カテゴリー別アーカイブ: 未分類|Unclassified

About mobile site

【携帯サイトでの表示について】iPhone、iPad、他 モバイル端末(機器)では、パソコン画面で表記される画面右側の「サイドバー」を見ることができません。公開されている項目のタイトルは下記になります。- If you open this page with iPhone and iPad and other portable equipment…. We are sorry that, you cannot read an contents on the screen right side. ☆Title of contents is follows!
★肩書きについて-about BUTOH
★英語項目-english contents
★分類別-per classified
★社章-Emblem
★新会社名について-about new office
★新ダンサー名-new dancer name
★公演常宿-periodic performance place
★書籍紹介-publication
★アーカイブ-archive
★工事中ページ-ABOUT MAINTENANCE PAGE

2017.10.20 中村達也(Dr)+田中泯(Dance)

plan-B 主催
2017 年10 月20 日(金)
DUO 中村達也(ドラム) + 田中泯(ダンス)
「テメエの眼を見ろ、何も言うな!」

開演 19:00(開場18:45)
料金 3500円(要予約)



予約 完売御礼!受付は終了いたしました。
会場 plan-B:東京都中野区弥生町4-26-30モナーク中野B1
   ※入り口は中野通り沿いになります、ご注意ください。
plan-B地図 

——————

出演者プロフィール

中村達也
65年富山県生まれ。81年名古屋エレクトリックレディランドにてショッカーズのドラマーとしてデビュー。その時代のパンク、ニューウェーブに影響を受け、自身もパンクバンドOXYDOLLを結成。在籍中に、原爆オナニーズ、スターリン、スタークラブのツアードラマーとして参加。上京してGODを結成。在籍中に親交のあったマスターベーションに参加。1990年、かつての旧友 浅井健一に再会しブランキージェットシティーに参加。2000年解散迄の10年間、国内メジャーシーンで活躍し各方面に多大な影響を与える。
2000年以降からピアニスト 山下洋輔とのフリーセッションを機に、ジョン・ゾーン、ビル・ラズウェル、近藤等則、大友良英などあらゆるジャンルのミュージシャンとのセッションや作品制作を行い、2009年田中泯(舞踊家)、黒田征太郎(画家 )とドラム即興演奏・ダンス・ライブペインティングという異種格闘技のようなライブに挑戦。以降はあらゆるジャンルのアーティスト達の創作表現と自身の即興演奏で活動の場を広げていくようになった。現在は斉藤和義とMANNISH BOYS、遠藤道郎氏との奇跡的な再会によりはじめたTouch Me、チバユウスケ、イマイアキノブとのThe Golden Wet Fingers、スガダイローとの赤斬月、映画監督 豊田利晃氏のライブシネマでのバンドTWIN TAIL、不定期で自身のバンドLOSALIOSの活動を行なっている。
2014年東北ライブハウス大作戦への出演要請により中村達也独奏ライブ「壊れた窓」を敢行。ついに独奏に辿り着く。
その他、映像作品にも多数出演しており、塚本晋也監督の「バレットバレエ」にて俳優デビュー後は「私立探偵濱マイク」「ラマン(愛人)」「蘇りの血」「NHK大河ドラマ『龍馬伝』」近年では「野火」「High&Low」への出演がある。

田中泯
実験的なダンサー、コレオグラファーである。1974年、精神―物理の統合体として存在する身体に重点をおいた「ハイパーダンス」という名称で知られる独自のスタイルを画一した。田中の踊りへのアプローチは、一般的に踊りと呼ばれている芸術的テクニックに閉じ込めるのではなく、踊りの本来持つ根元的な要素を探る行為と言っても過言ではない。彼の特有なソロパフォーマンスは、その多くが事前に決定された振り付けに基づくものではなく、その場所への因縁や歴史、または、そこに居合わせた人、そして共演者からの波動を受け入れることを試みている。「私は場所で踊るのではなく、場所を踊る」とは彼の言葉である。plan-Bでのデュオは初競演となる!見逃すなかれ!!

====================================

plan-B presents:Friday, October 20th,2017
DUO Tatsuya Nakamura (Dr)+ Min Tanaka (Dance)
“Look into Your Eyes and Don’t Say Anything!”

Time: 19:00start /18:45open

Tickets: ¥3500
   ※available only with reservations
Reservation: This performance is sold out! We are sorry for that.
Venue: plan-B
Address: 4-26-20 Monarch-Nakano B1, Yayoi-cho, Nakano-Ku, Tokyo 164-0013 Japan

————–
cast of profile

Tatsuya Nakamura
Born in Toyama, Japan, in 1965. In 1981, he debuted as a drummer in a group The Shockers at Electric Lady Land, Nagoya’s oldest live house. Inspired by Punk and New Wave movement at the time, he formed his own punk band OXIDOLL. While playing in the group, he also actively participated in other groups such as Genbaku Onanies, The Stalin, and The Star Club, as a touring drummer. After relocating to Tokyo, he formed another band GOD, and later joined the Masturbation and actively performed in the two groups. In 1990, a reunion with an old fried Ken’ichi Asai resulted him in joining the Blankey Jet City. The group actively played in Japan’s major scene for 10 years, and had given a strong influence on its rock and alternative, as well as pop music, until disband in 2000.
Nakamura started his collaboration with wider variety of musicians as a solo drummer with a free session with Yosuke Yamashita, which has lead him to play and create music with John Zone, Bill Laswell, Toshinori Kondo, Yoshihide Otomo, and many other musicians beyond genres of music. In 2009, he took a challenge and played in collaboration with Min Tanaka, dancer, and Seitaro Kuroda, painter. The live performance of this“mixed martial arts” has broadened Nakamura’s cross-genre activities even further, and resulted in collaborating with a number of non-musical artists with his improvisational drumming. At the same time, he has been actively playing in various duo and trio groups: MANISH BOYS with Kazuyoshi Saito, The Golden Wet Fingers with Yusuke Chiba and Akinobu Imai, Akazangetsu with Dairo Suga, and Touch Me with Michiro Endo whom he reunited by miraculous encounter. He is also a member of TWIN TAIL, which has formed for “Live Cinema,” a combination performance event of film screening, live music, and theatrical play, by the director Toshiaki Toyota. His own group LOSALIOS has been active, though irregularly.
It was a request sent to him in 2014 to play for Tohoku Live House Campaign, on-going charity music event to support live houses damaged by Great East Japan Earthquake that lead him to play his first solo live performance “Broken Window.” For him, it was “finally to this point to play solo.”
He has appeared in a number of films and TV dramas such as “Bullet Ballet” directed by Shin’ya Tsukamoto as Nakamura’s debut as an actor, “Shiritsu Tantei Hama Maiku (The Private Investigator Mike Hama)”, “L’ammant (Aijin)”, “Yomigaeri no Chi (The Blood of Rebirth)”, and NHK’s Taiga drama “Ryomaden”, and recent works includes “Nobi (Fire on the Plain)” and “High&Low”.

Min Tanaka
Tanaka is an experimental dancer and choreographer. In 1974, he developed a unique style known as ‘hyper-dance’ which emphasizes the psycho-physical unity of the body. It is not too much to say that Tanaka’s approach to dance is the act of exploration of the fundamental elements which are inherently immanent in dance, rather than confined by the principles of an existing technique. His idiosyncratic solo performances are mostly not based on a pre-determined choreography. They are pure experiments to be receptive to the space’s history, fatal connections, or the entire reactions of the audiences in each place. ‘I dance NOT in the place; I dance the place.’ he has said. At plan-B, this is the first-time DUO collaboration with Tatsuya Nakamura and Min Tanaka! Do not miss it!!

柳家喬太郎(落語家)+ 田中泯(ダンサー)

English announcement follows below.

★両日ともに満員御礼★
チケットはもうございません。申し訳ありません!

柳家喬太郎(落語家)×田中泯(ダンサー)
待望の三度目のセッション!
✨小泉八雲の世界✨『隻眼譚』
=========
見えないモノが生きる国
妖怪、幽霊、死神、産土(うぶすな)、津波伝説、生き神 小泉八雲の描いた不可視の領域。隻眼のハーン、見えない片目でなければ察することのできないもの….、暗闇の中でこそ見えるものがあるのかもしれない。小泉八雲がたどり着いた優しき国ニホンも幻だったのか…。
踊りと落語それぞれのジャンルで新たな地平を切り拓いてきた2人の藝能者がコラボレーションし、小泉八雲を共通の土台にしながら創りあげる世界に迷い込みませんか!
=========

<チケット発売開始>
2017年5月28日
主催 富士見市民文化会館「キラリ☆ふじみ」
http://www.kirari-fujimi.com/program/view/518

<公演日時>
2017年7月25日(火)、26(水)
開演:両日ともに20:00 

<チケット料金>
前売3500
 インターネット予約
 富士見市文化会館「キラリ☆ふじみ」
 http://www.kirari-fujimi.com/ticket/index.html

<お問い合わせ>
富士見市民文化会館「キラリ☆ふじみ」
電話:049-268-7788

作:原作  小泉八雲
出演:田中泯(オドリ)柳家喬太郎(落語)
主催:公益財団法人キラリ財団
企画:馬場憲一(ざぶとん亭風流企画)
   http://www.zabutontei.com
チラシ 絵・ハダタカヒト

================

★This ticket is already sold out for both days!!
We are sorry!

Kyotaro Yanagiya (Rakugo storyteller) × Min Tanaka (dancer) will have much awaited third collaboration performance!
“The world of Yakumo Koizumi: Sekigantan (A story of one-eyed)”
————
A country where the unseen lives—strange apparitions, ghosts, reapers, tutelary deities, Tsunami folk tales, living gods… It is an invisible territory that Yakumo Koizumi had captured in his tales. It was the place which was only possible to be sensed by one-eyed Hearn’s lost eye… There may be things that could be only seen in the darkness. Would it be, then, true that the generous country Japan Yakumo had arrived finally was his illusion? The two performers who have been pioneering new horizons in the fields of dance and Rakugo, respectively, will again come together and create a world based on Yakumo Koizumi. Why not you come join and get strayed into it!

————

The event is presented by Kirari Fujimi, Fujimi Civic Cultural Hall http://www.kirari-fujimi.com/program/view/518
Ticket Sales start on May 28th, 2017
Event Information:
“The world of Yakumo Koizumi: Sekigantan (A story of one-eyed)”
(Koiuzumi Yakumo no sekai “Sekigantan”)
Date: Tuesday July 25th and Wednesday July 26th, 2017
Time: 20:00 on both day
Tickets: 3500 yen

Original Story by Yakumo Koizumi
Performed by Min Tanaka (dance) and Kyotaro Yanagi (Rakugo storyteller)
Produced by Public Interest Incorporated Foundation Kirari Foundation
Planning by Keiichi Baba (Zabutontei Furyu Planning)
Flyer Illustration by Takahito Hada

reservation
http://www.kirari-fujimi.com/ticket/index.html

For inquiries, please call Kirari Fujimi,
Fujimi Civic Cultural Hall: 049-268-7788




田中泯 講演

清流の国ぎふ芸術祭
Art Award IN THE CUBE 2017

アートアワード関連プログラムとして講演会を行います。
たくさんのご来場をお待ちしております。

2017年5月20日(土)15:00~16:30
田中泯 講演会
「田中泯はどのように美術と関わってきたか?」

●会 場:岐阜県美術館 講堂
●参加費:無料(事前申込不要、先着100名程度)
●出 演:田中泯(ダンサー)
●聞き手:髙橋綾子(名古屋芸術大学教授)

岐阜県美術館オフィシャルサイト
Facebook
Twitter

スガダイローとJASON MORANに田中泯!

VELVETSUN PRODUCTS
2017年4月11日(火) 草月ホール
スガダイローとJASON MORANと東京と京都

上記イベントの東京公演に田中泯参加いたします!



【日程】スガダイローとJASON MORANと東京と京都
【出演】スガダイロー(Piano)、ジェイソン・モラン(Piano)
【ゲスト】田中泯(Dance)
【会場】草月ホール
【開場】18:00
【開演】19:00
【料金】前売 7,000円、当日 8,000円(全席指定)
【場所】東京都港区赤坂7-2-21草月会館B1

【購入は以下】
チケットぴあ
イープラス
ローソンチケット
ディスクユニオン店頭(JazzTOKYO、新宿ジャズ館、渋谷店、吉祥寺店、池袋店、関内店)
VELVETSUN店頭もしくはvelvetsunproducts@gmail.comまで

テート国立近現代美術館 田中泯パフォーマンス

★好評につき4/18まで延長★

テートモダン(イギリス・ロンドン 国立の近現代美術館)
 田中泯「場踊り」
作品『中谷芙二子「霧の彫刻」』
(場所:テートモダン内「サウステラス」)
中谷芙二子「霧(Fogfalls)」
 音:坂本龍一
 光:高谷史郎
 ダンス:田中泯

<テートモダン告知文書>
中谷芙二子が「霧彫刻」で初めて テートモダンのサウステラス(建物の場所の名前)を変化させる。中谷のこの試み、歴史的な協力者としての 坂本龍一の音と、高谷史郎の光の広がりによって空間は息づき呼吸する。そして、著名なダンサーであり振付家である田中泯によるイベントが実行されます。

————————–
テートの初の試みでもある「ライブエキジビジョン」という枠組みで、数名の作家により3月24日〜 4月2日の10日間の展覧会が開催される。その内6日間は、各作家とのコラボレーションとしていろいろなパフォーマンスがイベントされます。田中泯のパフォーマンスは中谷芙二子作品の霧の彫刻にて2日間となります。
田中泯「場踊り」
★3月24日 18:00〜
http://www.tate.org.uk/whats-on/tate-modern/exhibition/ten-days-six-nights/night-one
★3月25日 18:00〜
http://www.tate.org.uk/whats-on/tate-modern/performance/ten-days-six-nights/night-two

入場料金
£20(20ポンド)

【ご注意】ライブエキジビジョンの中で「各イベントの開催時間として19:00〜23:55」を設定されておりますが、田中泯は、高谷氏の光と共に、自然光の中でも霧の存在感を捉えたいため、日が落ちる時間帯をパフォーマンスの時間に希望しました。枠組みから時間がずれておりますがイベント内の料金が必要となります。ご注意ください。
たくさんのご来場をお待ちしております。
Madada Inc.






写真:中谷芙二子「霧(Fogfalls)」 昭和記念公園1982年の作品

================
Tate Modern [national modern museum of U.K. London]
BMW TATE LIVE EXHIBITION: TEN DAYS SIX NIGHTS

It will be many event, Min Tanaka join main artist of Fujiko Nakaya “Fjgfalls”.

Min Tanaka “Lucus Focus” two days
March 24th 18:00
March 25th 19:00 
The fine arts work: Fujiko Nakaya “fog (Fjgfalls)”
sound: Ryuichi Sakamoto
Light: Shiro Takatani
dance: Min Tanaka
Location: Tate modishness “south terrace”

Tate Modern official web comment:
Fujiko Nakaya will transform the South Terrace for the first time with an immersive fog sculpture, animated by a light and soundscape made in collaboration with Nakaya’s historic collaborators: Ryuichi Sakamoto and Shiro Takatani; and host performances by renowned dancer and choreographer Min Tanaka.

山本耀司+田中泯 イベント

English announcement follows below.

2017年3月12日[日]19:15開演
展覧会「画と機 山本耀司・朝倉優佳」
クロージングイベント 田中泯 ダンス

詳しくは東京オペラシティのオフィシャルサイトをご覧くださいませ。
※座席の用意はなく、人数にも規制がなされるため、ご予約はお早めに
(弊社サイトへのご連絡ではなく、くれぐれもご連絡は東京オペラシティへお願い申し上げます)
皆様のご来場をお待ちしております。
Madada Inc.

「画と機 山本耀司・朝倉優佳」オフィシャルサイト





写真:制作中の作品(彫刻/山本耀司、絵画/朝倉優佳)を写真家 田原桂一が撮影した一枚
==============
Min Tanaka, again with Mr. Yohji Yamamoto!
March 12th, 2017, at 19:15 starts—
Min Tanaka will dance at the exhibition “Painting and Weaving Opportunity: Yohji Yamamoto ・Yuuka Asakura”, as its closing event.
Please find the detail of the event at the Tokyo Opera City’s official website.
The performance will be presented within the exhibition space. There will be no seating available and the number of the audience will be limited. Please make your reservation accordingly. (Please contact Tokyo Opera City, not Madada Inc!)

舞台挨拶決定★映画「抗い」★イメージフォーラム

2017年2月11日よりシアターイメージフォーラム(毎日11時) 上映開始されます。
初日、上映後に田中泯 舞台挨拶を行います。





★★★★★★★★★★★★★★★★★★

映画「抗い」
2016年/カラー/100分/日本/ドキュメンタリー

出演: 林えいだい 
朗読: 田中泯 

監督: 西嶋真司

プロデューサー: 川井田博幸/倉富清文 
協力プロデューサー: 増永研一
撮影: 青木周作/両角竜太郎/鶴田新子
照明: 濱田嘉博/前裕子 
編集: 平山誠一
MA:寺岡章人
音楽: Viento 
題字:松本直美 
美術: 軸屋裕美子/坂本千治/大塚あや
CG: 脇田純子/森貴史/小西龍大郎
制作協力: 東田シネマ 
宣伝協力: スリーピン 

制作・配給: グループ現代 
製作・著作: RKB毎日放送 

http://aragai-info.net
http://www.facebook.com/ARAGAI2017/

事前告知では1月下旬との告知でしたが、上映日程: 2月11日〜が決定いたしました。

抗い 記録作家 林えいだい







<お問い合わせ>シアターイメージフォーラム
03-5766-0114
http://www.imageforum.co.jp/inquiry/inquiry.php

再放送のお知らせ

NHK BS プレミアム ヒストリー「飛鳥の大宇宙~キトラに眠るのは誰だ~」
5/18 (水) 15:00 ~ 16:00 (60分)

1127-02

今からおよそ1300年前に描かれた「宇宙」のなぞが、解き明かされようとしている。奈良県明日香村にあるキトラ古墳は、300を超す星々を金ぱくで表現したプラネタリウムさながらの精密な「天文図」と、極彩色の霊獣「四神」がそろって描かれた貴重な古墳として、発見以来多くの人々の関心を集めてきた。これはいったい誰の墓なのか? この壁画の意味はいったい何なのか? 数多くの謎について議論が交わされてきた。しかし近年、遺骨の分析、絵の具の解析、周辺の古墳との位置関係の分析等によって、埋葬された人物の候補が次第に絞られてきている。その中から浮かび上がってきた人物とは? 古代史最大のなぞのひとつ、キトラ古墳の埋葬者に最新の研究成果から迫り、古代日本確立の知られざる舞台裏に迫る。

【出演】田中泯

主催 plan-B 特別記念企画の二日間 

主催 plan-B 特別記念企画
2016年3月9日【水曜日】
土方巽 88歳の誕生日
映画上映「1000年刻みの日時計 牧野村物語」

アフタートーク:田中泯

小川紳介監督率いる小川プロダクションのメンバーは、1974年に山形・上山市の牧野(まぎの)という農村に移住した。この地で暮らしながら13年間キャメラを回し続ける。この映画は、その過程で撮影されたフィルムを編集して作られた。この地で借りた田で彼ら自身が毎年行なってきた稲作の記録。そして牧野村に伝わる伝承の数々。1987年小川紳介により、宮下順子・田村高廣、土方巽らと村人たちの共演により再現されたドキュメンタリードラマ。

開始19:30(開場30分前)
参加費1500円(予約者のみ)
予約はこちらから 

会場plan-B
〒164-0013東京都中野区弥生町4−26−20モナーク中野B1
TEL0333842051(当日のみ通話可能)

<協力>
映画美学校
アテネ・フランセ文化センター
山形国際ドキュメンタリー映画祭


Hijkata88sai.kansei.OKeigo.kiiroUra600

Special Commemorative Two Day Event presented by plan-B
Wednesday, March 9th and Thursday, March 10th, 2016

Wednesday, March 9th, 2016, at 19:30
Tatsumi Hijikata’s 88th Birthday
Film Screening: Magino Village (English Subtitle version)
A Talk event after screening by Min Tanaka

Tickets: 1500 yen (R.S.V.P.)
Reservatons
Place: plan-B
4-26-20 B1F, Yayoicho, Nakanoku, Tokyo, Japan #164-0013
(the entrance is on Nakano-Dori street)
Tel: 03-3384-2051 (available only on the day of the event)
Door opens 30 minutes prior to the event.

In 1974, members of Ogawa Productions, lead by a film director Shinsuke Ogawa, moved to a farm village called Magino, Kajiyama City in Yamagata. They kept rolling a camera while living and farming there for thirteen years. This film was first created by editing the documentary of their lives, their farming the rice paddy which they rented from the local villagers, and numerous folklore passed down from generation to generation in Magino village. In 1987, Shinsuke Ogawa re-directed the film with some docudrama, which was performed by Junko Miyashita, Takahiro Tamura, Tatsumi Hijikata, and the villagers.

Special Thanks to:The Film School of Tokyo, Athenee Francais, and YAMAGATA International Documentary Film Festival

★☆★☆★☆★☆★★☆★☆★☆★☆★☆★☆

主催 plan-B 特別記念企画
完売御礼、受付を終了いたしました!
当日券の発行、キャンセル待ちも受付はございません。
皆さまのご理解とご協力をお願い申し上げます。

2016年3月10日【木曜日】
田中泯「オドリ」solo dance 
★公演後アフタートークを行います★

開始19:30(開場15分前)
参加費2500円(予約者のみ)
予約はこちらから 

会場plan-B
〒164-0013東京都中野区弥生町4−26−20モナーク中野B1
TEL0333842051(当日のみ通話可能)



minhijikata.mintirashi.kansei2

Thursday, March 10th, 2016, at 19:30
Min Tanaka Solo Dance “ODORI

A talk event with a guest and Min Tanaka after the performance

Tickets: 2500 yen (R.S.V.P.)
Reservatons
Place: plan-B
4-26-20 B1F, Yayoicho, Nakanoku, Tokyo, Japan #164-0013
(the entrance is on Nakano-Dori street)
Tel: 03-3384-2051 (available only on the day of the event)
Door opens 15 minutes prior to the event.

村上隆+田中泯☆イベント

田中泯が日本初公開となる村上隆の《五百羅漢図》と向き合います。参加者の皆さんには、「立会人」としてその現場を見届けていただきます。

特別公演「田中泯 オドリ、五百羅漢と、」
日時 2016年2月23日(火)開演19:00(開場18:30)
場所 「村上隆の五百羅漢図展」森美術館展示室内
料金 2000円
定員 140名(要事前申し込み)完売御礼!


title


※「村上隆の五百羅漢図展」は17:00で終了し、18:30よりお申し込みいただいた方のみに再オープンします。
※プログラム開演の19:00までにご入場ください。
※座席は全席自由席です。
※場内では、座席ではなく床に直接お座りいただきます。動きやすい服装でお越しください。
※場内は、作品保護の環境上一定の温度に設定しています。必要な方は、上着、ひざかけ等ご持参ください。
※本プログラム中、記録撮影(写真および動画)を行います。記録撮影にあたり、ご参加の際は予めご了承ください。

2016.1.1 放送 ⭐︎NHK総合「Great Earth」

11月中旬から12月上旬にかけて、地球の心臓といえるような火山を巡る大変な旅を経験してきました。ぜひご覧いただけると幸いです。Madada Inc.
Great Earth 地球の鼓動 田中泯 体感! バヌアツ 激烈火山
1月1日(金)元旦放送!午後7時30分~午後8時55分


詳しくは上記URLをクリックしてください。

NHK 総合 インタビュー「ここから」

2015年5月6日 時間6:30am〜6:53am
NHK 総合 インタビュー「ここから」

連続テレビ小説『まれ』の塩職人・桶作元治役など、映画やドラマで強い存在感を放つ、田中泯さん。
“俳優”ではなく、世界的に高い評価を受ける“ダンサー”です。
カラダの表現を追求してきた田中さんは、30年前、「踊りの原点に近づきたい」と山梨の山村に移住し、農業を中心とした暮らしを始めました。
田中さんが自然の中で向き合い続ける、理想の踊りに迫ります。
☆インタビュー「ここから」は、各放送局が制作しており、今回は、甲府放送局が制作しました。

出演:田中泯、ほか

制作:廣瀬雄大(ひろせゆうた)(甲府放送局)
聞き手:杉原満(すぎはらみつる)(甲府放送局)

plan-B主催 田中泯(ダンス)+沢井一恵(箏)


2014年10月31日【金】
開演20:00(開場15分前)
田中泯(ダンス)・沢井一恵(17弦箏)デュオ
「 落下するまで飛びましょう!」

—連歌・鳥の歌 / 2014 スペシャルー強靱な遊体、繊細な不可知、一瞬の永劫。

この二人にとって初のデュオパフォーマンスという事実には、意外の一言しかない。
それぞれの輝かしくも漆黒の旅路が、ひとときplan-Bで相まみえる。
聴き遂げるのか,凝視するのか、ともに飛翔するのか。
本公演は「連歌・鳥の歌」プロジェクトをハブとして実現しました。パブロ・カザルスの名演で知られるカタルニア民謡をテーマにしたウェブサイトにそれぞれの作品が公開され、共演を願う数多の思いが形となります。


sawaikazue-tanakamin500


会場:plan-B
料金:前売り2500円 当日3000円

演出・田中泯・沢井一恵
出演:田中泯・沢井一恵
音響:岸田充善
照明:田中あみ
舞台:石原淋、他
協力:沢井箏曲院、「連歌・鳥の歌」製作委員会

<plan-B>
ご予約はこちらから
plan-Bオフィシャルサイト
★plan-Bのオフィシャルサイトからスムーズに上記リンクご利用いただけます。

トーク 2014年9月27日 「ダンスニューエア2014」

<田中泯トークのお知らせ>

ダンスニューエア2014
2014年9月27日 sat 14:30~16:30

JaDaFo(日本ダンスフォーラム) 3連続トーク
Vol.3 『ダンスの深化と拡張』

会場:こどもの城 11F 
参加費:無料(申込制)

企画・進行:尼ヶ崎彬
ゲスト:田中泯、北村明子、山田うん
共催:科学研究費共同研究
「コンテンポラリーダンスのワークショップと即興の分析」
http://dancenewair.jp/program05

コンテンポラリーダンスは日々変化している。さまざまなアイデアが舞台に、屋外に、さらに近年はクラウドの上にまで展開されている。もともと「コンテンポラリー」とは「共有された時代」だから、コンテンポラリーダンスは文化や技術や社会環境の変化とともに変わるはずのものだとも言える。けれどもそれらには目先の状況変化に対応しただけのものから、ダンスの将来に影響を与える本質的な変容まで、さまざまのレベルがある。このトークでは、ダンスとは何か、人はなぜ踊るのか、身体の動きはどのような意味をもつのかといった根源的な問題を追究してダンスを深化させ、その結果ダンスの概念を拡張させた舞踊家の方々をゲストに迎え、その仕事について話し合ってみたい。(尼ヶ崎彬/舞踊評論家)

田中泯・スガダイロー公演『虚水脈』

田中泯・スガダイロー 二夜公演『虚水脈』

★2014年9月21日(日)一夜『虚水脈「瞼闇抄」』
北とぴあ 元プラネタリウム5・6階「スペースゆう」

★2014年9月22日(月)二夜『虚水脈「幻繭抄」』
浅草・花やしき

墜落した星々、神隠しに遭った子供。そのふたつを結ぶ秘技。

北とぴあはかつてプラネタリウムだった場所。幾千もの星々が輝いており、その光の軌跡は毎日描かれていた。しかし現在すべての星々は墜落し永遠の暗闇に包まれている。この輝きを失った星々の世界とは一体いつのことなのか。
一方開園160年の浅草花屋敷は日本最古の遊園地。閉館後の園内には、隠れん坊という遊びが終わったのにも気付かず、いまだ「息を殺し」て、鬼に見つけられることを待ち望んでいる子供たちがひっそりと隠れているのではないか。
かつてその時空間に存在した人間のからだの軌跡や痕跡。それらに呼応する田中 泯の「場踊り」という秘技とスガダイローの唯一無二な即興ピアノ。
消えてしまった星々と神隠しに遭った子供たちを出逢わせてあげて、救済してあげること。この二日間に及ぶふたつの洞(うろ)での儀式は、見えない水脈のように結びつけられ、決して歴史に遺ることはないのだろう。本来舞踊も音も遺るものではないのだから。            
ヴィヴィアン佐藤



Min.Diro.600

9/21(日)『虚水脈 「瞼闇抄」(けんあんのしょう)』
会場:北とぴあ 元プラネタリウム5・6階「スペースゆう」
料金:予約¥4,000、当日¥4,500、S席¥5,500 (限定数)
時間:OPEN 13:30 、START 14:00
場所:東京都北区王子1丁目11-1
予約:velvetsunproducts@gmail.com

9/22(月)『虚水脈 「幻繭抄」(まぼろしのしょう)』
会場:浅草・花やしき
料金:予約¥4,000、当日¥4,500
時間:OPEN 19:00、START 19:30
場所:東京都台東区浅草2-28-1
予約:velvetsunproducts@gmail.com
★本公演は雨天決行になります。雨天の場合、雨具はお客様ご自身でご用意下さいますようお願い致します。また傘などの使用はお控え頂きレインコートをご準備下さいませ。台風など災害による公演中止の場合は、アーティストHPをご確認頂くかvelvetsunproducts@gmail.comまで問い合わせくださいませ。

出演:田中泯、スガダイロー
監修:ヴィヴィアン佐藤
宣伝美術:須藤ひとみ
照明:田中あみ
記録:森孝介
制作:小仲やすえ
プロデューサー:ノイズ中村
主催:VELVETSUN PRODUCTS
協力:株式会社Madada 石原淋
助成:公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団