下は枚数限定・要証明書

<チケット予約・お問い合わせ>
東京芸術劇場ボックスオフィス 
電話0570-010-296(10:00~19:00休館日を除く)
PC http://www.geigeki.jp/t/
携帯 http://www.geigeki.jp/i/t/

演出・出演:田中泯 
舞台監督:北條孝 (NIKE STAGE WORKS)
照明:アミ
音:石原淋
美術:らん
スタッフ:鈴木啓志、森純平、野中浩一、山本亮介
制作:石原淋、池田りさ、白井あずさ

デザイン:鳥井素行
オリジナル写真:富永よしえ

主催:株式会社Madada
提携:東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)
協力:鳥井事務所、plan-B、松岡正剛事務所、株式会社ADKアーツ





Min Tanaka Dance
Adventure of Form: Fallin’ for Dance!

For a long time, I have always thought I was dancing even though no one could see it. Life resides in a body and so it is moving, though hard to see. It is trembling. Crying. Raging. Laughing. The body is alive together with the earth. I am a dance, in the body, desperately trying to become the body. Min Tanaka

Biography
Born in 1945. Started learning classical ballet and modern dance in 1966, and began exploring own dance and physical expression in 1974. Debuted internationally with “Time-Space of Japan—MA,” Paris Autumn Festival, at the Louvre Museum in 1978. The performance—extremely gentle and infinitesimal movement to withdraw the potentiality of a body—forged an impact on the art world as a new artistic expression beyond the dance scene. To search for deeper physicality, he has been living in a village in the mountains and concentrating his daily life on farming since 1985. Since his first appearance in the film “Twilight Samurai” directed by Yoji Yamada in 2002, his compelling and distinctive acting has led to numerous film appearances. His books include “My Bare Body,” “Conscious Body, Contagious Mind,” (Coauthored) and photo-book: “Photosynthesis MIN by Keiichi TAHARA.”

Date: Fri, Nov 23, Sat, Nov 24, and Sun, Nov 25, 2018
Time: Performance begins at 15:00 (Reception opens at 14:15/ Foyer opens at 14:30)

◎Each performance is accompanied by a post-performance talk with a guest speaker.
◎The duration of the performances is 60 – 75 minutes and the talk event appx. 60 minutes, both are subject to change.
●Filming will take place in the theatre and surrounding area on November 25, 2018. The film may be used in the content of and for the promotion of “Unnameable Dance (provisional),” a documentary film about Min Tanaka, directed by Isshin Inudo. If you do not wish to appear in the recordings, please avoid entering the area at times given above. We appreciate your cooperation.

Guest Speakers
23rd Isshin Inudo (Film Director)
24th Vivienne Sato (Drag Queen, Artist)
25th Seigo Matsuoka (Editorial Engineer)

Venue: Theatre East at Tokyo Metropolitan Theatre
1-8-1 Nishi-Ikebukuro Toshima-ku, Tokyo
TEL: 03-5391-2111 (available 9:00 – 22:00 daily, except on closing days)
●2-min. walk from the West Exit in Ilebukuro Sta. on JR/Tokyo Metro/Tobu Tojo/Seibu Ikebukuro line, or use the entrance at #2b Exit on the underground pass from Ikebukuro Sta.

Tickets (Reserved seating for both advance and on-the-day tickets):
3,000 yen (Adult) and 1,500 yen (Under 25 w/ID, limited availability)

For Tickets and Inquiry:
Tokyo Metropolitan Theatre Box Office
TEL: 0570-010-296 (available 10:00 – 19:00 except on closing days)
PC: http://www.geigeki.jp/t/
Cellphone: http://www.geigeki.jp/i/t/

Directed and Performed by Min Tanaka
Stage Management by Takashi Hojo (NIKE STAGE WORKS)
Lighting by Ami
Sound by Rin Ishihara
Stage Art by Ran
Staff: Keishi Suzuki, Jumpei Mori, Koichi Nonaka, Ryosuke Yamamoto
Production: Rin Ishihara, Risa Ikeda, Azusa Shirai

Visual Design by Motoyuki Torii
Original Photo by Yoshie Tominaga

Produced by Madada Inc.
In Association with Tokyo Metropolitan Theatre (Tokyo Metropolitan Foundation for History and Culture)
Thanks to plan-B, Matsuoka & Associates, ADK Arts Inc., and TORII Office

11/10、11/11水戸芸術館「霧の抵抗 中谷芙二子」ー田中泯 オドリ

English announcement follows below.

水戸芸術館
2018年10月27日[土]~ 2019年1月20日[日]
霧の抵抗 中谷芙二子

※中谷芙二子さんの「霧の抵抗」展覧会で田中泯踊らせていただきます!

<↓水戸芸術館オフィシャルインフォメーション↓>

霧の彫刻 × 場踊り 大気と身体のオドリ
2018年11月10日[土]~ 2018年11月11日[日]

中谷芙二子の霧の彫刻と田中泯の場踊りは、これまでも2004年の山梨県白州、2008年の横浜トリエンナーレ、2017年にはロンドンとオスロで共演してきました。大気を鋳型に変化する霧と肉体の機微を遺憾なく発揮する田中泯、二つの舞が水戸芸術館の広場で交差します。

★会場 水戸芸術館広場
★日時 11月10日(土)、11日(日) 各日14:30開演
★出演 田中泯(ダンサー)、石原淋(音)
★料金 無料
※開演時間までに広場にお集まりください。
※公演中、田中泯ドキュメンタリー映画「名付けようのない踊り(仮)」(監督:犬童一心)により本イベントの撮影が行われるため、ご来場の皆様は映像に映る可能性がございます。撮影された映像が今後、弊館広報活動や同映画等で公開される可能性がある旨、予めご了承の上ご参加ください。

水戸芸術館オフィシャルウェブサイトー展覧会中の田中泯の踊りに関してのご案内
水戸芸術館オフィシャルウェブサイトー展覧会の全体のご案内

==========================

Immediate Release! Art Tower Mito!
Resistance of Fog Fujiko Nakaya
Saturday, October 27, 2018 – Sunday, January 20, 2019
*Min Tanaka will dance at the exhibition!


Fog Sculpture × Locus Focus: The Dance of the Atmosphere and Body
Saturday, November10, 2018 and Sunday, November 11, 2018

Fujiko Nakaya’s fog sculpture and Min Tanaka’s Locus Focus have collaborated a number of times: In 2004 in Hakushu, Yamanashi, in 2008 in Yokohama Triennale, and in 2017 in London and Oslo.
The two ever-changing dances, by the fog that forms in the air as a mold and by Min Tanaka who expresses the subtleness of the body to the full extent, will cross their paths in the plaza of the Art Tower Mori.

★Venue: Art Tower Mori.
★Date & Time: At 14:30 on Saturday, November10, 2018 and Sunday, November 11, 2018
★Performer: Min Tanaka (Dancer)
★Tickets: Free of Charge
*Please arrive at the plaza by the starting time.
*Notice of Filming and Photography: There will be a filming of the documentary film about Min Tanaka, “The Dance That Cannot Be Named (Provisional),” directed by Isshin Inudo, during the event. Please note that by entering the premises, you may be included in the photography, audio recording, video recording or other recording media which may be used for the publicity of the museum and/or the film, as well as in the film.

Information for the dance performance by Min Tanaka(In Japanese)
Information for the exhibition

11月8日(木)ライコー・フェリックス×田中泯 

2018年11月8日(木)

『禁断のヴァイオリニスト × 地を這う前衛』
ライコー・フェリックス(ヴァイオリン)
田中泯(ダンス)





時間:18:30開場 / 19:00開演
チケット申し込みはこちらから
場所:豊洲シビックセンターホール

後援:ハンガリー大使館

共催:江東区文化コミュニティ財団 江東区豊洲文化センター
主催:THE MUSIC PLANT

本公演の日本語オフィシャルサイト






A Forbidden Violinist × An Avant-garde Crawling on the Ground

Thursday, November 8, 2018

“A Forbidden Violinist × An Avant-garde Crawling on the Ground”
Félix Lajkó (violin)
Min Tanaka (dance)

Door Opens at 18:30 / Starts at 19:00
At Toyosu Cultural Center
Address: 2-2-18 Toyosu, Koto-ku, Tokyo, 135-0061

Tickets sold here
(In Japanese Only)
Inquiry: mplant@mplant.com

This concert takes place under the auspices of the Embassy of Hungary in Japan.

Co-produced by Toyosu Cultural Center, the Koto Cultural Community Foundation
Produced by THE MUSIC PLANT

Official website for the performance:
http://www.mplant.com/lajkofelix/

2018年11月3日 樂土舎 田中泯ソロ 公演!

樂土の森ダンスウィーク2018  
2018年11月3日(土)文化の日    

田中泯 場踊り「自然する」
MIN TANAKA solo dance ”I Nature”

音:石原淋 
衣装:山口源兵衛  
 
開場16:00 開演17:00  

チケットは完売御礼!。受付は終了いたしました。
チケットに関するお問い合わせにはご返信いたしかねますので
皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。Madada Inc.





TICKET(前売券のみ) 
一般 3,500円   
大学生以下 2,500円 

*雨天決行
*本公演は会場の都合により限定100名様となります。(申し込み先着順)
*会場の都合により、公演開始後の途中入場は固くお断りします。
*「地下の舞台」での公演のため、芝生の上に座る格好になります。
  席にはシート、座布団など各自ご用意ください。
  雨天時には他者の視界を遮らない配慮として雨合羽をご持参下さい。
*受付にて学生証の提示をお願いする場合がございます。

<チケットの入手方法>
あらかじめ残席チケットの有無をメール(info@rakudosha.com)にてご確認ください。

その後、御名前、ご住所、携帯電話、mail address、チケットの種類、枚数を明記してご送金ください。

入金確認後、チケットを送付いたします。

郵便振替 00810-3-80219 樂土舎
 
電話・メール予約:過去に樂土舎の公演に来場されたことがあり、連絡先登録のある方は、電話・メール予約ができます。この場合も残席を確認のうえ、できる限り郵便振替にて代金をお支払い下さい。(予約後、ご来場いただけなかった場合はチケット代金がキャンセル料として発生します) 

『交流会』19:00~20:30 500円(事前申し込み制・40名様限定)
参加を希望される方は、チケット購入とは別にEメール、電話にてご連絡下さい。
参加費は当日会場受付にてお支払いいただきます。

主催:樂土の森ダンスウィーク2018実行委員会
協力:Madada Inc. 袋井清掃株式会社(駐車場)鳥井事務所 PLANplus
助成:チヨタ遠越準一文化振興基金

<問い合わせ>   
樂土舎・樂土の森アートプロジェクト  
〒437-0032 静岡県袋井市豊沢227-2-2
Web site www.rakudosha.com
info@rakudosha.com
090-7959-1617 (マツダ)




Rakudo no Mori Dance Week 2018
Cultural Day, Saturday, November 3, 2018
Min Tanaka Solo Dance “I Nature”

Sound: Rin Ishihara
Costume: Gembay Yamaguchi

Doors Open at 16:00, Performance Starts at 17:00

It is sold out! Thank you very much!!
Tickets (Advanced Purchase Only): 3,500 yen (2,500 yen for students up to university)


The performance is Rain or Shine event. Due to the setting of the venue, we allow 100 audience only. (In the order of the ticket applications received) Due to the setting of the venue, we will not allow late seating under any circumstance, once the curtain goes up. Please prepare your own cushions, a picnic blanket, etc. to sit on, as the performance will take place at the Chika no Butai (the Underground Stage) and the audience area is grass-covered ground. In case of rain we highly recommend you to bring your rain coat so that you would not destruct the other audience’s views. We may ask you to present your student ID at the reception.


Please ask us first via email (info@rakudosha.com) for the availability.

When tickets are available, please send us the total amount of your tickets using postal transfer, including your name, address, cellphone number, email address, and the number and type of ticket you would like to purchase.
Yubin Furikae (Postal Transfer) 00810-3-80219 Rakudosha

We will send you the tickets after confirming your payment.

Making Reservation by phone or email: You can make your reservation by phone or email if you have visited us before and registered your contact information. Please confirm the availability with us first, and send us your payment via postal transfer. (The ticket price will be charged as a cancellation fee if no-show occurs after making reservation.)

<>
19:00 – 20:30
500 yen (Advanced Reservation Required. Limited 40 People)
If you wish to join the gathering, please contact us via email or by phone, separately from your ticket purchase. The attendance fee will be collected at the reception on the day of event.

Presented by Rakudo no Mori Dance Week 2018 Committee
Thanks to Madada Inc., FUKUROI CKEAN SERVICE (for Parking Space), Torii Jimusho (Office Torii), and PLANplus
Supported by CHIYOTA Tokoe Junichi Foundation


Rakudosha Rakudo no Mori Art Project
Toyosawa 227-2-2 Fukuroi City, Shizuoka 437-0032
Website: www.rakudosha.com
Email: info@rakudosha.com
Phone: 090-7959-1617 (Attn: Matsuda)